ブログ

リッチリザルトの種類と検索結果表示させるための方法

リッチリザルトとは、Googleの通常の青色リンクとURL、スニペットで構成される通常の検索結果とは異なり、結果を表示する位置や形式をさまざまに変化させたものです。

リッチリザルトの名称は比較的新しく、以前はリッチスニペットなどと呼ばれていましたが、リッチリザルトはリッチスニペットを包含する形で概念の大きいものです。(リッチリザルトにはリッチスニペットではないものも含まれる)

リッチリザルトとして検索結果を表示させるためには、多くの場合構造化データが関係しています。表示させることができれば、ユーザーから見つけられる機会が増え、アクセスにもプラスに働くと考えられます。
ただし前提として、ページ種類に合ったコンテンツをマークアップしておく必要があります。

この記事では各リッチリザルトについて、効果や注目度の高いものをざっとご紹介します。

リッチリザルトの種類

Googleはリッチリザルトをリストにまとめてヘルプページを公開しています。



サイトの検索結果機能を有効にする-Search Consoleヘルプ

Googleは近年構造化データに力を入れており、それに伴って表示できるリッチリザルトの形式も増えてきました。

全てを把握しておき、実装を進めるべきとまでは思いませんが、重要なものも含まれていますので
いくつかの機能についてピックアップし、概要や実装イメージについてご紹介します。
合わせて、以下のリファレンスやツールを使って実装していくことがおすすめです。

マークアップのリファレンス:https://developers.google.com/search/reference/overview
構造化データの確認:https://search.google.com/structured-data/testing-tool?hl=ja
表示イメージの確認:https://search.google.com/test/rich-results?hl=ja

パンくずリスト

パンくずリストの検索結果リッチ化は構造化データだけで実現可能です。
マークアップにより、検索結果のURL部分が、パンくずリスト状になり、URLではなく階層構造で示されるようになります。
全てのページで実装が推奨されており、実際に多くのサイトで構造化マークアップがされています。

見た目の変化だけでなく、ページ内のパンくずリストの特定ができサイト構造の理解が進むと考えられ、弊社のコンサルタントも、実装されていないサイトについてはマークアップをおすすめしています。

実装方法については以下の記事をご覧ください。

パンくずリストをschema.orgでリッチスニペットにしてみました
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/schema-org-breadcrumb

AMP

AMPは構造化データだけでなく、別途新たにAMP専用のHTMLを用意する必要があります。
AMP実装により表示速度の高速化を図ることができます。

以下はGoogleがAMPをサポートした当初に作成した記事です。
AMPの基本は変わっていませんが、AMPが進化しており、AMPで実現できることも増えてきています。

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは~対応HTMLを作ってみてわかったこと~
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/amp-html

WordPressではプラグインで手軽に実装できるなど導入障壁も低く、さらにプラグインのアップデートによりさらに導入しやすくなりました。
加えてAMPの進化によりAMP HTMLならではの制約も解消されつつあり、現在は非常に多くのサイトでAMP対応されています。

記事の読み上げ

読み上げは2018年12月現在ベータテスト中で、一般向けのロールアウトはされていませんが、今後音声検索にてニュース記事のタイトルや概要を読み上げる際に使用されるものと考えられます。

構造化データ以外にも、Googleニュースへの登録などが必要になります。

現在ベータ版となっていますが、このまま実装されるとGoogleから読み上げ対象として選ばれることでサイトのURLがユーザーに通知される予定で、音声検索によりアクセスを増加できることが期待されます。


Google アシスタントが speakable で構造化されたセクションを読み上げる際には、情報の提供元が示され、記事全文の URL が Google アシスタント アプリを通じてユーザーのモバイル端末に送信されます。
Speakable(ベータ版)

構造化データについては、すでに海外のSEOニュースサイトであるSearch Engine Roundtableが記事ページのマークアップを行っていることが確認されています。
https://www.seroundtable.com/
(任意の記事ページを開いて、構造化テストツールにてチェックしてみてください。)

