SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

タイトルタグとは?SEO対策で押さえておくポイント

Webコンテンツを作成する上で「タイトル設定」は最も重要なものの一つといってもいいでしょう。しかし単にタイトルをつけるだけではSEO対策にはなりません。

検索上位表示を狙えるタイトルの作り方はどういうものなのか、アクセスアップにつながるタイトルとはどういったものなのか。今回はタイトルタグについての基本知識から、SEO対策を踏まえた効果的なタイトルのつけ方についてお話しします。

タイトルタグとは

タイトルタグとは、そのWebページのタイトルを設定するときに使うHTMLタグのことです。

例えば、あるページのタイトルを「クリスマスのプレゼント特集」にしたい場合、タイトルタグのなかに「クリスマスのプレゼント特集」と記述することで、そのページのタイトルを設定することができるのです。
設定されたタイトルは、検索を行ったときの検索結果一覧に表示されます。

ページにタイトルをつけないことは、SEOの観点からは致命的な状態です。というのも、検索エンジンはこのページタイトルを最も重視しているからです。ページタイトルの見当たらないサイトは検索エンジンに評価されず、検索で上位に表示されることも望めない状況になります。

検索を行ったときにいちばん最初に目に入ってくるのがページの「タイトル」です。このタイトルをいかにキャッチーなものにできるかがSEO対策において大事な要素といえます。

タイトルタグ設置のポイント

タイトルタグ設置とセットになって考えられるのが「ページの概要説明文」です。

検索表示ではタイトルの下部にページの説明文が表示されます。ページの説明文はmeta descriptionタグを記述することで表示させることができますが、注意したいのが「ページの概要説明文は検索順位にほとんど影響しない」ということです。ユーザー視点からはページの説明文の表示は必須ですが、実際に検索エンジンに大きな影響を与えるのはタイトルタグであることを知っておいてください。

しかし、meta descriptionの内容を疎かにしていいということではありません。なぜなら、ユーザーはタイトルと概要説明文の両方を見てクリックするかどうかを判断するからです。検索表示が上位でもクリックされなければアクセスは増えません。

つまりユーザーがクリックするかどうかを判断する基本要素は、タイトル(titleタグ)とページの説明文(meta descriptionタグ)の二つであるということです。

SEO対策においては、タイトルとページの説明文によって、いかにユーザーの興味や関心を引き付けてクリックを誘うかがポイントになります。

タイトルタグ設置の注意点

タイトルタグを設置する上での注意点や、効果的なキーワードの含め方について説明していきます。

ヒットさせたいキーワードを必ず含める

ユーザーはキーワードを入力して、求めている情報を検索します。自分が欲しい情報と合致したタイトルを見つければ当然クリックする可能性は高くなるでしょう。
またGoogleの検索エンジンはタイトルに含まれているキーワードを認識して「そのページはどんな内容を伝えるものなのか」をある程度判断します。
以下のaとbのタイトルを比べてみてください。

a.「サクラサクマーケティング株式会社」
b.「サクラサクマーケティング株式会社|SEO対策・コンテンツマーケティング専門企業」

aは何の会社であるか分かりませんが、bはその会社が何を専門にしているかが一目で分かります。

ユーザー視点、検索エンジン視点からも適切なキーワードをタイトルに含めることは、基本中の基本です。

同時に検索されやすいキーワードも含める

また、メインとなるキーワードだけでなく、そのキーワードと関連性の深いものや、同時に検索されやすいワードを一緒に含めることでクリック率も高くなります。

例えば「クリスマスケーキの作り方」というタイトルだけでは味気なく、他のワードとの関連性も薄いです。このタイトルを、「簡単!クリスマスケーキの作り方 おすすめレシピランキング」に変えることで、それだけ検索ヒットの幅も広がります。

タイトルは長すぎないこと

Googleの性質上、タイトルが長すぎると検索したときに説明が省略されてしまうことがあります。また、あまりにも長いタイトルはユーザーの気持ちを萎えさせ、クリック率を下げる傾向もあります。的確かつキャッチーで、ポイントを押さえた適度な文字数のタイトルを心がけましょう。具体的には20~30文字が目安です。

見栄えのする記号の使用も重要

【】・|・!といった記号や、具体的な数字を使うことで、より目立ち、クリック率も上がります。

例えば、「【2018最新ランキング】おすすめのクリスマスプレゼント!」のようなタイトルにすると、キーワードも目立ちます。

検索表示で上位にきているサイトが、どのようなタイトルのつけ方をしているかをチェックすれば大いに参考になるはずです。

タイトルタグの中身をいかに工夫するかによって、クリック数や検索評価も大きく変わります。もちろんタイトルタグを工夫するだけで検索表示が一気に上位になるというわけではありませんが、基本を疎かにするとそれが致命的な欠陥となり、評価されません。どうすればクリック率の高いタイトルタグを設置できるかを日頃から検討していきましょう。

2020年7月8日監修者:根岸 雅之

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top