SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

サーチコンソールのプロパティ追加・削除方法

この記事ではサーチコンソールに新たなプロパティ(サイト)を追加する方法を解説します。

登録時には「ドメイン」と「URLプレフィックス」の2種類がありますが、どちらをどのような視点で選べばよいか迷う場合もあるのではないでしょうか。

そもそもどこから行えばいいかわからない!という方にもわかりやすく解説します。

サーチコンソールのプロパティタイプは2種類ある

そもそもサーチコンソールのプロパティとは、サーチコンソール内で管理されるサイトリストのことです。ドメイン単位やディレクトリ単位のプロパティを複数作成することができます。

まずはGoogleアカウントでログインしてサーチコンソールにアクセスします。
https://search.google.com/search-console?hl=ja

まだ作成されたプロパティがない場合、以下のような画面が表示されるのではないでしょうか。

プロパティを追加

左メニュー内の「プロパティを追加」から進みます。

すると次のように、追加するプロパティの種類の選ぶ画面が表示されます。
プロパティタイプの選択

このプロパティタイプの違いは以下のようになっています。

プロパティタイプ①「ドメイン」

ドメインもしくはサブドメインを指定することで、自動的にWebサイト全体がサーチコンソールの計測対象となります。

例えば、「example.com」を指定した場合、次のすべてのURLが計測対象に含まれます。

・httpプロトコル(http://example.com)
・httpsプロトコル(https://example.com)
・wwwやその他サブドメイン(http://www.example.com/ , http://sub.example.com)
・サブディレクトリ(http://example.com/subdir/)

プロパティタイプ②「URLプレフィックス」

プレフィックスとは、日本語で「接頭語」のことです。Webサイト全体にしろWebサイト内の一部にしろ、指定したプレフィックスで始まるURLのみがサーチコンソールの計測対象となります。

URLプレフィックスではhttpかhttpsのプロトコルを含めて登録する必要があり、例えば、「http://example.com/」を指定した場合、次のURLが計測対象に含まれます。

・httpプロトコル(http://example.com)
・サブディレクトリ(http://example.com/subdir/)

一方、以下のURLは、対象外です。

・httpsプロトコル(https://example.com)
・wwwやその他サブドメイン(http://www.example.com/ , http://sub.example.com)

計測範囲が限られますが、http/httpsやサブドメイン、ディレクトリごとにプロパティを作成可能です。

プロパティタイプの選び方

同じWebサイトで、「ドメイン」と「URLプレフィックス」の両プロパティの共存は可能です。差し支えなければ、必要に応じて両方登録しておくとよいでしょう。

どちらのプロパティを選ぶのか、主な観点をご紹介します。

DNSレコードの編集可否

はじめてサーチコンソールに登録する際は、プロパティタイプにかかわらず、所定の方法で、Googleに対してWebサイトの所有権を確認しなければいけません。

ドメインプロパティを登録したい場合、所有権の確認方法は「DNSレコードの確認」の一択です。所定のレコードをDNS設定に埋め込むので、DNS設定の編集権限が必要です。DNS設定の編集権限がない、もしくは権限があってもサーバー作業はハードルが高い場合は、「URLプレフィックス」でのプロパティ登録を選びましょう。

(参考:サーチコンソールの所有権の確認方法)
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/search-console-ownership

なお、すでにドメインプロパティの所有権が確認できている状態で新たにURLプレフィックスのプロパティを追加する場合では、通常、自動的に所有権確認が行われます。

ディレクトリで区切って調査したい場合

コーポレートサイト、製品サイト、サポートサイトなどをサブディレクトリで展開している場合は、必要に応じてサブディレクトリごとに「URLプレフィックス」で登録するとよいでしょう。インデックス状況や検索流入に関するレポート等をサブディレクトリ単位に調査することができます。

アナリティクスとデータ連携させたい場合

サーチコンソールとアナリティクスを連携させることで、検索キーワードのパフォーマンス(検索順位やクリック数など)をアクセス解析データと紐付けて分析できるようになります。アナリティクスとの連携は、「URLプレフィックス」で登録したプロパティのみが対象となります。

(参考:アナリティクスとサーチコンソールを連携する方法)
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/configuring-search-console-data-in-analytics

所有権の確認方法

追加したいプロパティが、初めてサーチコンソールに登録するサイトの場合やドメインプロパティを作成したい場合には、所有権確認が必要になります。

所有権の確認

所有権の確認については以下の記事を参照ください。

(参考:サーチコンソールの所有権の確認方法)
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/search-console-ownership

プロパティを削除するにはどうすればいい?

同一サイトで複数のプロパティをサーチコンソールに登録している場合、http→httpsのSSL化や作りすぎたディレクトリ別プロパティなど、特定のプロパティを削除したくなることがあります。プロパティの削除手順を紹介します。

①削除対象のプロパティを表示する

サーチコンソールのメニュー左上のプロパティ一覧から、削除したいプロパティを選択します。

削除対象のプロパティを表示する

②プロパティを削除する

サーチコンソールのメニュー「設定」画面で、「プロパティを削除」をクリックします。

プロパティを削除する1

確認のポップアップが表示されるので、「プロパティを削除」をクリックします。

プロパティを削除する2

以上でプロパティの削除は完了です。

まとめ

「プロパティ」は耳なじみのない言葉ですし、ドメインプロパティやURLプレフィックスの違いも最初はわかりづらいものです。

しかしサイトが成長するにつれてサーチコンソール上で複数のプロパティを管理していくこともあるかと思いますので、プロパティタイプの違いや追加方法は押さえておきましょう。

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top