SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

外部リンク(外部対策)の重要性とSEO

外部のサイトからのリンクは、SEO対策において最も重要な要素の一つです。
今回は、クローラーが外部リンクを重視する理由や、外部リンク対策を行う上での注意点をご紹介します。

外部リンクとは

外部リンクは、バックリンクや被リンクとも呼ばれています。
他のサイトから自分のサイトへリンクを集める施策を「外部施策」といい、検索エンジンは外部リンクが多いサイトをユーザーから支持されているサイトであると評価しています。
外部リンクの数がサイト評価に与える影響は小さくなってきているとはいえ、依然として大きな評価要因です。

外部リンクがSEOにおいて重要な理由

外部リンクは、分かりやすく例えるなら「サイトへの人気投票」と言えます。
Googleは「重要度の高い論説は、様々な論説から参照されることによって権威づけられる」という仮説に基づいて、検索順位決定アルゴリズムを構築しました。
このアルゴリズムに基づき、Googleは一つ一つのURL(HTML文書)に0~10までの11段階のランキングスコア(ページランク)を付与し、よりランクの高いページからのリンクは、低いランクのページからのリンクよりも価値があると定義付けてスタートしたのです。
当時は、外部リンクが多いほど、またリンクされるサイトのページランクがより高いほど評価が高いページだと判断していました。

しかし、Googleが外部リンクを重視していることを悪用して(「外部リンクを集めれば、検索順位が上がる」と考えて)、自作自演の外部リンクを構築する手法が横行しました。
それに対してGoogleは、ペンギンアップデートと呼ばれるアルゴリズムを更新することで対策を講じ、リンク元のサイトの質を評価するようになりました。結果として、現在はリンクは量より質を求められるようになっています。

Googleの検索エンジンの進化によってアルゴリズムが複雑化し、ランキングに影響を与える指標が大きく増加したにも関わらず、それでもなお外部リンクは依然としてSEO対策において重要な要素とされています。
それほど、ユーザーに信頼されているサイトか否かは、SEOにとって重要なポイントなのです。

今必要な外部対策の方法

SEOの施策には、今までご紹介してきた外部施策と、内部施策があります。

内部施策は、コンテンツを充実させることに始まり、キーワード選定やhtmlの最適化など、自分たちの手である程度はコントロールしやすいものです。
一方で、外部リンクを集める外部施策は、自分たちでコントロールすることは簡単ではありません。

とは言え、自作自演のスパムリンクはお勧めしません。
スパムリンクが発見されると、Googleからペナルティを受けることになり、検索順位が大幅に下落する等、検索経由のトラフィックが大きく失われる危険があります。
ユーザーにリンクしてもらえるように、良質なコンテンツ制作を継続していくことが、最良の外部施策といえるでしょう。

具体的には、オリジナルな独自のコンテンツや、イベントリポート等、ユーザーが満足するような有益なコンテンツづくりをすることです。
時間はかかっても、良質なコンテンツを増やしていけば、評価につながっていきます。

2020年7月16日監修者:根岸 雅之

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top