ブログ

サブドメインはSEOに不利なのか

サイトの運営においてはコンテンツだけでなくURL(アドレス)の作成・管理もしなければなりません。
より多くのページを作成する場合は、それだけアドレスの管理の工数が増えます。
今回の記事ではドメイン、サブドメイン、サブディレトリそれぞれの違いや使い分けのコツ、優先順位のつけ方について詳しく見ていきます。

ドメインとサブドメインとは

ドメインとサブドメインとは
ドメインの本来の意味は「領域」「範囲」などで、ネットでは主にネットワークの識別として用いられる言葉です。
ネットにおけるドメインとは、そのサイトの住所を意味します。

ルートドメイン

ネット上には「example.com」や「example.ne.jp」といったアドレス表記がよく見られますが、これがメインとなるドメインです。ルートドメインとも呼ばれます。

サブドメイン

サブドメインは「〇〇〇.example.com」のようなルートドメインの前に、もう一つ名前を付けくわえたドメインのことをいいます。
名前を変えるだけでいくつも新しいページを作れるので、用途別・目的別で複数のページを公開するときに用いられます。

サブディレクトリ

サブディレクトリは「example.com/〇〇〇」のように、スラッシュの後に名前を加えたドメインのことをいいます。
サブディレクトリは、ルートドメインの配下にある(同じ階層にある)という位置づけになります。

ルートドメイン:http://example.com/
サブドメイン:http://subdomain.example.com/
ディレクトリ:http://example.com/directory/

ルートドメインは本家、サブドメインは分家、サブディレクトリは同じ家の中にある別々の部屋、というイメージです。

Googleの見解

Googleの見解
Webサイトを公開する際、ルートドメインではなくサブドメインやサブディレクトリにすると、SEO的に不利になるのではないか?という疑問を抱く人もいます。
この点について、Googleは見解は以下の通りです。

Googleの検索エンジンは、ルートドメインもサブドメインもサブディレクトリも同等にクロールを行い評価します。
ここで重要なのが、「どういう目的・内容でコンテンツを運営していくか」によってドメインを使い分けたほうがよいということです。

Googleは「コンテンツの関連性」を重視しているので、ルートドメインと関連の深い内容でサブドメインやサブディレクトリを作成・運営する場合は、

サブディレクトリ>サブドメイン>ルートドメイン

の優先順位で作成したほうがよいでしょう。
分家、配下にある部屋が、それぞれ関連性の強いコンテンツであればあるほど評価も高くなります。

逆にそれぞれのドメイン(ページ)が独立した内容で、まったく関連性のないものとして運営する場合は、

ルートドメイン>サブドメイン>サブディレクトリ

の優先順位で作成したほうが、SEO的にもプラスに働く可能性が高くなります。

より長期的な運営でじっくりサイトを育てていきたいという場合は、本家のルートドメインを中心に据えたほうがいいので優先順位は、

ルートドメイン>サブドメイン>サブディレクトリ

となります。

その他の留意点

複数のドメインでコンテンツを運営する際の留意点について、いくつか見ていきましょう。

まずアクセス解析についてですが、サブドメインを複数作って運営する場合、それぞれ個別にアクセス解析ができるので分析しやすい反面、多すぎると解析が煩雑になることもあり、注意が必要です。

Search Consoleは、サブドメインごとに作成する必要があります。
Googleの公式発表は「個別に追跡するドメインやフォルダごと、および所有する最下位ドメインごとに別個の Search Console プロパティを作成することをおすすめします。」となっています。

新しいコンテンツテーマでサイトを作成する場合、本家サイトと関連したコンテンツなら配下にあるサブディレクトリで作成し、関連しないコンテンツなら独立した分家のサブドメインで作成したほうがよいでしょう。
関連性がより強いサイトの構築であればGoogleもそれを認識しやすくなり、関連しないコンテンツならば別々のサイトとして切り分けて管理することができます。

SEO対策という点では、自身がどういう形でサイトの運営をするか、将来的なビジョンはどうなのか、コンテンツの内容の関連性はどうなのか、これらによってサブドメインとサブディレクトリの使い分けが必要になります。

基本的には既存コンテンツと関連性が深い場合、またはテーマやターゲットが同じ場合はサブディレクトリで作成し、そうでなければサブドメインで作成するのがいいでしょう。

 

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

監修者:根岸 雅之

記事一覧

取締役社長 COO

2006年株式会社オプトにてSEMコンサルタントとして、大手企業のリスティング広告の運用に従事。

その後、サクラサクマーケティング株式会社に転職し、SEOコンサルタントとして、10年以上、100サイトの以上の顧客のWEBマーケティングのパートナーを担う。また、セールス、新規企画開発、アライアンスと幅広く従事し、2014年より取締役社長として会社を牽引。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. 【失敗から学ぶ】なぜ中小企業のWEBマーケティングは失敗するのか?vol.1:市場環境編

    サクラサクマーケティング株式会社の社長の根岸です。 今回は中小企業ならではのWEBマーケティングが苦戦する理由を弊社の顧客、また弊社自身の事例から解説していきたいと思います。 弊社では15年間にわたって、SEO施策を中心 […]...

    1. 令和時代に活躍出来るWEBコンサルタントとして押さえておくべき4つのスキル

      初めまして。アカウントコンサルティング事業部 部長の角田です。 私がサクラサクマーケティングに入社してから4年。WEB広告の多様化が進み、Googleのアルゴリズムが大きく変遷して、SEOやWEBコンサルタントに求められ […]...

      1. 【SEO検証】オリジナル画像を使うと順位が上がるのか?サクラサクラボ事例を公開!

        記事などに画像を使用する際には、PIXTAやShutterstockなどの素材画像を使用することも多いかと思います。 しかし、そのまま使ってしまうと他のサイトでも見たことのあるようなものになりやすく、オリジナル性に欠ける […]...

おすすめコンテンツ

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します

    SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、数あるWeb集客手法の中でも、検索エンジンからの成果を最大化することです。基本的にはユーザーや検索エンジンからより評価されるように、WebサイトやWebページの変更・改修を続 […]...

    1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

      ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP