SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

ドメイン名によるSEO効果とは

ホームページやブログを公開するために必要不可欠なのはドメインです。
ドメインとはURLの一部で、ホームページやブログにとって名前や住所のような存在であり、メールアドレスにも必ず付随します。
あまり知られていませんが、このドメインはSEOの評価にもわずかながら影響しています。
アクセス数の多いサイト・ブログ運営者は、ドメインとSEOの関係性を理解し、少しでもアクセスを増やすために役立てています。
今回は、ドメイン名とSEOがどのような関係にあるのかなどをご紹介します。

トップレベルドメインの種類

ドメインは、トップレベルドメインとセカンドレベルドメインの2種類に分けられます。

トップレベルドメインとは「.com」「.jp」となどのURLの末尾に必ず付随するドメインです。
トップレベルドメインのなかにも数種類ありますが、代表的なのは分野別トップレベルドメインである(gTLD)と国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の2つです。

gTLDとは、Generic Top Level Domainを省略したもので、誰でも一度は見たことがある「.com(商取引用)」以外にも、「.edu(教育機関)」「.mil(米軍用)」など、Webページの分野や分類を表しています。

ccTLDとは、Country Code Top Level Domainの省略形で、Webページが所属する国・地域によって分類されています。
ISOが定める2文字を基本形としており、たとえば日本は「.jp」、アメリカは「.us」、中国は「.cn」、ロシアは「.ru」です。

この二つのトップレベルドメインのうち、gTLDに関して、GoogleはSEOには全く関係ないと発言しています。

さらにその地域固有のgTLDをドメインに採用しても、同様に検索順位に何の影響もないと語っています。
例えば、「.com」「.tokyo」「.nagoya」でもSEO対策としての効果は全くなく、このことにより検索順位が良くなることはありません。

国別コードトップレベルドメインはSEOに影響する

gTLDと違ってccTLD(国別コードトップレベルドメイン)は場合によってSEOに影響します。
Googleの検索エンジンがWebサイトやブログが所属する国を識別する材料として、ccTLDを見ています。

このccTLDの何がSEOに影響するかと言うと、商売を行う国とドメインが一致していない場合はSEO的には良くありません。

もし日本を中心にしたサイト運営を考えている場合は、「.jp」以外のドメインは使わないようにし、反対に日本以外の国でマーケティングを行うのであれば、その国に合わせたドメインの取得が望ましいです。

また検索エンジンは、単純にccTLDの2文字を見ているのではなく、サイト内の言語や、タグなどコンテンツの中身を総合的に判断しているので、ccTLDだけが全てではないことも併せて理解しておきましょう。

セカンドレベルドメインとは何か?

セカンドレベルドメインとは、ドメイン名を使用する企業や団体、機関などの組織の属性表すもので省略してSLDとも呼ばれており、たとえば「.co.jp」では「co」の部分を指します。
株式・有限会社などの企業の場合は「co.jp」、財団・社団・医療・宗教法人などの場合は、「or.jp」 、保育園・幼稚園・小中学校などの教育機関は「.ac.jp」、日本の政府機関・格省庁所轄の研究所や独立行政法人などは「.go.jp」で表されます。

セカンドトップレベルドメインはSEOとは全く関係がなく、あくまでもそのWebサイトが企業なのか、教育機関なのか、政府機関なのか、サイトの属性を分かりやすく分類するためにあります。

ドメインを決める際に留意するポイント

Webサイトのドメインを選ぶ際に肝心なのは、ユーザーフレンドリーかどうかです。
ユーザーにとって覚えやすいものや、ドメインを読むことでWebページの内容が想像可能なもの、例えば企業名や提供するサービス名を分かりやすく簡潔に表すものにするといいでしょう。

ドメインの種類は豊富にあり、どれを選んでいいのか分からない方もいらっしゃると思うのですが、その場合は.co.jpをおススメします。
「.info」や「.biz」は取得にかかる費用が安価なため、スパムメールによく用いられていることから、印象が良くありません。

「.co.jp」はドメインの中では比較的高価ですが、使用するためには履歴事項全部証明などを提出する必要があり、一般的な信頼性が高いです。

さらにドメイン名の設定も自由なので、SEOを考えるのであればドメインにキーワードを含めるのも良いですが、長すぎるとユーザーが覚えにくいので逆効果になるので注意しましょう。

まとめ

ドメインにはトップレベルドメインとセカンドレベルドメインの2種類があり、トップレベルドメインはSEOとは無関係です。
セカンドレベルドメインのccLTDはビジネスを行う国と一致するものでなければ、SEO的に不利になる場合があります。
またドメインを選定する際は、安心かつ信頼性の高い.co.jpがおすすめです。

2020年7月8日監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)

執筆者 / 監修者

監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)
監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top