ブログ

動的ページはSEO上不利なのか

動的ページ、静的ページ、疑似静的化とは何か

動的ページとは、アクセスする度にプログラムによってコンテンツが生成されるページのことを指します。
一方、静的ページはサーバー上にあらかじめ設置されたファイルがそのまま表示されるページのことです。

動的ページの典型的な例としては、Wordpressがあります。
WordPressでブログを書いた際には、静的にブログのファイル(html)が作成されるわけではなく、アクセスがあるたびにWordpressがブログデータを使ってページを作成しています。
例:http://example.com/index.php?p=1

このとき、p=1の部分はは記事番号を表していて、2番目の記事が見たい場合はpの値を2にすればWordpressが動的に記事を表示させます。
ここで、?以降につくpなどはURLパラメータと呼ばれ、このようなURL形式はgetメソッドと呼ばれます。

別の動的ページの例では、たとえばECサイトなどで、見たい商品条件をチェックボックスでチェックしながら検索するようなケースが挙げられます。。
このとき、どのような検索条件にしても表示されるページURLが常に一定である場合があります。
例:http://example.com/search.php

このように、動的ページにはURLパラメータによってURLが変わる場合と、URLパラメータを用いずURLが変わらない場合があります。
このようなURL形式はgetメソッドに対してpostメソッドと呼ばれます。

一方、疑似静的化ページも動的ページの一種ですが、URLパラメータを使わずに静的ページであるかのようなURLを使用することです。
たとえばWordpressは動的にページを作成していますが、パーマリンク設定などであたかも静的にファイルがあるかのような見せ方をすることが可能です。
例:http://example.com/text1.html

動的ページを使うこと自体はSEO上問題がない

動的ページであっても静的ページであってもSEO上、評価のされ方に大きな違いはありませんので、動的ページを使うこと自体には問題がありませんし、それだけで有利になったり不利になったりすることはありません。

ただし、条件を変えてもURLが変わらないタイプの動的ページ(postメソッド)は、URLを手掛かりにコンテンツを見つけるGoogleが適切にページコンテンツをインデックスできないため、検索流入を得たいページでは使うべきではありません。
SEOを意識する場合はgetメソッドにしてURLパラメータを用いるか、疑似静的化を行うかすることで、GoogleがURLとコンテンツを紐づけることができるようにします。

なおこの際、Googleは動的ページは疑似静的化せず、URLパラメータはそのまま表示させることを推奨しています。
ブログサイトなどではこの限りではありませんが、ECサイトなどでは検索条件を増やすとそれだけパラメータが増え、URLが掛け算的に増えることになります。
この際パラメータをそのまま表示させていたほうが、Googleがページ間の関連性を理解しやすいためと考えられます。

注意点として、URLパラメータはセッションIDやトラッキングパラメータのように、コンテンツ内容を変えないものもありますので、このようなパラメータによって重複コンテンツが生まれないよう、canonicalによって適切に正規化することが必要です。
また、パラメータ数や生成されるページ数はユーザーが必要とするかどうかを考慮し、いたずらに増やしすぎないことも必要です。

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは~上位表示を実現する為のSEOとは?Googleの本質を理解し、自社サイトを強化する





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

監修者:根岸 雅之

記事一覧

取締役社長 COO

2006年株式会社オプトにてSEMコンサルタントとして、大手企業のリスティング広告の運用に従事。

その後、サクラサクマーケティング株式会社に転職し、SEOコンサルタントとして、10年以上、100サイトの以上の顧客のWEBマーケティングのパートナーを担う。また、セールス、新規企画開発、アライアンスと幅広く従事し、2014年より取締役社長として会社を牽引。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. 弊社社長、根岸がSEOの漫画になりました!

    マンガマーケティングの領域において3000件近くの実績を誇る 株式会社シンフィールドさんとの コラボレーション企画で、弊社社長の根岸のインタビューを漫画にして頂きました。 弊社同様、マンガを作成頂きたい方は、こちらからお […]...

    1. Google検索品質評価ガイドラインの要約とSEOへの活用方法

      Googleの検索品質評価ガイドラインとは、Googleが自身の検索エンジンの品質を評価するために、外部の品質評価者に向けて評価方法を説明した資料のことです。 検索品質評価ガイドラインには、Googleがどのようなページ […]...

      1. サクラサクラボ8月のツイートまとめ

        当サイトのツイッターアカウント(@sakurasakulabo)のツイートから、8月のイベントを振り返ります。 ツイッターのフォローはこちらからお願いします。 Follow @sakurasakulabo 目次 8月の変 […]...

おすすめコンテンツ

  1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

    ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

    1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは~Googleで上位表示を実現する方法

      目次 1. SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)とは 2. SEOの現在(検索エンジン最適化≒Google最適化) 3. Google Search Consoleの活用とS […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP