SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

SEOのメリットとデメリット

SEOとは「Search Engine Optimization」(検索エンジン最適化)の略称で、検索エンジン(Google)に対してWebサイトを最適化していくこと全般を指します。
ユーザーが特定のキーワードを検索した際に、Googleの検索結果上でWebサイトを上位表示させることを目的とします。

現在では企業や個人を問わず、非常に多くの方がSEOに取り組んでいます。
この記事では、そうしたSEO対策を行うことのメリットデメリットをご紹介します。

SEOのメリット

まず、ユーザーの流入経路として、検索エンジン経由が圧倒的という事実があります。
弊社で国内サイトを調査したところ、6割以上は検索エンジン経由のものでした。
海外では異なる傾向があるものの、日本では検索エンジン経由のトラフィックを押さえられるSEOには大きな効果があります。

また、一度上位表示されれば追加の施策を行わなくても順位がある程度保てることが多く、必ずしも投資をし続けなくてもある程度の流入が中長期的に確保できるようになります。
こうした点から、費用対効果に優れていると考えられます。

加えて、上位に表示され続けていると、ユーザーから認知され、「有名なサイト・信頼できるサイト」であると評価されるといったブランディング効果もあると言えます。

SEOのデメリット

一方でデメリットもあります。

まず、どれだけSEO対策を行っても、確実に順位が上昇しアクセスが得られるとは限りません。
検索順位はGoogleのアルゴリズムが決定しており、その詳細は誰も知ることはできません。

またSEOは成果が出るまでに一定の時間を要します。
この点はすぐに出稿できるリスティング広告と対照的な点です。

成果を急いでGoogleが禁じている施策を行うと、Googleからペナルティを受け、検索順位が下落する恐れもあります。

さらに、どんなに良いコンテンツであっても、ユーザーが検索しないキーワードに関する情報であった場合、SEOで流入を獲得することが難しい場合があります。

まとめ

SEOにはメリットもデメリットも存在しますが、安定して上位表示が達成できれば、継続的にアクセスを獲得することが可能です。
上位表示に近道は無いことを理解し、SEOに取り組むことをおすすめします。

2020年11月27日ねぎお社長 (根岸雅之)

執筆者 / 監修者

ねぎお社長 (根岸雅之)
ねぎお社長 (根岸雅之)
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top