SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

Google SEOで効果的なタイトルの文字数とは

タイトルタグとはHTMLタグの1つであり、ウェブサイトもしくはそれぞれのページのタイトルを記述するタグです。
検索エンジンのクローラーがページに訪れたとき、そのページの内容を認識する大きな要素の一つとなっています。

タイトルタグのSEOでの重要性

以前に比べてGoogleはタイトルタグにキーワードが含まれていなくても上位表示させるケースが増えており、SEOにおける重要性はやや低下しているものの、依然としてランキングに大きな影響を持っており最適化すべき項目の1つです。

ユーザー目線で考えても、タイトルタグは検索結果一覧ページにおいてもスニペット(概要文)とともに表示されるため、まず最初に目にする部分です。
検索ユーザーは求める情報がそのページにあるかどうかを主にタイトルタグで判断するため、ここを手抜きしてしまうとユーザーの訪問(クリック)を促すことができません。

タイトルタグの文字数は32文字を目安

タイトルタグは、ただ魅力的にすればいいというわけではありません。
SEOの観点で、最適な文字数を理解しておく必要があります。

SEOを考慮したタイトル文字数は、32文字以内に収めるのが良いと言われています。
タイトルタグは、検索したときにまず目に飛び込んでくる文字ですが、あまりにも長すぎると後半は省略されてしまい、全てが表示されません。
重要な部分が表示されなければ、検索ユーザーにページの内容を伝えきれないおそれがあるため、なるべく32文字以内に収めることをおすすめします。

ただし、32文字というのはあくまで目安で、何文字までが表示されるかはGoogleの仕様変更により変わる可能性があります。

そのため、32文字を超えてしまう場合であっても無理に収めようとせず、重要な対策キーワードをタイトルの前半に配置しユーザーから見えるようにしておくという施策も考えられます。
実際のところ、キーワードはタイトルの後ろのほうに入れるよりも前に入れたほうがよいという結果があります。

わかりやすいタイトルタグの設定を

文字数以外の考慮すべきポイントとして、ページ内容を端的に伝えられるタイトルタグであるかどうか、ということがあります。
効果的なタイトルタグを考えるとき、「わかりやすさ」は重要なポイントです。

検索エンジンにわかりやすく

タイトルタグを考えるときには、まず検索エンジンにとってわかりやすいことが大切です。
キーワードを含み、なるべく短いタイトルのほうが、キーワードとWebページとの関連性をより端的に伝えられます。

ユーザーにもわかりやすく

また、ユーザーにとってもわかりやすいタイトルにする必要があります。
ユーザーが見たときに、ページ内容のイメージがわかりにくいタイトルだとクリックされません。

適切なタイトル設定でサイトへの流入数向上を!

ページタイトルは検索順位やCTRにも影響するSEO上非常に重要な要素です。

記事のテーマやユーザーインテントを満たすのに最適なタイトルを設定することで、実際に順位が上がったケースもございますので、改めて設定を見直してみることをおすすめいたします。
もし第3者のアドバイスが欲しい場合は、無料相談会へお申し込みください!
弊社のコンサルタントがアドバイスをいたします!

無料相談会へのお申し込みはコチラ

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top