SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

よくある質問(FAQ)構造化データの記述方法とサンプル

よくある質問(FAQ)はその名のとおり、よくある質問とその回答をマークアップする構造化データですが、一問一答形式のインタビューのようなコンテンツもマークアップすることができます。

構造化データサンプル

以下はJSON-LDによるマークアップのサンプルです。
質問と回答の数だけマークアップを複製し、サンプルの質問回答のテキスト部分を適宜編集してお使いください。

<script type="application/ld+json">
    {
      "@context": "https://schema.org",
      "@type": "FAQPage",
      "mainEntity": [{
        "@type": "Question",
        "name": "これは質問です",
        "acceptedAnswer": {
          "@type": "Answer",
          "text": "これは回答です"
        }
      }, {
        "@type": "Question",
        "name": "特筆すべき点はありますか?",
        "acceptedAnswer": {
          "@type": "Answer",
          "text": "<p>回答部分にはpやulやaタグなどのHTMLタグを使うことができます。詳しくは<a href=\"https://developers.google.com/search/docs/data-types/faqpage?hl=ja\">こちら</a>。適宜エスケープが必要です。</a></p>"
        }
      }, {
        "@type": "Question",
        "name": "注意点はありますか?",
        "acceptedAnswer": {
          "@type": "Answer",
          "text": "複数のページに全く同じFAQ構造化データをマークアップするとガイドライン違反となってしまうのでそうならないように注意しましょう。"
        }
      }]
    }
    </script>

構造化データについては以下の記事をご覧ください。

構造化データとは?~HTMLを構造化する前に知っておきたいこと~
リッチリザルトの種類と構造化データの設定方法

リッチリザルトプレビュー

構造化データが認識されてリッチリザルトとして表示された場合、検索結果には以下のように表示されます。

FAQリッチリザルト例

デフォルトの状態では質問のみが表示され、回答部分は隠れているので、ユーザーがクリックすると回答部分が表示されます。

FAQ構造化データやリッチリザルトのメリット

FAQリッチリザルトはクリック率が非常に高いリッチリザルトであるとのこと。
流入数を高めることができる可能性がありますので積極的に導入したいところです。
ただし、2021年6月頃、表示される質問数が2つほどの制限されてしまったようです(上記キャプチャ参照)。この仕様がテストでない場合は、以前と比べてクリック率にも影響が出る可能性があります。

一方で、導入により流入や問い合わせが減った事例もあるとのことです。
これは、FAQリッチリザルトによりユーザーの疑問が解消できたという側面があり、簡単な質問への対応にオペレーターの工数を割かなくてよいというということで、これもメリットであると考えられます。

いずれにしても、導入後は表示回数やクリック数を注意深く見ることをおすすめします。

FAQ構造化データやリッチリザルトに関する注意点

FAQ構造化データの回答部分にはHTMLが使用可能です。必要に応じてp, a, ulなどのタグを使用しましょう。
ただし、ダブルクォーテーションなどを使用する場合にはエスケープを併用するようにします。

また、同じFAQ構造化データを複数ページに挿入すると、構造化データ/リッチリザルトのガイドラインに違反してしまいますので注意しましょう。

なお、構造化データマークアップを行ったからといって、必ずしもリッチリザルトに表示されるわけではありません。

執筆者 / 監修者

サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。

3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

◇ 情報発信
ねぎお社長のWEBマーケティングチャンネル
ねぎお社長Twitter
ねぎお社長Facebook
ねぎお社長Instagram
ねぎお社長linkedin
ねぎお社長note

◇ 掲載メディア
リスティングプラス様 - 【最新版】SEOコンサルティングのプロが語る、今後中小企業が取り組むべきSEO対策
シンフィールド様 - サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長COO根岸 雅之氏に聞いた!SEO対策で最も重要なことを教えてください!

◇ 共催セミナー歴
オウンドメディアの成功事例とSEOを支える運用型広告の活用
今日から始められるWebマーケティング~コンテンツマーケティングとGoogle マイビジネス~
GMO TECH × サクラサク共催セミナー~テクニカルSEOとコンテンツマーケ~
リモート環境下においても売上・利益が成長し続ける組織創りと営業戦略

その他のブログ記事

Return Top