SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

ライターが押さえておくべきSEOのポイント

記事コンテンツ執筆マニュアル

Webライターにとって、単に他のサイトから引用した文章を並べるのではなく、独自性の高い、読み手を引き付ける魅力的な文章を書くことは、継続的な依頼を受けるためには最低限必要な条件です。
高品質な記事を書けるだけで、執筆依頼を受ける機会も少なくありませんが、クライアントによっては、SEOを意識した記事、集客を目的にした記事の執筆を希望する場合があります。
SEOを意識した高品質な記事を書ける優秀なライターは貴重な存在でどの企業も欲しがっており、Webマーケティング業界でのニーズは高いです。
ライター経験が浅い方の中には、「SEOとか覚える必要あるの?」「サイト運営者じゃないのに?」と思う方もいらっしゃるでしょう。
ですが、サイトやブログを運営していないからSEOを覚える必要がないと言うのは誤りです。
一昔前と比べて、主婦の方やサラリーマンが副業としてライター業を行っているケースも増え、ライター自体の数も大幅に増加しています。

競争が激しくなっているライター業界で生き残るためも、SEOの知識は必要不可欠です。

本記事では、ライターが押さえておくべきSEOのポイントを解説します。

ライターが大前提として押さえておきたいこと

Webライターと言えば、「稼げない」「時給に換算したら安すぎる」などとネガティブな意見が聞こえて来ることもあります。
ですが、この認識は間違っていて、実際は企業の希望通りの記事を書けるライターは「稼げる」が正しいのです。
Googleの検索エンジンがサイトを評価する際に、コンテンツ(記事)の内容を重視する現在では、記事の質、つまりライターの質が企業の集客において非常に重要な役割を担うようになりました。
これまでは、リンクを買う外部リンクSEOを行えば検索順位で上位に表示されていましたが、アルゴリズムのアップデートによって通じなくなり、本当にユーザーが知りたい記事を記載しているサイトが上位になる仕組みに変更されたからです。

このため、ユーザーを満足させるクオリティの高い記事を執筆する優秀なライターを企業は求めています。
ですが、現在Webライターを自称する人のほとんどが、クオリティの低い記事しか書けない、どこかで見た内容を並び替えたような記事しかかけないのが現状であり、レベルの高い優秀なライターの数は圧倒的に不足しています。

それには理由があり、Webマーケティングの業界はスピード勝負、つまりいかに新しくて有益な情報を、いち早く公開することが出来るかどうかで集客数が大きく変わります。
質の高い記事を書けるスタッフを抱えていない企業が、時間をかけて優秀なライターを育成するよりも、外部のライターに報酬を払ってもでもすぐに記事を書いて欲しいと考えています。

上述したように、企業の希望通りの記事を書く優秀なライターがいれば積極的に採用したいが、優秀なライターが不足している今が、SEOの知識を身につけて稼げるライターになるチャンスです。

安い報酬の仕事をコツコツ大量に行わなくとも、価値がある文章を書ければ、ライターだけで生活できるくらいの報酬を手にすることが出来ます。

実際に覚えておきたいSEOのポイント

タイトルにターゲットキーワードを含める

記事のタイトルにターゲットキーワードを含むことはSEO施策の中でも基礎的なことです。
タイトルにキーワードを含ませることで、そのキーワードでの検索順位を高めると同時に、ユーザーが検索結果に表示されたページのタイトルから、コンテンツ内容を理解しやすくなるのです。
また、場合によってはタイトルが企業から指定されている場合もあります。
その場合は、タイトルに必ずキーワードが含まれているかを確認してみてください。
そして、ターゲットキーワード実際に検索をしてみて、どのような記事が上位に表示されているかをチェックし、そのページ内容を参考にすることで、ユーザーがどのようなことを知りたいのか理解することで、記事作りの参考になります。

コピペは厳禁

ライターとして一番やってはいけない行為はコピペです。
Web上で公開されているブログやサイト内の文章にも著作権があります。
コピペした文章を使用していると、依頼者に迷惑を掛けてしまうこと、さらにGoogleは他のサイトにないオリジナルなコンテンツを求めているので、他サイトからのコピペは絶対にNGです。
また、記事は他サイトからの引用で文章の並びだけを変えるやり方も横行していますが、ユーザーから見れば目新しさがなく、依頼者からの評価も低くなるので、必ず独自の言葉で書くことが肝心です。
キーワードを調べてコツコツ丁寧に記事を書く経験を積めば、記事自体の質も向上するうえに作業効率も高くなるので、報酬UPにも繋がります。

文字数を埋めればいいわけではない

一度でも依頼を受けた経験があるライターであれば、〇〇文字以上〇〇文字以内のように執筆する記事に文字数制限があることをご存知でしょう。
文字にボリュームがない記事は、必然的に内容が薄っぺらになってしまい、ユーザーにしてみれば価値がない記事と見なされてしまいます。
このことから、サイト運営者や企業は、記事を作成時にはある程度の文字数を求めるのです。
ですが、ライターの中には文字数を意識するあまり、同じ内容を言い方だけ変えて繰り返し、文字数を稼ぐような冗長な記事が数多く見受けられます。
文字数埋めることだけに捉われた記事は、ユーザーにも依頼者にも見破られてしまうので、依頼内容をよく理解し、ユーザーが満足する質の高い記事を丁寧に書いていくと、必然的に文字数は多くなります

まとめ

企業が求めるライターの条件は、SEO対策まで考えられた質の高い記事を執筆する知識と技術を有することです。
SEOは検索結果の上位に表示させる施策のことで、執筆した記事がユーザーに読まれる可能性、さらには企業の売り上げにも大きな影響を与えます。

ライターとして最低限押さえておきたいポイントは、タイトルにキーワードを含める、他記事をコピペせず独自の内容にすること、読みやすくユーザーの疑問に答える質の高い記事作成を心がけることなどです。

Webライターとして稼げるようになるためには、ユーザーが知りたがっていることはなにか、ユーザーがこの記事を読んでどう思うか?など、徹底してユーザー目線で記事作りを行うことです。これによって、自然とクライアントからの評価も高まり、依頼も増えるようになるでしょう。

 

記事コンテンツ執筆マニュアル

執筆者 / 監修者

SEO研究所 サクラサクラボ
SEO研究所 サクラサクラボ
サクラサクLABOでは、WEBマーケティングでもっとも重要な最新のSEO情報を提供しています。初心者の方からプロのコンサルタントの方まで、幅広くご活用ください。

その他のブログ記事

Return Top