SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

SEO対策の費用相場

SEO対策を行えるスタッフを自社で抱えていない場合は、外部に依頼することになります。

ですが、業者によっては作業料金がバラバラで、適正価格が分かりづらいのがネックです。
また、料金は施策内容でも変わり、その種類は豊富にあります。
例えば、昔からあるようにリンクを提供するサービス、コンテンツを作成し納品するサービス、コンサルティングなど、初心者には内容がよく分からないものもあることから、Web業者に言われるままに割高な料金を支払ってしまう可能性があります。

そのようなことを避けるため、外部に依頼する前に、何に対して、いくら必要なのか、業者とよく相談して決定することをおすすめします。

本記事では、SEO対策の費用相場を解説しますので参考にしてください。

各施策の費用相場

成功報酬型SEO:3-20万/月

対策キーワードを決定し、そのキーワードが上位に表示された場合のみ課金が発生するタイプのサービスです。
金額は対策するキーワードの難易度によってばらつきがあり、競合が多く難易度が高いキーワードは料金も上がります。
SEO対策方法ですが、業者によるサテライトサイトからの外部リンクによるものが多いのが特徴です。
一時的に順位を上げることは可能ですが、現在のGoogleアルゴリズムではこの手法はペナルティを受けるリスクがあります。

固定型SEO:3-20万/月

SEO対策効果が出た場合のみ料金を支払う成功報酬型と違い、最初に取り決めした費用のみを支払うタイプです。
申し込みからの流れは、まず対策キーワードを決め業者が施策を行いますが、そのキーワードの順位がクライアントの満足するものでなくても、固定費用が発生します。
料金自体は、成功報酬に比べれば割安のことが多いです。

施策方法は、成功報酬と同様に外部リンクのパワーで強制的に順位を押し上げるため、ペナルティのリスクがあります。

コンテンツライティング(納品まで):1-10万/1記事

SEOでの集客を目的とした記事のライティングサービスのことで、自社で記事を作成する時間と人員が割けない、もしくはスキルがない場合に外部のライターに依頼します。

費用は記事の内容によっても異なり、専門的知識が要求される場合は対応可能なライターも少なくなるため割高になります。

依頼する際は、ライターの実績を確認するようにしましょう。

サイトコンサルティング:10万~/月

内部構造の改善を主とし、サイトのSEO流入・キーワード順位・コンバージョン率上昇を目的として、サイト制作段階から、各種内部SEOの設定やページ内容の確認・助言など全般的に行います。

施策内容が多岐に渡るため、細かい施策内容は業者とよく相談して決めたほうが良いでしょう。
注意しておきたいポイントとして、コンサルタントと称していても、実務は別に委託する営業代理店の可能性もあるということです。
自分で施策を行えない業者に依頼すると中間手数料を取られてしまうので、実際にSEOを行えるコンサルタントに依頼するのがベターです。
中間業者か、実際のコンサルタント業者かどうか見分ける方法として、過去に施策したSEO施策の内容と、どのサイトを何位から何位に上げたかなど、実績を聞いてみましょう。

なお、コンサルタント業者に依頼するケースは、サイトリニューアルに絡んで施策を行う際が多い傾向にあります。

取引する際のポイント

具体的な内容の確認

Googleからの評価を下げるような施策や効果が一時的な施策などを積極的に行う業者は、選ばず、具体的な施策内容と、納品物は何かを確認し、納得した上で依頼するようにしてください。

施策目的や作業範囲はあらかじめ共通認識にしておく

作業完了後に、当初考えていたものとは違い、修正するために追加料金を請求されたという話はよくあります。
そのようなことにならないためにも、施策目的や作業範囲を曖昧にせず、共通認識としてお互いに明確にしておくことが肝心です。

実績

コンサルタント業者の見極め方もでも言及しましたが、過去にどのような施策を行い、その成果がどれくらいあるかを質問しましょう。
Googleのアルゴリズムは常に進化するので、数年以上前に行った施策は現在では通用しないことも十分あり得るので、直近1年以内の実績を確認することをおすすめしま

2020年7月8日監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)

執筆者 / 監修者

監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)
監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top