ブログ

SEOに強いサイトとはどういうことか

検索結果の上位に表示されるためには「SEOに強いサイト」にする必要があると言われています。
では、SEOに強いサイトとは、どのようなサイトなのでしょうか?
様々なSEO施策があり、さらにGoogleのアルゴリズムも常に進化していることから、どの手法を用いるのが最適なのか、明確な基準がないと分からないことがあります。

今回は、Web担当者共通の悩みである、上位表示されるに強いサイトについて解説します。

SEOに強いサイトとはどんなサイトなのか?

SEOに強いサイトとは、簡単に説明するとGoogleアルゴリズムがチェックする項目の基準を満たすサイトのことです。
Googleは、検索結果の上位を獲得するためにはユーザーのニーズに応えるコンテンツ作りをするよう推奨しています。

つまり、SEOに強いサイトは、ユーザーにとって有益なコンテンツを多数含む大規模なサイトのことです。
他にも、サイトの構造が適切かどうか、外部サイトから評価を多く得ているか等の要素も影響します。
SEOに強いサイトにするためには、サイト内部と外部の両面を適切に強化することで、検索エンジンからの評価が高いサイトを目指す必要があります。

強いサイトを作る方法とは?(内部・外部)

内部

ユーザーがサイトを訪れる際に最初に目にする、タイトルを表示させるtitleタグを最適化させることはSEO施策の中でも基本かつ重要です。
タイトルには必ずキーワードを含ませ、文字数は30文字以内に収めることも肝心です。
また、URLは長すぎないことが大事で、長すぎるとユーザーにとってわかりにくいのはもちろん、クローラーが認識できない場合もあります。
URLを見ただけでサイトの内容が分かるようにすることがベストです。
他にも、ユーザーがサイトを訪れた際の使いやすさもや、ユーザビリティも重要です。
例を挙げると、ナビゲーションが簡潔で分かりやすい、自分がどこのページにいるか分かるマップの設置、どこからでも直接TOPページに戻れるリンクの設置、表示速度が速いなど、ユーザーのストレスを緩和し、快適にサイトに滞在できるよう、かゆいところに手の届くサイトにしましょう。

コンテンツ強化

Googleが重要視する、ユーザーにとって有益なコンテンツとは、専門性が高く、ユーザーが知りたがっている他にはない独自の情報を含むものです。
どこからから引用したような文章ばかり並んでいる情報はユーザーにとって価値はないので、自分のサイトにしかないオリジナルなコンテンツ作りを心がけます。

また、質以外では、ある程度の量も重要になります。
例えば、サイトのメインテーマにするキーワードで上位表示されるライバルサイトのコンテンツ内容が多ければ、自サイトのコンテンツ量も同等かそれ以上でなければ勝つことは難しいでしょう。
ユーザーが知りたい情報を網羅することを念頭に置いてコンテンツ作りを行えば自然に量は増えていきますが、
量を増やすことだけに捉われてしまい、手を広げ過ぎると逆効果になりかねません。
あくまでも、対策を行うキーワードに関連する情報を中心する、テーマを絞ったサイト作りをするべきです。

外部

被リンクを集めることが順位向上に効果的との声もあります。
外部サイトで、自社サイトについて言及される、もしくはリンクが張られている場合、Googleが自社サイトのことを「人気がある=良いサイト」と評価してくれるからです。
このことから、多くの被リンクを集めることが、外部SEOではとても重要になります。
しかし、ただ数を集めるだけでは不十分です。
Googleは低品質なサイトからリンクが張られていると、リンクを受けるサイト自体の評価を下げる仕組みになっているので、意図的に数を増やすとは避けたほうがいいでしょう。
あくまでも、自然に被リンク数が増えることが理想で、そのためには優良なコンテツが必要不可欠です。
独自性のある有益なコンテンツを設置し、コンテンツを見たユーザーがリンクを張ってサイトを紹介してくれることで、Googleからの評価が上がり、順位も向上します。
順位が向上すると、ユーザーの目に留まる確率も増え、さらにリンクが増える、この好循環がサイトを検索上位に導きます。
短期間で上位を獲得するような即効性を狙うのではなく、あくまでも地道なコンテンツ作りが肝心です。

まとめ

検索結果上位に表示されるSEOに強いサイトにするためには、内部・外部SEO対策をしっかり行う必要があります。
SEO対策は多数あり、いきなり全てを正しく把握して施策することは難しいので、まずは基本的なことから一つ一つ丁寧に行います。
それでも難しい場合は、検索で上位に表示されているサイトと、自分のサイトを見比べて分析するのも良いでしょう。

SEO対策を行ってもすぐに満足した結果が出ることはまれです。
中長期的な観点で考えて、ユーザーを満足させるコンテンツ作り、ユーザーに親切なサイト作りを行うことが肝心です。

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは~上位表示を実現する為のSEOとは?Googleの本質を理解し、自社サイトを強化する





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

監修者:根岸 雅之

記事一覧

取締役社長 COO

2006年株式会社オプトにてSEMコンサルタントとして、大手企業のリスティング広告の運用に従事。

その後、サクラサクマーケティング株式会社に転職し、SEOコンサルタントとして、10年以上、100サイトの以上の顧客のWEBマーケティングのパートナーを担う。また、セールス、新規企画開発、アライアンスと幅広く従事し、2014年より取締役社長として会社を牽引。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. ウェブマスターオフィスアワーまとめ(2019年8月9日)

    8月9日のウェブマスターオフィスアワーが行われました。 Googleの金谷さんとあんなさんが発言した内容をまとめます。 目次 イベント告知金谷さんのツイートピックアップ10年前のサイトも検索に表示される7月から新規サイト […]...

    1. Google検索品質評価ガイドラインの要約とSEOへの活用方法

      Googleの検索品質評価ガイドラインとは、Googleが自身の検索エンジンの品質を評価するために、外部の品質評価者に向けて評価方法を説明した資料のことです。 検索品質評価ガイドラインには、Googleがどのようなページ […]...

      1. サクラサクラボ7月のツイートまとめ

        当サイトのツイッターアカウント(@sakurasakulabo)のツイートから、7月のイベントを振り返ります。 ツイッターのフォローはこちらからお願いします。 Follow @sakurasakulabo 目次 robo […]...

おすすめコンテンツ

  1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

    ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

    1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは~Googleで上位表示を実現する方法

      目次 1. SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)とは 2. SEOの現在(検索エンジン最適化≒Google最適化) 3. Google Search Consoleの活用とS […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP