SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

URL正規化とは?正規化が必要なケースとcanonicalの設定方法

URL正規化とは

Webサイト上の複数のURLに同一のコンテンツが生成されるケースがあります。
URLの正規化とは、このようなコンテンツのうち、正規(オリジナル)のURLをただ1つだけ指定することを言います。

正規化ができていないままですと、複数のURLにまたがる同一のコンテンツは重複コンテンツとみなされ、SEOの評価にも悪影響を与えてしまう可能性があります。

URL正規化が必要なケース例

どのように重複コンテンツが発生しURL正規化が必要になるのかをまとめてみました。

www.のありなし両方でアクセスできるURLがある

ドメインにwwwをつけてもつけなくてもアクセスできてしまうのは重複コンテンツの代表的なものです。

http://www.example.com
http://example.com

ドメインの「www.」のありなしはSEO上の優劣はありませんので、どちらのURLに正規化するかは好みで選択してもよいかと思います。

index.htmlのありなし両方でアクセスできるURLがある

index.htmlに限らず、index.phpやindex.cgiなどのファイル名を指定しない場合はディレクトリトップを表示させているような場合に起きる重複です。

http://www.example.com
http://www.example.com/index.html

こちらもドメインの「www.」のありなしとほとんど同じで、どちらに正規化しても問題はありません。
URLの文字列がどう見られるかで判断すれば良いでしょう。
特別な理由が無ければ、ファイルの拡張子を変更にしてもURLを変えなくて済むように「なし」のほうに正規化しておくがベターです。

httpとhttpsの両方でアクセスできるページがある

http://www.example.com
https://www.example.com

Googleはセキュリティの観点から「https」を推奨していますので、httpsでのページ表示に問題ないようでしたらhttpsページに正規化を行います。

URLパラメータを使用している

例えば広告の効果測定のために、同じ内容のランディングページに異なるパラメータを付与してアクセスを解析するケースがあります。
異なるURLパラメータが付与すると異なるURLとみなされますので、やはり重複となってしまいます。

ただし、URLパラメータは全て正規化すればよいわけではありません。
たとえばURLパラメータに応じて異なるコンテンツを見せている場合もあります。
このような場合は正規化を行ってはいけません。

コンテンツが多少異なる場合でも、正規化を行ったほうがよい場合もあります。
例えば一覧ページなどで、項目の表示順番を入れ替えただけのページが挙げられます。

Webサイトで使用されているURLパラメータを正規化するかどうかについては、SEOに詳しい人に判断してもらうことをおすすめします。

URLパラメータを用いる際のSEO上の注意点については下記にて解説しています。
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/url-parameters

正規化を行わない場合のデメリット

URL正規化を行わない場合、複数の重複したページをGoogleがインデックスしてしまう可能性があり、それらのページの間で評価が割れてしまい、適切な順位がつかない可能性があります。
また、このような同じコンテンツばかりを公開している領域では、Googleが領域全体の評価を下げる傾向があります。

つまり正規化されている場合に比べて、正規化されていない場合では検索順位に悪影響を与える可能性があります。

URL正規化の方法

URL正規化の方法は複数ありますが、一般的に良く利用されている方法としては、【canonical】を設定して、オリジナルのページということを宣言するものです。
例えば、下記のように同じコンテンツのページが2つあったとします。
・http://example.com/one.html
・http://example.com/two.html
one.htmlをオリジナルに指定したい場合は、コピーページであるtwo.htmlのheadタグ内に、以下のように記述します。

<link rel="canonical" href="http://example.com/one.html">

この設定によってone.htmlがオリジナルであると検索エンジンに伝えることができます。

他にもリダイレクトによって正規化する方法があります。
ユーザーにtwo.htmlを表示させる必要がないのであれば、正規化先のURL(one.html)へ301リダイレクトを行い、オリジナルページに誘導することで、分散した評価を統合することができます。

また、そもそも同じコンテンツのページは生成しないのが理想ですので、可能な限りこのようなページを作らないのがベストです。
生成してしまったページにはリンクせず、隔離しておくのも(完全ではないですが)有効な手段です。

URLパラメータによる重複の場合、対処が複雑になる場合、Search Consoleから設定することも可能ですが、重要なコンテンツを検索結果から消してしまうリスクもあり、SEOに詳しい方に見てもらうことをおすすめします。

まとめ

対応方法にお悩みの場合は、まずは無料相談会で弊社のコンサルタントまでご相談を!
貴社サイトの状況をお伺いし最適な方針をご提案いたします。

無料相談会へのお申し込みはコチラ

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top