SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

相互リンク時に注意しておくSEOポイントは?

数年前まではリンクの数がサイトの検索順位に大きな影響を及ぼしていましたが、近年はリンクの数よりもコンテンツの質の高さのほうが検索順位を高める要素になっています。こうした流れを受けて相互リンクの評価のあり方も変わってきました。

今回はSEOにおける相互リンクのポイントや注意点、Googleの相互リンクに対する考え方について詳しく説明していきます。

相互リンクとは?

相互リンクとは二つの異なるWebサイト同士がお互いにリンクを張ることです。相互リンクによって、お互いのサイト評価を高めることができます。また、展開しているコンテンツと関連のある企業、提携しているブランド、子会社など、多くの相互リンクを行うことでユーザーアクセスの回遊性を高めることが可能です。

相互リンクはSEOに効果的なのか?

SEO対策をする上で相互リンクはどんな効果や影響を発揮するかを見ていきます。

検索順位を上がる場合

Googleのガイドラインに沿った正しい相互リンクをすればGoogleの検索エンジンから評価され、検索順位を上げることができます。

検索順位が変わらない場合

Googleのガイドラインに沿った相互リンクであっても、リンクの質が良くなかったり、評価基準に対してリンク数が足りていなかったりすると検索順位は上がりません。

検索順位が下がってしまう場合

Googleのガイドラインを逸脱した相互リンク、違反している相互リンクは低評価やペナルティが課せられ、結果として検索順位が下がる可能性があります。

このように相互リンクの仕方によって検索順位を上げることもできれば下がってしまうことがあるので、Googleはどういう相互リンクを評価しているのかを理解しなくてはいけません。

相互リンクを設置する際のポイントは?

相互リンクを設置する場合のポイントや注意点をいくつかご紹介します。

・リンク数を稼ぐためだけの過剰な相互リンクはNG
・リンク数はできるだけ少なくし、サイト自体のコンテンツの質を高めること
・自社サイト(コンテンツ)と関連性の高いサイトだけと相互リンクすること
・できるだけページランクの高いサイトと相互リンクすること

このような形で相互リンクをすればGoogleから評価を得やすくなります。Googleのガイドラインに違反しない範囲で正しい相互リンクを行えばSEO効果を高めることが可能です。

相互リンクに対するGoogleの見方は

Googleのガイドラインでは「検索順位を上げることを目的とした相互リンク」は違反であるとされています。しかし「こういうリンクの貼り方はダメ」「こういう相互リンクならOK」という明確な決まりがあるわけではありません。Googleは検索順位を上げることだけを目的とした過剰な相互リンク、内容の薄いページをわざと大量に作ってそこに相互リンクをかけるといった行為に対しペナルティを課しています。

現在のGoogleはリンクの「数」よりも「質」を重視しています。ユーザーが求める価値あるコンテンツに誘導するようなリンク、そこにリンクがあることでユーザーに役立つようなリンク、関連性や親和性の高いリンク、こうした相互リンクが高く評価されているのです。この点を踏まえた上で正しい相互リンクを作っていくことが今後のSEOにおいては重要になります。

Googleのガイドラインには、「他のサイトから自分のサイトへ、高品質で関連性の高いリンクを作成してもらうための最善策として、インターネットコミュニティ上で、自然に人気を獲得することができる関連性の高いオリジナルコンテンツを作成すること」という趣旨の記載があります。

コンテンツ時代が到来した今、いかにユーザーが求める価値あるコンテンツを生み出せるかが最大のポイントです。そのような質の高いコンテンツには自然とリンクが集まり、その自然リンクの数によってGoogleからも評価されるようになるということです。

2020年7月8日監修者:笹本 雅人

執筆者 / 監修者

監修者:笹本 雅人
監修者:笹本 雅人
2013年株式会社ブレインネットに入社し、会社合併を経てサクラサクマーケティング株式会社に合流した後も現在に至るまでSEOコンサルタントとして大小問わず様々なクライアントの集客向上に貢献。
特に大規模サイトのSEOを得意としているほか、自社メディアのブログの作成・監修を行い、数多くのキーワードで上位表示を達成している。

その他のブログ記事

Return Top