SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

動的ページはSEO上不利なのか

動的ページ、静的ページ、疑似静的化とは何か

動的ページとは、アクセスする度にプログラムによってコンテンツが生成されるページのことを指します。
一方、静的ページはサーバー上にあらかじめ設置されたファイルがそのまま表示されるページのことです。

動的ページの典型的な例としては、Wordpressがあります。
WordPressでブログを書いた際には、静的にブログのファイル(html)が作成されるわけではなく、アクセスがあるたびにWordpressがブログデータを使ってページを作成しています。
例:http://example.com/index.php?p=1

このとき、p=1の部分はは記事番号を表していて、2番目の記事が見たい場合はpの値を2にすればWordpressが動的に記事を表示させます。
ここで、?以降につくpなどはURLパラメータと呼ばれ、このようなURL形式はgetメソッドと呼ばれます。

別の動的ページの例では、たとえばECサイトなどで、見たい商品条件をチェックボックスでチェックしながら検索するようなケースが挙げられます。。
このとき、どのような検索条件にしても表示されるページURLが常に一定である場合があります。
例:http://example.com/search.php

このように、動的ページにはURLパラメータによってURLが変わる場合と、URLパラメータを用いずURLが変わらない場合があります。
このようなURL形式はgetメソッドに対してpostメソッドと呼ばれます。

一方、疑似静的化ページも動的ページの一種ですが、URLパラメータを使わずに静的ページであるかのようなURLを使用することです。
たとえばWordpressは動的にページを作成していますが、パーマリンク設定などであたかも静的にファイルがあるかのような見せ方をすることが可能です。
例:http://example.com/text1.html

動的ページを使うこと自体はSEO上問題がない

動的ページであっても静的ページであってもSEO上、評価のされ方に大きな違いはありませんので、動的ページを使うこと自体には問題がありませんし、それだけで有利になったり不利になったりすることはありません。

ただし、条件を変えてもURLが変わらないタイプの動的ページ(postメソッド)は、URLを手掛かりにコンテンツを見つけるGoogleが適切にページコンテンツをインデックスできないため、検索流入を得たいページでは使うべきではありません。
SEOを意識する場合はgetメソッドにしてURLパラメータを用いるか、疑似静的化を行うかすることで、GoogleがURLとコンテンツを紐づけることができるようにします。

なおこの際、Googleは動的ページは疑似静的化せず、URLパラメータはそのまま表示させることを推奨しています。
ブログサイトなどではこの限りではありませんが、ECサイトなどでは検索条件を増やすとそれだけパラメータが増え、URLが掛け算的に増えることになります。
この際パラメータをそのまま表示させていたほうが、Googleがページ間の関連性を理解しやすいためと考えられます。

注意点として、URLパラメータはセッションIDやトラッキングパラメータのように、コンテンツ内容を変えないものもありますので、このようなパラメータによって重複コンテンツが生まれないよう、canonicalによって適切に正規化することが必要です。
また、パラメータ数や生成されるページ数はユーザーが必要とするかどうかを考慮し、いたずらに増やしすぎないことも必要です。

サイト集客強化をお考えの場合は無料相談会へお申し込みを!

今回ご紹介した動的ページの対応のほかにもSEO上のベストアンサーがサイトによって異なるケースはいくつかございます。
そのため、これから自社サイトの集客強化を検討されている場合は、一度SEOのコンサルタントに話を伺うことをおススメいたします。

サクラサクラボではただいまサイトの無料相談会を実施中!
弊社のコンサルタントが貴社サイトの状況をお伺いし最適な方針をご提案いたします。

無料相談会へのお申し込みはコチラ

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top