SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

サイトリニューアルを行う際のSEOポイント

サイトリニューアル時のSEOポイント

新たな情報を発信したい時や、トレンドを踏まえたWebデザインにしたい時など、Webサイトのリニューアルをするシーンは多々考えられます。
サイトリニューアルではデザインやコンテンツに意識を向けることが多い反面、SEOが疎かになってしまうことも珍しくありません。

また、サイトへのアクセス数を増やしたいと考えてリニューアルに踏み切る方も少なくありませんが、リニューアルをしただけでアクセス数を劇的にアップさせることは難しいと言えるでしょう。
むしろアクセスが減ってしまったり、様々なキーワードの検索順位が下がってしまうことも考えられます。

アクセスが落ちることのないように、サイトリニューアル時の阻害要因を減らす必要があります。
ここではサイトリニューアル時における注意点を以下にまとめましたので、参考にしてみてください。

リニューアル時の注意点

一度に大規模な改修はしない

サイトのデザインやコンテンツを一気に変えたいと考えがちですが、SEOの観点から考えるとあまりおススメしません。
URLやコンテンツ、デザイン等の変更を一度に行ってしまうと、Googleがその変更を理解するまでに少なからず時間がかかってしまい、結果的に検索順位を下げてしまう恐れがあります。
一度に改修する要素は極力減らしておいた方が無難と言えるでしょう。

できればURL変更はしない

可能な限り、URLの変更はしないほうが無難です。
どうしてもURLの変更が必要であれば、必ず新しいWebサイトにリダイレクトを設定してください。
新しいページにリダイレクトされるようにしておかない場合、旧URLにアクセスしてきたユーザーを誘導できないばかりか、ページがなくなったことを検知したGoogleが検索順位を著しく下げてしまうことが考えられます。

リニューアル前に多くのアクセスを獲得できていたページには、特に慎重に対処する必要があります。
Google Analytics等のツールで確認し、リニューアルした後に404が表示されないよう、必ず対応できるページを準備しておきましょう。
リニューアルして公開した後には、新URLを記載したxmlサイトマップを作成し、Search Console上で送信するか、Fetch as Googleでクロールのリクエストをしておくことをおススメします。

なお、httpからhttpsに移行するだけでも、GoogleにとってはURLの変更にあたります。デザイン等のリニューアルと同時にhttps移行をするのは避けることがおすすめです。

クローラー周りの設定を見直す

クローラーを拒否するような設定になっている、またはnoindexが入っていると、検索順位を下げてしまうばかりか、検索結果に表示されなくなる恐れがありますので、確認が必要です。
また、リニューアル中にメンテナンスを知らせるケースではステータスコード503を設定します。404や200の設定にしないように注意してください。

せっかくのリニューアルでアクセスを減らさない

サイトリニューアルの理由はそれぞれだと思いますが、リニューアル後にアクセスを落としてしまっては意味がありません。
実際に、リニューアルしたにも関わらずアクセスが減ってしまい、結果的に売上が大きく落ち込んでしまったというケースもあります。
リニューアルの際には、SEOについてもきちんと意識を向ける必要がありますし、SEOを考慮していればアクセス減を回避できるでしょう。

今後サイトリニューアルの予定がある方は、こちらでご紹介した内容を参考にしてみてください。

2020年11月27日ねぎお社長 (根岸雅之)

執筆者 / 監修者

ねぎお社長 (根岸雅之)
ねぎお社長 (根岸雅之)
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top