SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

SEOでスパム行為とみなされるものにはどのようなものがあるか

SEOスパムとは

SEOスパムとはSEO技術を駆使した不正行為です。
検索での上位表示を目的とした、過剰なSEOテクニックを駆使した施策のことで、不正と見なされペナルティの対象になります。
その多くは検索エンジンのアルゴリズムの裏を突く悪しきSEO対策であり、ネットを利用するユーザーの利便性を損なってしまうこともあるので、厳しい取り締まりが行われています。

そもそもSEOとはユーザーの利便性を向上させることが目的なので、特定のページだけを上位に表示させようとする不正なSEOは明らかに本来の検索エンジンの役割を妨害しているのです。

検索エンジン大手のGoogleのガイドラインでもこのような不正なSEOは禁止されていて、違反するとペナルティを受けることがあります。

SEOスパムの手法は?

SEOスパムの手法は、主に「転送系」「リンク系」「盗用系」「隠ぺい系」の4つに分かれます。

転送系スパム

転送系はページ誘導、不正リダイレクトなどの手法が挙げられます。
これらの手法は、ユーザーが求めるページとは異なるページに誘導することを目的としているのです。
転送設定そのものに問題があるのではなく、ユーザーが求める検索結果とは大きくかけ離れたページに誘導することが問題です。

リンク系スパム

リンク系はコメントスパム、トラックバックスパム、有料リンク、リンクファームといった手法があります。
いずれも「大量のサイトに同じリンクを貼る」「特定のキーワードをページに大量に貼る」といった行為です。
ユーザーと関わりのあるリンクではなく、単に上位表示を目的としたリンク施策はSEOスパムと見なされます。

盗用系スパム

盗用系はスクレイピング、スプログなどの手法があります。
スクレイピングは他サイトの情報を専用のコンピュータソフトを使って抽出して盗み取る手法で、「ウェブ・スパイダー」とも呼ばれます。
スプログは目的のサイト(商品など)にユーザーを誘導するために、無料ブログサービスのアカウントを大量に作り、同じ内容の情報をブログに投稿する方法です。
これはアフィリエイト系でよく見られるスパムです。

隠ぺい系

隠ぺい系は隠しリンク、隠しテキスト、隠しキーワード指定・埋め込みなどの手法があります。
これは検索を利用するユーザーの見えない部分にテキストやリンク、キーワードを埋め込む方法であり、ユーザーの意志に関係なく別のサイトに誘導するのが目的です。

なぜGoogleはスパムを嫌うのか

Googleのサービスとは「ユーザーが求める情報を、検索結果で提供すること」です。
SEOスパムによって検索結果に偏りが出ることや、ユーザーが求める検索結果が出なくなってしまうと、「なんだ、Googleって全然使えない」と思われるようになり、ユーザーは離れてしまいます。
こうなるとGoogle自体の経営に悪影響が出ます。
そうならないためにも、Googleは日夜SEOスパムを取り締まり、検索結果の品質向上に努めているのです。

これから自分でSEO対策を行う場合には、Googleが禁止しているスパム行為をきちんと理解し、それに該当しないようなサイトを構築をする必要があります。
というのも、近年のGoogleのスパム監視対策は飛躍的に厳しくなっており、SEOスパムに該当するものを設置してしまうと、スパム認定されて「検索結果から消される」「検索順位を大きく下げられる」といった処罰(ペナルティ)を受けるからです。
検索上位を目指してSEO対策を行ったのに、逆に検索結果が悪くなってしまっては本末転倒です。

どのようなSEOがスパムとして認定されるのかをあらかじめ理解した上で、スパム型に頼らない施策、Googleにスパム認定されないようなクリーンなSEO対策を実践していきましょう。

2020年7月16日監修者:根岸 雅之

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top