ブログ

サイトリニューアルを行う際のSEOポイント

サイトリニューアル時のSEOポイント

新たな情報を発信したい時や、トレンドを踏まえたWebデザインにしたい時など、Webサイトのリニューアルをするシーンは多々考えられます。
サイトリニューアルではデザインやコンテンツに意識を向けることが多い反面、SEOが疎かになってしまうことも珍しくありません。

また、サイトへのアクセス数を増やしたいと考えてリニューアルに踏み切る方も少なくありませんが、リニューアルをしただけでアクセス数を劇的にアップさせることは難しいと言えるでしょう。
むしろアクセスが減ってしまったり、様々なキーワードの検索順位が下がってしまうことも考えられます。

アクセスが落ちることのないように、サイトリニューアル時の阻害要因を減らす必要があります。
ここではサイトリニューアル時における注意点を以下にまとめましたので、参考にしてみてください。

リニューアル時の注意点

一度に大規模な改修はしない

サイトのデザインやコンテンツを一気に変えたいと考えがちですが、SEOの観点から考えるとあまりおススメしません。
URLやコンテンツ、デザイン等の変更を一度に行ってしまうと、Googleがその変更を理解するまでに少なからず時間がかかってしまい、結果的に検索順位を下げてしまう恐れがあります。
一度に改修する要素は極力減らしておいた方が無難と言えるでしょう。

できればURL変更はしない

可能な限り、URLの変更はしないほうが無難です。
どうしてもURLの変更が必要であれば、必ず新しいWebサイトにリダイレクトを設定してください。
新しいページにリダイレクトされるようにしておかない場合、旧URLにアクセスしてきたユーザーを誘導できないばかりか、ページがなくなったことを検知したGoogleが検索順位を著しく下げてしまうことが考えられます。

リニューアル前に多くのアクセスを獲得できていたページには、特に慎重に対処する必要があります。
Google Analytics等のツールで確認し、リニューアルした後に404が表示されないよう、必ず対応できるページを準備しておきましょう。
リニューアルして公開した後には、新URLを記載したxmlサイトマップを作成し、Search Console上で送信するか、Fetch as Googleでクロールのリクエストをしておくことをおススメします。

なお、httpからhttpsに移行するだけでも、GoogleにとってはURLの変更にあたります。デザイン等のリニューアルと同時にhttps移行をするのは避けることがおすすめです。

クローラー周りの設定を見直す

クローラーを拒否するような設定になっている、またはnoindexが入っていると、検索順位を下げてしまうばかりか、検索結果に表示されなくなる恐れがありますので、確認が必要です。
また、リニューアル中にメンテナンスを知らせるケースではステータスコード503を設定します。404や200の設定にしないように注意してください。

せっかくのリニューアルでアクセスを減らさない

サイトリニューアルの理由はそれぞれだと思いますが、リニューアル後にアクセスを落としてしまっては意味がありません。
実際に、リニューアルしたにも関わらずアクセスが減ってしまい、結果的に売上が大きく落ち込んでしまったというケースもあります。
リニューアルの際には、SEOについてもきちんと意識を向ける必要がありますし、SEOを考慮していればアクセス減を回避できるでしょう。

今後サイトリニューアルの予定がある方は、こちらでご紹介した内容を参考にしてみてください。

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

監修者:根岸 雅之

記事一覧

取締役社長 COO

2006年株式会社オプトにてSEMコンサルタントとして、大手企業のリスティング広告の運用に従事。

その後、サクラサクマーケティング株式会社に転職し、SEOコンサルタントとして、10年以上、100サイトの以上の顧客のWEBマーケティングのパートナーを担う。また、セールス、新規企画開発、アライアンスと幅広く従事し、2014年より取締役社長として会社を牽引。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. ウェブマスターオフィスアワーまとめ(2019年11月6日)

    2019年11月6日にウェブマスターオフィスアワーが行われました。 Googleの金谷さんとあんなさんが発言した内容をまとめます。 今後のイベント 11/23 ウェブ解析士会議2019 in Osaka 11/25 We […]...

    1. サイトリニューアルで失敗しない為のSEOチェックポイント

      制作してから年月が経過したWebサイトでは、リニューアルを行うケースもあるかと思います。 メインとする目的は様々でしょうが、その際、検索流入を失いたくないというのはすべてのWeb担当者が持つ共通の思いでしょう。 この記事 […]...

      1. インスタグラムの公式な投稿埋め込み方法がSEOに不向きな理由

        ブログやWebサイトだけでなく、インスタグラムやtwitterなどのSNSを運営していて、ブログ上でSNSの紹介や、逆にSNS上でブログの紹介をされる方も多いかと思います。 ブログ上でSNS投稿を紹介する場合、投稿埋め込 […]...

おすすめコンテンツ

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します

    SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、数あるWeb集客手法の中でも、検索エンジンからの成果を最大化することです。基本的にはユーザーや検索エンジンからより評価されるように、WebサイトやWebページの変更・改修を続 […]...

    1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

      ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP