SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

SEO対策で効果が出るまでに必要な期間とは

SEO対策を行ったら、できる限り早く効果を実感したいものですが、GoogleがWebサイトを評価するまでには想像以上に時間がかかることがあります。
もちろん、早いタイミングで反映することもありますが、キーワードや競合性や行う施策によって、期間は様々です。

SEOの効果を実感するには時間がかかる

SEOの効果を実感するには時間がかかる

SEO対策は、効果が出るまでの時間が予測しにくいという難点があります。

ビッグワード(検索件数が多いメジャーなキーワード)を狙った場合、一般に競合が多く、特にWikipediaや官公庁等のサイトが上位表示されているキーワードでは、なかなか上位表示に結びつかないケースがあります。
場合によっては効果が出るまでに年単位の時間が必要となるケースもあります。

一方、スモールキーワード(検索件数が少なく、複合キーワードや、ニッチなキーワード)は、競合が少なく、1コンテンツ追加しただけで順位がアップするケースもあり得ます。
スモールキーワードには、比較的に検索上位を達成しやすいメリットがありますが、ビッグワードに比べると検索数が圧倒的に少ないため、集客数は限られます。

競合度の調査には、必ずしも自然検索の競合度を反映したものではありませんがリティング出稿の際に使われるキーワードプランナーが有効です。
参考
キーワードプランナーの使い方
/blogs/keywordplanner/

SEOの施策と効果が出るまでの期間

SEOの施策と効果が出るまでの期間

基本的な内部施策ができていない場合、まずはそこから着手する必要があります。
施策によって効果が出るまでの期間も異なります。

内部改善

タイトルタグ・アンカーテキストの最適化・ページ内テキストの強化といった内部改善を行うことで、数週間から数ヶ月で効果が出る場合も考えられます。
これらの作業1つ1つは工数がかからないものが多く、比較的短期間で反映されるのがメリットです。

コンテンツの追加

これも内部施策の1つではありますが、新たにページを追加することも比較的工数が小さく進めることができる施策です。
既存のページではとらえきれなかったキーワードを対策でき、スモールキーワードであれば効果の反映も早めです。

リニューアル

サイト構造・URLの変更やコンテンツ入替を行うサイトリニューアルは、クローラーがサイトの変更内容を把握するために、長い場合で半年程度の時間を要することもあります。
SEO対策のためにサイトリニューアルを行ったはずなのに、リニューアル直後は以前よりも順位やアクセスが落ちるということも珍しくありません。
こういったデメリットを防ぐために、大規模リニューアルではなく、部分リニューアルをするように心がけましょう。

外部リンク獲得

Web担当者がコントロールできる内部施策とは異なり、リンクなどの外部施策はコントロールが難しいです。
ユーザーがリンクしたくなるような仕組みを整えたとしても、実際に効果が出るまでの数を確保して検索順位に反映されるまでには長い時間が必要となります。

上記の施策ごとの期間についても、やはりキーワード難易度によって必要とされる期間が異なります。
また、作成したばかりのサイトであれば、もともとのSEO評価がないために、ある程度評価されるまでの時間も必要となります。

SEO対策をしても順位が上がらない場合

SEO対策をしても順位が上がらない場合

SEO対策をしても順位が上昇する兆しがない場合は、対策自体を見直す必要があります。

ビッグワードだけを狙っていた場合でも、そのテールワードに目を向けた対策を行ってみたり、少しずつでも良質なコンテンツを増やしてより専門性の高いサイトを作り上げるなどの取り組みが大切です。

また、サイト内の重複コンテンツが増えすぎている、好ましくない被リンクがあるなどの阻害要因がある場合もあるので定期的なチェックがおすすめです。

SEO施策についてお困りの場合は

SEO施策について全く成果が出ない場合、一度専門家にアドバイスをもらうことを推奨いたします。
現在のSEOは複雑化しており、最新情報をキャッチアップし施策に落とし込むのは非常に難しくなりつつあります。

そこで、まずは弊社の無料相談会へお申し込みください!
専門的な知識を持ったコンサルタントが貴社サイトの状況をお伺いしアドバイスをいたします。

無料相談会へのお申し込みはコチラ

2020年7月8日監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)

執筆者 / 監修者

監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)
監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top