音声を使ったクエリ入力や結果出力は今後のSEOでもさらに重要度が増してくるものと思われます。

求人(JobPosting)

JobPostiongは2018年12月現在、日本では実装されていませんが、世界的に実装が進んでおり、日本でも実装が近いのではないかと言われています。

実装を見越して構造化データのマークアップを済ませている国内サイトも見受けられます。

実装方法については以下をご覧ください。

「Google for Jobs」(現Job Posting)が米国で公開、日本での実装は?
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/google-for-jobs

Q&Aサイト

上記のリッチリザルトのリストには言及がありませんが、最近実装されたフォーマットです。

2018年12月現在エラー項目も見られるものの、ヤフー知恵袋が構造化データのマークアップを行っており、すでにリッチリザルトとして表示されていることが確認されています。

この構造化マークアップは「よくある質問」のようなページであってもマークアップしてよいと考えられますので、そういったページをお持ちのサイトでは実装を検討してみてはいかがでしょうか。

ビジネス情報

ビジネス情報をGoogleに伝えるために構造化データを使用することができます。
ただし、リッチリザルトとして表示させる機能は2018年12月現在テスト中です。
Web検索でビジネス情報を表示させることについてはGoogleマイビジネスのほうが効果が高く、しかも簡単にできることから、まずはGoogleマイビジネスを優先して登録・運用することがおすすめです。
ビジネスがナレッジパネルに表示されていても、「このビジネスのオーナーですか?」と記載されていたらマイビジネスのオーナー確認が済んでいませんので、店舗型のBtoCビジネスにおいては特に、確実に行っておくようにしましょう。

Googleマイビジネスのメリットと登録・編集方法
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/google-mybusiness

商品

商品は以前からリッチスニペットとして表示がされているほか、モバイルの画像検索において商品画像が表示された際に、価格や評価を示す星などが表示されるようになっています。

ECサイトであればマークアップが強く推奨される項目となっています。

商品リッチスニペットについては次の記事を参照ください。

リッチスニペットとは
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/rich-snippets

イベント

ここでいうイベントとは、時間や場所を決めて行われるもので、音楽イベントなどはもちろんのこと、セミナーなども含まれます。
ただし、たとえば割引セールやキャンペーンなどは時間や場所が特定できず、イベントには含まれません。
イベントは構造化データマークアップにより、以前からリッチスニペットとして表示されています。

詳細は以下の公式ドキュメントをご覧ください。
https://developers.google.com/search/docs/data-types/event

まとめ

リッチリザルトや構造化データについては、直接検索順位を上げる効果はなくとも、露出の機会を増やしたりクリック率を高める効果が期待できるものです。
自サイトの中で該当するコンテンツがないかどうかはチェックしておき、該当するものがあれば実装を検討することがおすすめです。

この分野ではGoogleが力を入れていてアップデートも多く行われているため、最新情報へのキャッチアップも必要とされるところです。







無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. コンテンツマーケティングとは?その特徴と成功事例、社内でできる方法も合わせて解説します

    ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. 観測ワード数50倍!超大型サイトの健康状態を瞬時に把握可能になったアイスタイル様(@cosme)事例

        大規模なサイトを運営するweb担当者が抱えるミッションには、「サイトの健康状態をいかに明瞭に把握できるか」、「いかに社内共有しやすい環境を作るか」といった点が挙げられるでしょう。特にサイトの規模が大きければ、それだけ自然 […]...

おすすめコンテンツ

  1. モバイルファーストインデックス(MFI)とは?導入時期や必要な対策まとめ

    2016年11月、Googleウェブマスターブログから、モバイルファーストインデックスMFI)についての取り組みを紹介するブログが公開されました。 Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト イ […]...

    1. Googleの順位変動が起こる原因と必要な対策(2017年版)

      2017年に入って以前にも増してGoogleの順位変動が大きくなっています。 これまで安定していた順位が下落し、ひどい時には圏外まで急落するなどの経験をされたWeb担当者さまもいると思います。 すでにSEOにおいてはこの […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP