SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

SEO対策を行う上で押さえておきたいGoogleアルゴリズム

現在、GoogleやYahooなど、日本で使われている主な検索サイトのほとんどにGoogleの検索システム(アルゴリズム)が採用されています。
つまり、Googleのアルゴリズムを正しく理解することが、成功するSEOの第一歩ということです。
本記事では、GoogleのアルゴリズムについてSEO担当者が知っておくべきいくつかのポイントについてご紹介します。

アルゴリズムとは

アルゴリズムを一言で分かりやすく説明すると、何かを算出する計算方法のことであり、Googleアルゴリズの場合では、検索結果の順位を決めるための方法のことを意味しています。

ユーザーにとって価値が高いかどうか、信頼性があるかどうかなど様々な項目ごとにサイトを評価し、点数つけています。
その合計値が高いサイトが、検索結果の上位に表示されるのです。
このとき、チェックされる項目はとても細かく分類されており、その数は200と言われています。

また、サイトの検索結果順位が良かったからと言って安心してはいけません。
アルゴリズムは毎日細かく変更されており、その回数は年間で500回を超えたこともあるのです。

アップデートとは

上述の通り、サイトを正しく評価し検索順位決めるため、Googleはアルゴリズムを日々改善しており、このことをアルゴリズムアップデートと呼びます。
アルゴリズムアップデートは常に行われているものの、ユーザーから見ると何が変化したのか気が付かない場合がほとんどですが、例外もあります。

過去に起きたアップデートの中には、その前後で検索順位が大きく変化したことから名前がつけられているものあるのです。
その中でも有名なアップデートの例と、その特徴を紹介します。

パンダアップデート

ユーザー目線で見たときに、価値が低いと思われるサイト、質の低いサイトの検索順位を下げ、独自性が高く、有益な情報を網羅したサイトの順位向上させたアップデートです。

ペンギンアップデート

Googleが定めるガイドラインを順守しない、SEO狙いだけの不自然なリンク集、スパム行為、ブログのネットワーク等の意図的に検索順位を高めようとするだけの品質の低いリンクを受けているサイトを排除し、順位を下げるアップデートです。

モバイルフレンドリーアップデート

スマホなどのモバイル端末からアクセスするユーザーが増加したことに伴い、検索順位を決める評価指標として、スマホの小さな画面でも読みやすく、縦方向スクロールなどスマホユーザーに対して親切な作りになっているサイトの順位を上げるアップデートです。

ベニスアップデート(ヴェニスアップデート)

端末の位置情報をオンに設定している場合、検索者の現在位置からアクセスしやすい場所にある店やサービスを上位表示される機能が追加されまいした。
例えば、「コンビニ」と検索すると住所・地域を入力しなくても、今ユーザーの近くにあるコンビニが表示されるアップデートです。

アウルアップデート(2017.4)

信憑性の低い(偽/フェイク)ニュースを掲載するサイトの順位を下げるための対策です。
文字数が多いサイトの検索順位が高い傾向だったことの見直しと、信憑性の高いサイトを上位にすることにより、ユーザー満足度を高める目的のアップデートです。

医療・健康分野に関するアップデート(2017.12)

医療・健康に関する分野の情報を提供するサイトのアルゴリズムが、信頼性が高くユーザーに有益だと判断されるサイトを優先的に上位表示さ、信頼性の低いサイトの順位を下げる目的のアップデートです。
アップデートが行われたのは日本のみで、実施後は医療・健康を扱うサイトの60%の順位が変動したことで知られています。

Googleの意図を理解する

大なり小なり多くのアルゴリズムの見直しが常に行われていることから、Googleはサイト作りを行う者にとって、いじわるをしていると思われる方もいるでしょう。
しかし、アップデートは、あくまでもユーザーのことを第一に考えており、良いページを検索結果の上位にするため、それを阻害する(順位を荒らす)要因である低品質サイトを下げるための新しいルール設定しているだけです。

大規模なアップデートは、逆にチャンス

大きな更新・改善が行われるアップデートに不安を覚えるかも知れませんが、実はSEO対策では大きなチャンスでもあるのです。
SEO対策を正しく行っているサイトは順位が上がり、反対に対策が不十分なサイトは順位が下落します。

SEOを行う担当者は常にGoogleのガイドラインを熟読し、ユーザーにとって有益で信頼性の高いコンテンツ作りを心掛けてれば、アップデートを特に気にする必要はなく、むしろ検索上位を狙えうチャンスと考えて運営を行いましょう。

動画でも解説!

サクラサクラボのYouTubeチャンネル、サクラサクラボチャンネルではコアアルゴリズムアップデートの解説と変動事例を紹介する動画をアップしています。

ぜひチェックしてみてください!

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top