SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

リダイレクトを使うシチュエーション

Webサイトの運営をしているとページの移転やURLの変更は頻繁に起こります。
そこで必要になるのが「リダイレクト設定」です。
リダイレクト設定はGoogleの検索評価を維持するためにも必ず行うべき作業です。
どういうときにリダイレクトを行うべきか、SEOに適したリダイレクトとは何かについて詳しく見ていきましょう。

ページが移転した時

リダイレクトを使う理由で最も多いのが、ページを移転するとき(URLを変更するとき)です。
同じドメイン内で別のページに移動するとき、または新しいドメインに移行するときなどは、これまで維持していたサイトの中身と検索評価を引き継がせるためにリダイレクトが必要になります。

重要なことは、この移行を検索エンジン(クローラー)に認識させることです。
検索エンジンがこれを認識しなければ、新しいページがそれまでの検索順位を引き継ぐことはありません。
このような場合に必要になるのが、301リダイレクトです。

301リダイレクトは「恒久的な移行」を検索エンジンに知らせるものです。
旧ページのコンテンツの中身とGoogleの評価を新ページにそのまま移行させることで、ページ移転後もそれまでと同じ評価を維持することができます。
新しいドメインへ移行する場合でも、同じドメイン内(自サイト内)でページを移動させる場合でも、必ず301リダイレクトで転送を行いましょう。

移転前のコンテンツは、移転先のコンテンツと1対1で対応させて転送することがポイントです。
移転前のコンテンツ全てを一つのURLにリダイレクトさせるのではなく、どのページも1対1でそれぞれリダイレクトしてください。

ページが削除された時

サイトのリニューアルなどで、それまで運営していたコンテンツが削除された場合、新しいURLへリダイレクトすることも検討してみましょう。
ただし、削除されたページに301リダイレクトを設定する場合は注意すべき点があります。
削除されたページにあまりに多くの301リダイレクトを設定すると、Google側から不正なリダイレクトと見なされる可能性があります。
数ページにリダイレクトをかけるのは問題ありませんが、数十ページ、数百ページというレベルになるとGoogleからペナルティを受ける危険性があり、注意が必要です。

場合によっては、削除されたページにリダイレクトを設定するのではなく、コンテンツがなくなってしまったことを伝えるページを新たに作成したほうがユーザーにとって役立つケースもあります。
無闇にリダイレクト設定をするのではなく、ユーザーの視点を踏まえてどうすべきかを検討してみてください。

正規化を行いたい時

URLの正規化とは、コンテンツを一つのURLに統一することをいいます。たとえばwwwのありなし、index.htmlのありなし、httpとhttpsなど、コンテンツはまったく同じなのに複数のURLが存在してしまうケースがあります。
複数の同じページが存在すると、Googleの検索エンジンによって評価が分散してしまったり、ミラーページ(重複コンテンツ)と判断されるなど、検索での評価が大きく下がってしまう可能性があります。

このようなことにならないためにも複数のURLを1つのURLに統一し、それをGoogleのクローラーに認識させる「URLの正規化」という作業はSEO対策においてとても重要です。

以下のようにURLの違いで同一のコンテンツが表示される場合は、必ず301リダイレクトの設定を行いましょう。

・wwwのありなし
・index.htmlのありなし
・http://とhttps//
・トレイリングスラッシュのありなし(http://sample.com/about と http://sample.com/about/)
・/sp/のような同一のコンテンツでスマホページのある場合

サイトのリニューアルやページの移転の際に何も対応を行わないとGoogleの検索順位を大きく下げる可能性があります。
移転前のページの内容と評価を引き継がせるだけでなく、検索エンジンに「重複コンテンツが存在する」と認識されないようしっかりとリダイレクト設定を行いましょう。
また移転の際は、それまでアクセスしてくれたユーザーが迷わないようなサポートも必要です。

 

2020年7月8日監修者:笹本 雅人

執筆者 / 監修者

監修者:笹本 雅人
監修者:笹本 雅人
2013年株式会社ブレインネットに入社し、会社合併を経てサクラサクマーケティング株式会社に合流した後も現在に至るまでSEOコンサルタントとして大小問わず様々なクライアントの集客向上に貢献。
特に大規模サイトのSEOを得意としているほか、自社メディアのブログの作成・監修を行い、数多くのキーワードで上位表示を達成している。

その他のブログ記事

Return Top