SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

SEOとリスティングの違いとメリットデメリット

SEOとリスティングの共通点

SEOとはGoogleにとって最適なサイト構築をし、評価されることによって検索順位を上げる方法である一方、リスティング広告はGoogleに広告費を支払うことで検索順位とは別のリスティング広告枠に掲載してもらう方法です。
SEOもリスティング広告もユーザーの検索キーワードに応じて表示されるという点で共通しています。

ユーザーはキーワードに関連した情報を探していますから、リスティング広告によって疑似的に検索順位を上げることだけでなく、ユーザーのニーズを把握し、それに応じたコンテンツを作成することに力を入れておく必要があると言えます。

リスティング広告のSEOに対するメリット

リスティング広告はSEOと比較した場合、短期間のうちに成果が出やすいというメリットがあります。
キーワードの検索数などにもよりますが、SEOではコンテンツを掲載してから検索上位に表示されるまで、テールワードでも1か月以上、ミドルワードやビッグワードなど、より検索数の多いキーワードの場合は、半年や一年、場合によっては数年単位の時間を要してしまうこともあります。
つまるところ、SEOで結果を出すには根気よく、中長期的な視点で施策を行うことが要求されます。

しかし、リスティング広告は広告費の入金さえすれば、即日でリスティング枠という、検索順位1位とほとんど同じ位置に表示させることができます。

そのためSEOのデメリットともいえる「中長期の施策を行う必要」が無いという点がメリットです。

リスティング広告よりもSEOが優れている点

前項でリスティング広告のSEOに対する優位性をお伝えしましたが、逆にSEOのリスティング広告に対して優れている点も3つあります。

一つ目は、直接のコストがかからないという点です。

言い換えれば、SEOで集客を行う場合は広告費がかからないということです。
当然のことですが、リスティング広告枠にサイト掲載させるための費用は決して安くありません。
SEOは手間はかかりますが、広告費がかからないという点でリスティング広告に対して優れていると言えます。

二つ目は、広告出稿を止めてしまえば表示も止まってしまうリスティング広告と異なり、SEOは上位表示が維持される限り集客効果が持続します。
いったんキーワードを上位表示させた後それを維持することができれば、以後は費用をかけずにトラフィックを得続けることが可能です。

三つ目は、SEOによって上位表示されたサイトは、リスティング広告枠に掲載されたサイトよりもクリック率が高いこともあります。
これは広告を避けようとするユーザーが一定数いることが理由です。

SEOとリスティングは併用可能

ここまでリスティング広告とSEOの比較を行ってきました。
SEOとリスティング広告は相反するものではなく、実際は併用することができます。

たとえばSEOをメインの集客方法として利用し、リスティング広告はSEOで検索上位に表示させられなかったページや、検索上位に表示させるだけでは十分でないページに対して補完的に利用する方法があります。

このようにSEOとリスティング広告はそれぞれにメリットとデメリットがあり、両者は併用することができます。
利用する際は、コストとタイムスパンを考慮して選択もしくは併用する必要があります。

2020年7月16日監修者:根岸 雅之

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top