ブログ

ライティング(記事作成)時の速効SEO対策5ポイント

検索からの流入が少ないWebサイトでも、ライティング、記事作成を工夫することで検索エンジンの評価を上げ、アクセスを集めることができます。記事を上位表示させるために有効なSEO対策上のポイントを、内容と表現の両面からご紹介します。

1.「お知らせ」より、まずは「質問への回答」を書く

ユーザーが検索するのは、何か知りたいことがあるから。検索キーワードは、ユーザーからの「質問」であり、記事にはその「回答」を書きます。

質問を無視して、書き手の「伝えたいこと」「知らせたいこと」しかない記事は(「お知らせ」の記事と、私たちは呼んでいます)、あまりユーザーの役に立ちません。東京の観光情報が知りたい人に、「うちのホテルに来て!」と伝えてもユーザーのニーズには合致しません。

 検索エンジンは、ユーザーの役に立つ記事を検索結果の上位に表示するよう、テクノロジーを進化させてきました。詳しいアルゴリズムは公開されていませんが、毎日見ている私たちも驚くほどの精度。読んでも役に立たない記事は、上位表示が難しくなってきています。

お知らせを書いてはいけない、という意味ではありません。まずはユーザーの知りたい気持ちに応えたうえで、伝えたいことを書きましょう。

2.必ずターゲットワードを設定する

記事を書く際には、ターゲットのキーワードを設定します。どんなキーワードが検索されたときに、記事を上位表示させたいのか? ターゲットのキーワードは、後述するように記事の中にも盛り込む最重要ポイントです。

キーワードを探すには、「Googleサジェスト」の機能を利用します。検索窓にキーワードを入力すると、続くワードをサジェスト(提案)してくれるこの機能です。

googleの「東京」のサジェスト

画像出典:Google

表示されたサジェストワードには、一定の検索ニーズがあります。まったく検索されないキーワードをターゲットに記事を書いても、アクセスは稼げません。

3.キーワードに隠された質問の意図を考える

質問に回答する記事を書くためには、そもそも質問の意図を理解していなければなりません。「東京 観光」というキーワードだけ見て、自分のホテルの情報を書いても、質問に答えたことにはなりませんね(ユーザーはホテルの宣伝を知りたい訳ではない)。

ターゲットキーワードの候補を挙げたら、そこに隠された質問の意図を汲まなければなりません。ここが、SEOライティングのちょっとしたコツやレシピのようなものなのです。

判断が難しい場合は、検索エンジンに聞いてみる、という手もあります。Googleは、キーワードのニーズに対して、かなり正確に記事を表示するようになっています。例えば「フランスパン」と検索すると、フランスパンとは?を解説する記事や、レシピなどが上位表示されます。「フランスパン 東京」なら、ほとんどがパン屋さんに関する情報です。パン屋さんが知りたい人に記事を読んでほしいなら、「フランスパン “地域”」のキーワードがターゲット候補になります。

4.記事の内容は山盛りにせず、質問の回答に十分な大きさで

「1記事1テーマ」はSEO対策の鉄則です。ひとつの記事であれもこれも伝えるのは難しいですし、検索エンジンが何の記事なのかわからなくなってしまいます。先ほどの例に戻るなら、東京の観光情報と個別のホテル情報は別の質問です。どちらも伝えたい場合は、2つの記事を作り、ターゲットキーワードもそれぞれ設定します。

また、元の質問が想定できない記事は、SEO対策としては価値が低くなります(つまり、検索されません)。質問の回答を記事で用意するマインドが、やはり重要なのです。

5.タイトルにキーワードを含める

タイトルは、検索エンジンが記事の内容を判断する重要な要素です。必ずターゲットキーワードを含め、できればタイトル文の前のほうに置いてください。検索エンジンは、先に出てくるキーワードを重要なワードだと認識します。

なお、本文テキストにも不自然でない形で含めることが重要です。もっとも、質問に回答する記事なら、自ずとキーワードが含まれるはず。確認の意味でも、書き上がった記事を見直してください。

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

執筆者:根岸 雅之

記事一覧

取締役社長 COO

2006年株式会社オプトにてSEMコンサルタントとして、大手企業のリスティング広告の運用に従事。

その後、サクラサクマーケティング株式会社に転職し、SEOコンサルタントとして、10年以上、100サイトの以上の顧客のWEBマーケティングのパートナーを担う。また、セールス、新規企画開発、アライアンスと幅広く従事し、2014年より取締役社長として会社を牽引。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. インスタグラムの公式な投稿埋め込み方法がSEOに不向きな理由

    ブログやWebサイトだけでなく、インスタグラムやtwitterなどのSNSを運営していて、ブログ上でSNSの紹介や、逆にSNS上でブログの紹介をされる方も多いかと思います。 ブログ上でSNS投稿を紹介する場合、投稿埋め込 […]...

      1. サクラサクラボ9月のツイートまとめ

        当サイトのツイッターアカウント(@sakurasakulabo)のツイートから、9月のイベントを振り返ります。 ツイッターのフォローはこちらからお願いします。 Follow @sakurasakulabo 目次 9月の順 […]...

おすすめコンテンツ

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します

    SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、数あるWeb集客手法の中でも、検索エンジンからの成果を最大化することです。基本的にはユーザーや検索エンジンからより評価されるように、WebサイトやWebページの変更・改修を続 […]...

    1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

      ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP