SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

エンジニアが押さえておくべきSEOの最低限のポイントとは

Webサイトの制作・構築の際に、エンジニアには一定のSEO知識が要求されます。
SEOのうち、サイト内部の設計、コーディング、コンテンツ作成等、自分たちがコントロールできる部分を内部SEOと呼び、サイトの外部からどれだけ自分のサイトがリンクされているか(被リンク)、言及されているか等、自分たちではアンコントローラブルな部分を外部SEOと呼びます。
エンジニアは特に内部SEOの、サイトを構築する際に内部SEO対策に関わることが多くあります。

エンジニアが押さえておくべきSEOの方向性

先ほどエンジニアは内部SEOとの関わりが大きいと述べましたが、全ての内部SEOに関与するわけでは無いことがほとんどです。
例えば、エンジニアが直接SEOの流入をコミットすることはほとんどありません。直接、SEOの流入を改善することはエンジニアの仕事ではない場合が多いためです。

よってエンジニアは、サイト納品時に致命的なミスをしないことや、SEO上における決定的な阻害要因をなくす等で力を発揮する必要が出てきます。

エンジニアが押さえておくべきSEOのポイント

Googleがクロール・インデックスできるサイトを作成する

SEOにおける大前提として、クローラーにサイトやページをインデックスさせることが必要です。
そのため、URLが意図せずブロックされていないか、Googlebotにもユーザーが見ているものと同様にコンテンツが見えているか、AJAXを使っているページがあるか等、確認しておく必要があります。
Googleがレンダリングしづらいコンテンツを用いている場合は、fetch as googleを活用して、レンダリングできているか見ておきましょう。

XMLサイトマップを作成する

XMLサイトマップはクローラーが効率的にページを読み込むために必要な手段です。
Search Console上でGoogleに申請することで、クローラビリティの改善につなげることができます。

XMLマップの作成方法とSEOのポイント
/blogs/xmlsitemap/

robots.txt

クローラーに余計なページを「読み込ませない」手法です。
重要なページを優先させて読み込ませるための設定です。

robots.txtとnoindex
/blogs/robotstxt-noindex/

meta description

直接的な順位への影響はありませんが、クリック率に関わってくる重要な要素です。
SEOにおいて効果を発揮させるためにも、全ページにおいて独自(ユニーク)性を訴求するために、各ページそれぞれの説明文を設定します。

SEOの主要なメタタグ(description等)の書き方
/blogs/metatag/

meta keyword

Googleは仕様していないと明言しており、順位に影響はありません。
が、一部考慮している検索エンジンが存在しているので、念のため設置しておきましょう。

rel=next,prev

検索結果一覧ページ等で1ページ目、2ページ目…のように分けているカテゴリページがある場合、rel=next,prevを設定する必要があります。
また、設定後に1ページ目であればタイトルに「1ページ」と入れる等して、それぞれのページをユニーク化するようにしましょう。

構造化データ

対象となるデータがある場合は、対応した構造化データを設定することで、リッチスニペットを表示させることができます。
よって、検索結果画面でクリック率が向上する可能性があります。

構造化データとは?~HTMLを構造化する前に知っておきたいこと~
/blogs/structured-data/

ページの表示速度

エンジニアがSEOに対して最も時間を割く可能性があるのが、ページの表示スピードの改善です。
PageSpeed Insightsや、test my siteを利用して、サイトスピードに関する改善点を把握しましょう。
サイトの表示速度が上がれば、その分だけユーザーも使い勝手が向上するため、SEO評価の向上に繋げることができます。

ページスピード(表示速度)のSEOへの影響と測定・改善方法
/blogs/page-speed/

SSL化

Googleはインターネットの安全性を重視しており、SSL化(HTTPS化)はユーザーに安全な通信を行ってもらうためにも重要です。
HTTPS化はSEOの評価基準の1つにもなっていますが、HTTPS化を行っても圧倒的に順位が向上するわけではありませんので、移行するかどうかの判断はユーザー目線での効果を考慮することをおすすめします。

なお、Googleが提供しているブラウザ、Chromeのバージョン62以降では、HTTPページにてユーザーがフォーム入力を始めた場合、ブラウザのURL欄に「保護されていません」という警告が出るようになりました。

ユーザー側が不安に思うことも考えられるため、順次SSL化は進めるようにしましょう。

知っておきたいSSLの基礎知識
/blogs/ssl-beginners/

まとめ

SEO対策においてエンジニアが必要とされる場面や、押さえておくべきポイントを紹介しました。
エンジニアがどのような意図を持ってWebサイトを構築したかによって、その後のSEO対策の方向性にも影響が出ると言って良いでしょう。
ある程度SEOの知識を持っておくことが、クライアントや社内の営業側からも信頼され、一層スムーズに業務が運ぶことと考えます。

2020年7月8日監修者:根岸 雅之

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top