ブログ

ワードプレスのSEO上のメリットと活用方法

近年、個人や企業に限らずワードプレス用いてサイトを作成、自分たちでSEO対策を行うケースが増えつつあります。
では、自社サイトにワードプレスを導入するメリットにはどのようなものがあるのか、ご存知でしょうか?

今回はワードプレスを用いてサイト作成する際のSEO上のメリットなどについて解説します。

ワードプレス(WordPress)とは

ワードプレスとは、世界で最も多くの利用者を持つCMSです。
CMSとは「コンテンツマネージメントシステム」を省略した呼び名で、Webサイトを自分で管理・更新するシステムを意味します。
様々な種類が存在するCMSの中でも、特に人気があるのがワードプレスです。

その理由として、無料で使えること、初心者でも慣れれば簡単にサイトの作成や運営が可能なことなどが挙げられます。
また、最初からある程度サイトの枠組みが出来上がっているテンプレートや、機能性を高める便利なプラグインが豊富なのことも特徴です。

ワードプレス導入のメリット

HPの管理更新が容易

一般的にホームページの作成を専門業者に依頼すると、サイトの内容を更新したい場合でも追加費用を払う必要がありますが、ワードプレスでは無料かつ、ブログの文章を変更する程度の易しさで管理や更新が行えます。
新商品の掲載や問い合わせに対する返事などスピードが求められる状況で、外部にその都度連絡して依頼するのでは、遅すぎる場合もあり得ます。
スピードの面でもワードプレスに利があると言えるでしょう。

広告が表示されない

老若男女問わず、日記感覚で気軽に使える無料ブログが人気ですが、デメリットとしてサイトに表示される広告が挙げられます。
サイトを訪問したユーザーにとって、サイトの内容と関係なく、読みたくもない広告が表示されるのは不快と言えるでしょう。
何故広告が表示されるかというと、無料でブログを提供しているため、運営費を広告料で賄う仕組みだからです。

ですが、ワードプレスは無料で使えるにも関わらず煩わしい広告表示がないので、ユーザーにとっても親切なサイトの作成が可能になります。

SEOに強い

GoogleもSEOにはワードプレスを推奨したことがあるほど、もともとSEOに強いサイト構成になっている点も見逃せません。
具体的には、記事のカテゴリ管理も容易で、さらにGoogleのガイドラインに沿った内部対策をほぼ自動で行ってくれるため、時間と効率の観点で考えても大きな魅力です。

また、初心者には難しく感じるSEOの設定を、「All in One SEO Pack」などのプラグイン(拡張機能)を使用することで、誰でも簡単にSEOの機能を高められます。

ワードプレス導入のデメリット

ここまで、ワードプレスを導入するメリットについて解説しましたが、デメリットも紹介します。

表示速度

ワードプレスは様々なプライグインを追加することでサイトを充実させ、SEOの機能を高められるメリットがありますが、拡張を続けると読み込みに時間がかかってしまい、サイトの表示速度が遅くなることもあるのです。
サイトを訪れるユーザーからすれば、表示される速度が遅いとストレスを感じて離脱してしまう確率が増えます。
無料で万能なワードプレスの抱える欠点の一つとして、表示速度が挙げられますが、速度を早くするプラグインを使うことである程度カバーできます。

不具合

時々バグ(不具合)が発生します。
バグが発生すると、不具合を改善した新しいバージョンのプラグインが開発されるので問題ありません。

まとめ

初心者でも簡単にサイトやブログを作成できることから、世界中で多くの人に利用されているワードプレス。

無料で使えるのにも関わらず広告も表示されないのでとても魅力的です。
一方、プラグインを導入しすぎると表示速度が遅くなる、ハッカーに狙われやすいなどの懸念点もあります。しかし、この問題を改善するプラグインを利用することで解決が可能です。

メリット・デメリットをよく理解し、ワードプレスをサイト構築に役立ててください。

 

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは~上位表示を実現する為のSEOとは?Googleの本質を理解し、自社サイトを強化する





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

監修者:冨田 健嗣

記事一覧

SEOシニアコンサルタント

2015年株式会社ブレインネットに営業として入社。その後2017年にサクラサクマーケティング株式会社と合併。現在はSEOのコンサルタントとして、常時20サイト以上のWEB集客の強化をサポート。

大規模メディアでのコンテンツマーケティングの成功実績を多数抱えており、現在は社内のマーケティング強化にも務めている。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. ウェブマスターオフィスアワーまとめ(2019年8月9日)

    8月9日のウェブマスターオフィスアワーが行われました。 Googleの金谷さんとあんなさんが発言した内容をまとめます。 目次 イベント告知金谷さんのツイートピックアップ10年前のサイトも検索に表示される7月から新規サイト […]...

    1. Google検索品質評価ガイドラインの要約とSEOへの活用方法

      Googleの検索品質評価ガイドラインとは、Googleが自身の検索エンジンの品質を評価するために、外部の品質評価者に向けて評価方法を説明した資料のことです。 検索品質評価ガイドラインには、Googleがどのようなページ […]...

      1. サクラサクラボ7月のツイートまとめ

        当サイトのツイッターアカウント(@sakurasakulabo)のツイートから、7月のイベントを振り返ります。 ツイッターのフォローはこちらからお願いします。 Follow @sakurasakulabo 目次 robo […]...

おすすめコンテンツ

  1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

    ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

    1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは~Googleで上位表示を実現する方法

      目次 1. SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)とは 2. SEOの現在(検索エンジン最適化≒Google最適化) 3. Google Search Consoleの活用とS […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP