SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

html内でSEO上、気をつけるべきポイントとは

主要なhtmlタグにキーワードを含めることは、SEO対策において最も基本的なことのひとつです。
しかし、実際にはこれができていないサイトは少なくない上に、誤った理解のまま設定している

SEO対策はHTMLを作成している時から始まっていると言っても過言ではありません。
しかし、Web制作を行っている方の中にはSEOについて詳しくない方もおり、誤った認識のままコーディングを行っているケースも見受けられます。
ここでは、最低限html内でSEO上気をつけるべきポイントについてご紹介しますので、ページ作成を行う際にはご参考ください。

タイトルタグ(titleタグ)

タイトルタグは、検索結果画面のリストにページタイトルとして表示されます。
検索エンジンがもっとも重視する要素の1つとも言われており、このタグに対策キーワードが含まれていることでより上位表示しやすくなります。
また、思わずクリックしたくなるような、ユーザーを惹きつける文章を設定することで、クリック促進に繋がります。

タイトルの文字数についてはGoogleの仕様変更によっても変化がありますが、検索結果に表示されるのは30文字前後です。
長いタイトルの場合は全て表示されず、「…」と途中で切れてしまいますので、伝えたい内容は前から30文字前後に収めるようにしましょう。

ディスクリプション(description)

ディスクリプションは、そのページの要約文を指します。
検索結果のタイトルの下に、120文字前後でページの説明文を表示します。

ディスクリプションはランキング要素ではありませんが、クリックするかどうかをユーザーが判断する要素になります。
そのサイトを覗いてみたいと思わせるような、魅力ある文章を設定する必要があります。

hタグ(見出しタグ)

h1タグはページ全体の概要を示すタグのことで、SEOでは重要な要素のひとつです。
基本的に1ページにつき1つ、ページの大見出しとなる箇所に設定します。

hタグは1~6まで使用でき、h2やh3はコンテンツ中で使用するケースが多くなります。
中見出しをh2、小見出しをh3…と、階層構造にしてコンテンツを分かりやすく表示することは、検索エンジンも内容を理解しやすくなり、効果的なSEO対策と言えます。

また重要なポイントとしては、ページ間でhタグの使い方を統一することです。
hタグの設置ルールをページごとに整合性を持たせるようにしましょう。

厳密なW3C準拠は必要ない

W3CとはWorld Wide Web Consortiumの略称で、ウェブ技術の標準化を目的とする非営利団体を指します。
この団体が推奨する記述方式に合わせることをW3C準拠と呼びますが、W3C準拠したHTMLを作成してもSEOにはほとんど関係ないと言われています。
問題なくレンダリングされて、ユーザーが問題なく読める程度であればSEO上問題ありません。

適切な内部リンク

コーディングからはややずれる要素ですが、内部リンクも非常に重要です。
特に、Web制作者の方はパンくずリスト、関連リンク、上層ページからの下層リンクに留意されることをおすすめします。

SEO対策で重要な内部リンク施策とは
/blogs/internal-link/

メタタグ

ユーザーに見えるものではないためあまり重要ではないと考えられるかもしれませんが、検索エンジンには依然として非常に重要な意味を持つものがあります。
たとえば制作段階で挿入したnoindexタグを残したまま公開した場合には、公開しても検索結果に現れないままという悲惨な状況が続くことになります。
よく使われるメタタグは最低限押さえておくことをおすすめします。

SEOの主要なメタタグ(description等)の書き方
/blogs/metatag/

まとめ

htmlのコーディングそれ自体がSEOに与える影響は小さくなっているものの、htmlのテンプレートはWebサイトの基本となりますので場合によってはSEOを大きく左右することもあります。
ここでご紹介した内容だけでなく、コーディングがSEOに与える影響と適切な使用方法を知っておくことがSEOで成功するための一歩であると考えられます。

2020年7月8日監修者:根岸 雅之

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top