ブログ

SEOではスマホページにパンくずリストは必要?

パンくずリストの役割

Webサイト制作やSEO対策において、「パンくずリスト」は非常に重要です。

一般的なWebサイトの場合、トップページだけでなく複数のページで構成されているため、検索からアクセスしたページが必ずしもトップページとは限りません。

このようなでもユーザーが現在地を把握できるようにナビゲーションのような存在が、パンくずリストです。
パンくずリストを確認することで、何のカテゴリに属するページにアクセスしているのかを知ることができます。また、Googleにもサイト内ページの位置関係を伝える役割を果たします。

パンくずリストについて、スマホページに必要かどうか、という疑問を持たれる方もいるかと思います。
ここからはSEOの観点から、スマホページでのパンくずリストの必要性についてお話しします。

スマホページでのパンくずリストの必要性

スマートフォンはPCと比較すると、画面に表示できる情報量が限られます。
PCページはパンくずリストを表示することは必要ですが、スマホページでは難しい場合があります。。
無理やり詰め込んで表示するのはビジュアル的に見づらくなってしまいますので、特にスマホ専用ページでは、パンくずリストを省いているケースも少なくありません。
しかし、スマホページにパンくずリストは必要ない、というわけでもないのです。

スマホの普及率が高い今だからこそ、SEOではモバイルファーストインデックスを意識する必要があります。

モバイルファーストインデックス(MFI)とは

PCページではなく、モバイル(スマホ)ページを評価の対象にする施策のことです。
これまでGoogleはPCサイトのページの内容を評価して順位を決定していましたが、スマホユーザーの増加により、スマホサイトを評価の主軸にすることに決定しました。
これがモバイルファーストインデックスです。
今後はPCサイトではなく、スマホサイトのコンテンツがランキング要因に影響することになっています。
※実施時期は未定です。

モバイルファーストインデックスを見据えたスマホページのパンくずリスト

パンくずリストがあることで、ユーザーだけでなくGoogleにもページの位置関係を伝えることができるため、SEOにも効果があると考えられています。
となると、当然スマホページにもパンくずリストを設置した方が良いということになり、今後はモバイルファーストインデックスが主軸となるため、尚更必要と言えるでしょう。

ビジュアル的な問題や、使い勝手を考慮する際は、CSSでスライド式にする等して解決できます。

可能であればパンくずリスト設置に合わせて構造化データでも記述しておくことをおすすめします。

今すぐ対応するべきかどうか

今後さらにスマホユーザーは増加すると考えられますし、検索の主体もスマホになるでしょう。
いつMFIがスタートしてもいいように、できるだけ早めに対応しておくに越したことはありません。

パンくずリストがあるとユーザーがどの階層にいるのかを把握でき、クローラーに階層構造を伝えることができるため、内部SEOとしても有効です。
設置によりユーザビリティに悪影響が無いように、スマホページにも設定することが有効だと言えるでしょう。

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは~上位表示を実現する為のSEOとは?Googleの本質を理解し、自社サイトを強化する





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

監修者:山口 真司

記事一覧

SEOシニアコンサルタント

学生時代、広告人材会社と起業家コンサルティング会社でインターンを経て2017卒としてサクラサクマーケティングの新卒1期生として入社。
SEOコンサルタントとしてインターン時代から案件を持ち、大手ポータルサイト等大型案件を中心に常時20サイト以上のクライアント様のWebマーケティング成功に注力。

サクラサク期待のエースとして、お客様のサポートだけでなく、社内業務効率化も取り組み日々奮闘中。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. 弊社社長、根岸がSEOの漫画になりました!

    マンガマーケティングの領域において3000件近くの実績を誇る 株式会社シンフィールドさんとの コラボレーション企画で、弊社社長の根岸のインタビューを漫画にして頂きました。 弊社同様、マンガを作成頂きたい方は、こちらからお […]...

    1. Google検索品質評価ガイドラインの要約とSEOへの活用方法

      Googleの検索品質評価ガイドラインとは、Googleが自身の検索エンジンの品質を評価するために、外部の品質評価者に向けて評価方法を説明した資料のことです。 検索品質評価ガイドラインには、Googleがどのようなページ […]...

      1. サクラサクラボ8月のツイートまとめ

        当サイトのツイッターアカウント(@sakurasakulabo)のツイートから、8月のイベントを振り返ります。 ツイッターのフォローはこちらからお願いします。 Follow @sakurasakulabo 目次 8月の変 […]...

おすすめコンテンツ

  1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

    ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

    1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは~Googleで上位表示を実現する方法

      目次 1. SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)とは 2. SEOの現在(検索エンジン最適化≒Google最適化) 3. Google Search Consoleの活用とS […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP