ブログ

在宅・副業で記事作成を行うメリットと注意点

近年、クラウドワーキングの普及により、在宅での仕事や副業として記事作成を行う方が増えてきました。
特にライティングの仕事は、パソコンやタブレット、スマートフォンさえあれば気軽に仕事をスタートすることができますので、人気があります。
気軽に始められるだけに志望者も多いため、その中で依頼され続けるライターになるためには、クライアントが求めるレベルの原稿を執筆し、納品することが必要です。
今回は、在宅や副業で記事作成を行う際のメリットと、注意すべき点についてご紹介します。

在宅・副業で記事作成を行うメリット

記事作成の仕事は、パソコンやタブレットさえあれば場所や時間を問わず仕事ができるため、会社勤務とは違い拘束時間もなく非常に魅力的です。
クラウドソーシングを利用して仕事をすれば、空いた時間を利用して、家に居ながら納品まで完了することができます。

在宅・副業で記事作成を行う時のポイント

「在宅で仕事をする」「副業で記事作成を行う」等、いつ・どこでも仕事ができるメリットがクローズアップされがちですが、注意すべきこともあります。
在宅や副業で記事作成を行う際に、心得ておくポイントについて見ていきましょう。

自分を律すること

まず考えなくてはいけないのは、自身のコントロールです。
仕事をする時間も場所も問われないということは、逆に自分を律することができないと、継続した仕事の獲得が難しくなります。
また、他のウェブサイトや書籍からの盗用、コピぺ等で文章を作成するのはもちろんNGです。
自分一人で仕事をするということは、管理・チェック機能が無いのと同じですので、真摯な姿勢で、妥協無く仕事に取り組むことが大切です。

自分の得意なテーマを作る

「教育関連記事に強い」「不動産関連なら、知識が豊富」など、自分が得意とする分野を作ることが、ライターとしての強みになります。
「エンジニアの経験を活かして、記事を書きたい」「営業経験を活かして、コンサルタント的なコラムを書いてみたい」など、今までの仕事で培ってきた知識や経験を活かして挑戦してみてください。
仕事を依頼する側も「このテーマの記事作成なら、このライターに」と認識してくれるようになるでしょう。

納品形式に柔軟に対応できるように

納品には、さまざまな形式を指定されることがあります。依頼主からの条件をしっかりと守り、原稿を納品することがライターとして活躍していく上での基本と言えるでしょう。
ワードファイル、テキストファイル、フォントの種類やフォントサイズ、大見出し、小見出しの作り方、文字数など、執筆する上でライターが困らないように細かなレギュレーションが設定されており、原稿の依頼とともに条件が送られます。
ライターには、どんなレギュレーションにも対応して記事作成を進めていくスキルが求められています。

まとめ

在宅・副業で記事作成を行う上でのルールに、特別難しいものはありません。
大切なのは「クライアントは今、どのような記事を求めているか」をしっかりと理解し、その意図に沿った記事作成を行うことです。
レギュレーションに従い、求められた形式で納品するといった、基本に忠実で良い記事を書けるライターを企業は求めています。







無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. コンテンツマーケティングとは?その特徴と成功事例、社内でできる方法も合わせて解説します

    ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. 観測ワード数50倍!超大型サイトの健康状態を瞬時に把握可能になったアイスタイル様(@cosme)事例

        大規模なサイトを運営するweb担当者が抱えるミッションには、「サイトの健康状態をいかに明瞭に把握できるか」、「いかに社内共有しやすい環境を作るか」といった点が挙げられるでしょう。特にサイトの規模が大きければ、それだけ自然 […]...

おすすめコンテンツ

  1. モバイルファーストインデックス(MFI)とは?導入時期や必要な対策まとめ

    2016年11月、Googleウェブマスターブログから、モバイルファーストインデックスMFI)についての取り組みを紹介するブログが公開されました。 Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト イ […]...

    1. Googleの順位変動が起こる原因と必要な対策(2017年版)

      2017年に入って以前にも増してGoogleの順位変動が大きくなっています。 これまで安定していた順位が下落し、ひどい時には圏外まで急落するなどの経験をされたWeb担当者さまもいると思います。 すでにSEOにおいてはこの […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP