SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

SEOでアクセス数を増やすために必要な対策

サイトやブログの運営者は誰しも検索結果画面において上位に表示され、毎日沢山のアクセスを集めることを目標にします。
せっかく時間をかけて作成した記事が、誰にも見られないと悲しいですよね。
では、アクセス数を増やすためはどうしたらいいでしょうか?
それはSEO対策を行うことです。

SEO施策は数多くあり、検索結果に上位表示されるサイトのほとんどが、当たり前のようにSEO対策を行っています。
ライバルに勝ち、アクセス数を増やすために必要不可欠なSEO。

本記事ではSEOについて解説します。

SEO対策とは

検索結果で上位に表示させるために行う施策のことをSEOと呼び、これは検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略称です。
通常、YahooやGoogleなどの検索で何かの言葉を入力すると、関連するサイトが最低でも数百以上、多いものでは数万以上が検索結果に表示されるはずです。
当たり前の話ですが、検索結果の上位に表示されたサイトの方が目に留まることから、ユーザーはアクセスする可能性が高くなります。
では、一体どうやって数万以上のサイトの中から1位を決めるのでしょうか?
Googleも適当に順位を決めているのではなく、数百以上の審査項目を設けて、サイトがそれぞれの項目の基準をどの程度満たしているかをチェックします。
このチェック項目の結果、総合点が最も高いサイトが1位として表示される仕組みです。

そしてサイト運営者は、Googleの検索エンジンが求める基準に最適化したサイト作りに励むようになり、そこから「検索エンジン最適化=SEO」となったのです。

SEOでアクセスを増やすための施策

検索エンジンからの流入を獲得するためには、キーワード検索された時に上位に表示されることが必要です。
まずは、ターゲットとするキーワードの範囲や、サイトの軸となるキーワードを決めることが先決です。
キーワードを選ぶ際には、無料ツールなどを使って、検索ボリュームが多く競合性の低いものから始めることをお勧めします。
ビッグワードはライバルも多いことから、後発サイトではなかなか1位を目指すのは難しいので、競合が少ないキーワードが無難です。

内部改善

内部のサイト構造を最適に整えることも大切なSEO施策です。
ページを訪れたユーザーが現在、どこの位置にいるのか分からず迷わないように、現在位置を表示する「パンくずリスト」を設置すること、タイトルタグに必ずターゲットキーワードが含まれるようにサイトの内部を整えます。
これによってGoogle検索エンジンからの評価を高め、キーワード順位を上位に変動させる狙いです。

コンテンツ(ページ数)を増やす

対策キーワードを増やすことで、サイトを訪れるユーザーを増やす手法もあります。
例えば、今までAというキーワードで対策を行って来た場合、Aに興味があるユーザー以外がサイトを訪れる可能性は低いでしょう。
そこで、キーワードBに関するコンテンツを作成し、Bに興味があるユーザーを取り込む施策です。
どんどんページを増やしていけば、自然とサイト自体も充実してきて、検索結果も向上します。

その際、既存のページとターゲットキーワードがかぶる、「カニバリゼーション」が起きないよう注意が必要です。
カニバリゼーションとは共食いを意味する英語で、Webマーケティングの世界では同一キーワードを含むサイトが複数あることで、Googleの検索エンジンがどちらを優先したいのか分からず混乱する現象として知られています。

ちなみに、カニバリゼーションが起きてしまった場合は、内部リンクの調整で対応可能です。
上位表示を目指すページの評価を高めることで、Googleのアルゴリズムに正しく認識させます。
具体的には、リンク画像のalt属性に対策キーワードを記述し、テキストリンクにもキーワードを含めるやり方などがあります。
認識してもらいたいページを強めるため、そのページへのリンクの数を増やし、リンクにキーワードを含めるこの対処方法は覚えておいたほうがいいでしょう。
対策キーワードとして認識して欲しくないページのタイトルタグから、キーワードを削除して別のワードに変える、ページ内のキーワード数を減らすなど、様々なやり方があるので状況に応じて使い分けてください。

まとめ

サイトのアクセス数を増やすためには、検索結果で上位表示される必要があり、そのためにSEO対策を行います。
SEO対策の基礎的な施策としてはサイト内構造を整え、ユーザーや検索エンジンにとって分かりやすくします。
そしてタイトルには必ずキーワード入れることを忘れないようにし、コンテンツを増やし、サイト自体を充実させることから始めましょう。

 

2020年7月8日監修者:根岸 雅之

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top