ブログ

404エラーページについてSEO効果を上げるベストプラクティス

404ページとは

Webサイトにアクセスしたときに、「404」「NOT FOUND」と表示された経験がある方は多いと思います。
これはアクセスしたページが存在しないことを指します。
コンテンツが存在しないとなると、ユーザーの関心は一気に冷めてしまうので、できることなら自社サイト内の404ページ表示は避けたいものです。
ここでは404ページがSEOに与える影響や対策についてお伝えします。

なぜ404ページが出てしまうのか

表示される原因はいくつかありますが、URLの入力ミスや、リンク先URLの設定ミス等が挙げられます。
また、以前はコンテンツが表示されていたものの、時間経過等の理由でページが削除されている場合も、404エラーが表示されます。

SEOに与える影響とは

404ページがSEOにどのような影響を及ぼすかは気になるところだと思います。

直接的な悪影響はない

結論からお話しすると、404ページが存在することでSEOに直接影響が出ることはありません。
この点に関しては、Googleも明確に問題ないと答えています。

検索結果に表示されなくなる

404ページがGoogleにインデックスされていても、いずれ検索結果に表示されなくなります。
また、404エラーが検出されたことがSearch Consoleに通知された際も、意図したものなら特に対応する必要はありません。

ただし、以前アクセスが多かったページが404ページになっている場合は、そのアクセスが今後失われてしまうことになります。
それが望ましくない場合は後述するようにリダイレクトするなど、適切な対処が必要です。

SEOにおける404のベストプラクティス

ここでは404ページに関するベストな対処法についてお伝えします。

移転先ページの作成

検索流入が多いページをそのまま削除してしまうと、貴重なアクセス数を失ってしまいます。
まずは移転先のページを作成し、301リダイレクトを行いましょう。
その際、削除したページを一律にトップページなど同一ページにリダイレクトするのではなく、元のページと最も関連性の高いページを選びましょう。

カスタムページの作成

リダイレクトさせない場合は404エラーを知らせるカスタムページを作成します。
404カスタムページには、もともとあったコンテンツが今は存在しないことを記述し、その代わりとなりうるページへのリンクを設置します。
検索ボックスやリンクを設置していないと、ユーザーを混乱させてしまい、離脱等の機会損失につながりかねないので注意しましょう。

一時的な非表示には503で対応

ページ改修やメンテナンス等で一時的にコンテンツを表示できない時は、404ではなく503のステータスコードで対応します。
503であればページが表示できないのは一時的なものであり、404のようにページがないまたは削除されたものではないことを、ユーザーや検索エンジンが理解できます。

ステータスコードの確認

コンテンツを削除したページが、正しくステータスコード404で対応できているかどうかを確認しておく必要があります。
表示上は404でも、実際は200(リクエストは問題なく処理されました)で処理されている可能性がありますので、注意が必要です(ソフト404)。
(この場合、「404 お探しのページは見つかりません」というページが存在している、と認識されてしまいます)

各ページのステータスコードは以下URLから確認可能です。
https://www.sakurasaku-labo.jp/tools/status_code

サイト内リンクの確認

サイト内から削除したページへのリンクを設定しているケースの場合は、リンクを削除するか、新たなリンク先を表示しておきましょう。
元のリンクを残したままにしてしまうと、ユーザーが知らずにクリックしてしまい、アクセスした先にコンテンツがないとサイトの信頼性に疑問を持たれる可能性があります。

きちんと対策を

404ページがSEOの評価に影響を与えることはなくても、ユーザーの信頼性を損ねてしまう可能性は十分にあります。
自社サイトで404ステータスの存在に気付いた際は、しかるべき対策を行い、ユーザーにとって使いやすいサイトを運営するよう心がけましょう。

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

監修者:笹本 雅人

記事一覧

SEOシニアコンサルタント

2013年株式会社ブレインネットに入社し、会社合併を経てサクラサクマーケティング株式会社に合流した後も現在に至るまでSEOコンサルタントとして大小問わず様々なクライアントの集客向上に貢献。

特にシステム開発がからむSEOを得意としているほか、自社メディアのブログの作成・監修を行い、数多くのキーワードで上位表示を達成している。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. サイトリニューアルで失敗しない為のSEOチェックポイント

    制作してから年月が経過したWebサイトでは、リニューアルを行うケースもあるかと思います。 メインとする目的は様々でしょうが、その際、検索流入を失いたくないというのはすべてのWeb担当者が持つ共通の思いでしょう。 この記事 […]...

    1. インスタグラムの公式な投稿埋め込み方法がSEOに不向きな理由

      ブログやWebサイトだけでなく、インスタグラムやtwitterなどのSNSを運営していて、ブログ上でSNSの紹介や、逆にSNS上でブログの紹介をされる方も多いかと思います。 ブログ上でSNS投稿を紹介する場合、投稿埋め込 […]...

おすすめコンテンツ

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します

    SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、数あるWeb集客手法の中でも、検索エンジンからの成果を最大化することです。基本的にはユーザーや検索エンジンからより評価されるように、WebサイトやWebページの変更・改修を続 […]...

    1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

      ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP