SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

インデックスの仕組みとSEOとの関係

Googleの検索結果ページに自サイトのページが掲載されるまでには必ずインデックスという工程を経る必要があります。

インデックスとは、インターネット上を巡回しているGoogleのクローラーと呼ばれるロボットが各ページの情報をGoogleのデータベースに格納することを指します。
Webサイトを公開しても、インデックスされない限りランキングの対象にはなりません。

ここではインデックス数とSEOの関係性、インデックス数の調べ方などについてご紹介します。

インデックス~検索順位が決まる仕組み

上記のようにインデックスに格納された情報は、Googleの独自のアルゴリズムによって属しているサイトや関連するテーマなど一次評価が行われると考えられます。
加えて、ユーザーがあるキーワードで検索された際に、そのキーワードとページの関連性を考慮し、検索順位を決定する二次評価が行われます。

この際、評価対象となるインデックスがなければ、当然検索結果に出ることはありません。

インデックスはSEOを行う上で通らなければならない必須の工程です。

インデックスを促進する方法

インデックスを促進するためには以下のような方法があります。
・xmlサイトマップの作成
・Fetch as Google
・クローラーがページを発見できるよう、内部リンクの整備

ただし、これらの施策はページが必ずインデックスされることを保証するものではなく、ページをインデックスするかどうかはGoogleが決定しています。

インデックス数の調べ方

インデックス数とはサイト内のページの中で、検索エンジンに登録されたページ数です。
サイトのコンテンツを増やしていくと当然ページ数も増えますし、インデックス数もそれに伴って増えていきます。

インデックス数を調べるにはSearch Consoleのインデックスステータスで確認できますが、Search Consoleに登録していないのなら「site:ドメイン名」とGoogleで検索すれば、だいたいのインデックス数を把握できます。

インデックス数とSEOの関係

インデックス数の多さとSEO効果が比例するわけではありません。
例えば、同じテーマで執筆された100ページと200ページの本があるとして、必ずしも200ページの本のほうが良い本とは言えません。
ただし、ページ数の多い本のほうがよいコンテンツがある可能性が高いように、インデックス数の多いサイトのほうが上位表示される可能性が高い傾向があります。

とはいえ大切なのは、量より質です。
特に近年の検索エンジンは良質なコンテンツを充実させているサイトを評価する傾向にありますから、いたずらに大量のページをインデックスさせればいいというわけではありません。
不要なページや重複したページは極力インデックスさせない取り組みが必要になります。

2020年7月8日監修者:笹本 雅人

執筆者 / 監修者

監修者:笹本 雅人
監修者:笹本 雅人
2013年株式会社ブレインネットに入社し、会社合併を経てサクラサクマーケティング株式会社に合流した後も現在に至るまでSEOコンサルタントとして大小問わず様々なクライアントの集客向上に貢献。
特に大規模サイトのSEOを得意としているほか、自社メディアのブログの作成・監修を行い、数多くのキーワードで上位表示を達成している。

その他のブログ記事

Return Top