ブログ

PDFファイルのSEOポイントとは

PDFファイルのSEO対策とは?

「PDFファイルもHTMLと同様に検索結果にヒットするの?」という疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。
結論からいうと、PDF文章もHTMLと同じように検索エンジンに認識され、インデックスされます。

PDFファイルは通常のテキストと同じように認識されますが、PDFファイル内に埋め込まれた画像はインデックスされません。
ちなみにGoogleではHTMLファイルとPDFファイルを区別するために、検索結果を表示した際にページタイトルの端に小さく「pdf」と表記されます。

PDFファイルのSEO対策は、基本的にHTMLページと同じです。
区別して別々に対策を行う必要はありません。

PDFファイルの品質の高さによっては、検索上位を目指すことも可能です。
ただし問題が一つあります。
PDFファイルとHTMLでまったく同じ内容のものを公開すると、「重複コンテンツ」と見なされる危険があるのです。
そのため、コンテンツはどちらか一つで公開するべきです。
どうしても難しい場合は、PDFファイルとHTMLページのどちらを優先するかの指定を組み込んでください。

具体的な方法としては、ヘッダー部分に「canonical (優先)」タグを設定する方法があります。

SEOに適したファイルの設定方法とは?

PDFファイルはHTMLと同様に、インデックスされ検索結果に表示されます。
しかし、通常のHTMLに比べると認識されるレベルが圧倒的に低く、SEO対策を行ってもなかなか上位に表示されないことが多いです。
とはいっても、まったくSEO対策をしないというのも問題なので、できる範囲で対策を行い、上位表示を目指しましょう。

通常のHTMLページと同様に、PDFファイルでもメタ情報を追記することができます。
メタ情報の追記はPDF編集ソフトであるAdobe Acrobatを使用します。
このソフトから文章プロパティの「概要」の欄を開いてタイトル、サブタイトル、キーワードを設定しましょう。

タイトル

タイトルはHTMLファイルの「title」タグと同じ意味を持ちます。
検索で表示された際にこのタイトルが出るので、キャッチーな言葉を入れたタイトルが効果的です。

サブタイトル

サブタイトルはHTMLファイルの「meta description」タグと同じ意味を持ちます。
検索で表示される「説明文」と同じです。こちらもクリックを誘発させるような効果的な説明文を記載しましょう。

キーワード

キーワードはHTMLファイルの「meta keywords」タグと同じ意味を持ちます。
適切なキーワードを4~5個設定しておきましょう。
これを設定することによって、検索上位になるというわけではありませんが、何も設定しないよりかはプラスに働きます。

PDFファイルにも被リンク効果あるのか?

Googleが実際に語っているように、PDFファイルはHTMLファイルと同様に被リンク効果があります。
リンクを貼られたサイトから見れば、リンクを貼ってくれているPDFファイルは被リンク元となり、被リンク数としてカウントされ検索結果に影響します。

被リンク元が多ければ多いほど、そのサイトは検索で上位に表示されやすくなります。
「ならばPDFファイルを大量にアップロードすれば、上位表示が実現できるのでは」と思ってしまいがちですが、これは間違いです。
というのも、ただ単にネット上にPDFファイルをアップしても、Googleのクローラーが認識しなければ意味がありません。
認識されるにはPDFファイル内にリンクを貼る必要がありますが、結局のところリンクによるSEO対策をするのであれば、PDFではなくHTMLで行ったほうが、編集も楽で効果も上がりやすいのです。

そのためPDFファイルの被リンク対策は、あくまで例外的なオプションという位置づけと考えるべきです。
重要なことは、HTMLにおける基本のSEO対策をしっかりと行うことです。
やはり基本に対して忠実に、疎かにしないことが大切なのです。
これを最優先で行っていき、PDFファイルの編集が発生した際には、こちらも合わせてSEO対策を行っていきましょう。

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

監修者:根岸 雅之

記事一覧

取締役社長 COO

2006年株式会社オプトにてSEMコンサルタントとして、大手企業のリスティング広告の運用に従事。

その後、サクラサクマーケティング株式会社に転職し、SEOコンサルタントとして、10年以上、100サイトの以上の顧客のWEBマーケティングのパートナーを担う。また、セールス、新規企画開発、アライアンスと幅広く従事し、2014年より取締役社長として会社を牽引。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. ウェブマスターオフィスアワーまとめ(2019年11月6日)

    2019年11月6日にウェブマスターオフィスアワーが行われました。 Googleの金谷さんとあんなさんが発言した内容をまとめます。 今後のイベント 11/23 ウェブ解析士会議2019 in Osaka 11/25 We […]...

    1. サイトリニューアルで失敗しない為のSEOチェックポイント

      制作してから年月が経過したWebサイトでは、リニューアルを行うケースもあるかと思います。 メインとする目的は様々でしょうが、その際、検索流入を失いたくないというのはすべてのWeb担当者が持つ共通の思いでしょう。 この記事 […]...

      1. インスタグラムの公式な投稿埋め込み方法がSEOに不向きな理由

        ブログやWebサイトだけでなく、インスタグラムやtwitterなどのSNSを運営していて、ブログ上でSNSの紹介や、逆にSNS上でブログの紹介をされる方も多いかと思います。 ブログ上でSNS投稿を紹介する場合、投稿埋め込 […]...

おすすめコンテンツ

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します

    SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、数あるWeb集客手法の中でも、検索エンジンからの成果を最大化することです。基本的にはユーザーや検索エンジンからより評価されるように、WebサイトやWebページの変更・改修を続 […]...

    1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

      ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP