SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

関連語検索調査ツールと共起語検索調査ツールのご紹介

本稿では、弊社でリリースしているサクラサクラボの関連語検索調査ツールと共起語検索調査ツールのご紹介を致します。両ツール共、キーワードマーケティングの領域において幅広く活用することが出来、リリース以来多くのユーザーにご活用頂いています。

関連語と共起語の概要を説明した上で、各ツールの仕様について解説します。

この記事の目次

 

関連語と共起語とSEO

関連語とは?

関連語とは、検索エンジンに入力されたキーワードを元にサジェスト表示される関連キーワードのことです。 そしてサジェスト機能とは、下記の画像のようにキーワードを入力する度にキーワード候補を予測変換してくれる機能のことを言います。

サジェスト機能イメージ画像

サジェスト機能で表示されるキーワードは、各ブラウザの検索エンジンのアルゴリズムでユーザーが検索するキーワードを集計し、表示させる仕組みになっています。

つまり、ユーザーがサジェスト機能で表示されているキーワードで検索する可能性が高いことから、関連語を分析することにより記事のタイトルの設定や、どのような内容の記事を書くべきか、ネタを決める参考材料として活用できます。

共起語とは?

共起語とは、co-occurrenceという英語を和訳した言葉で、一概に説明することが難しいのですが、特定のキーワードと関連性が高く、同時に使用される割合が高いキーワードのことを共起語と本記事では捉えております。

例えば「焼肉」というキーワードであれば、「松坂牛」や「熟成肉」「牛タン」等が共起語と捉えることができるかと思います。

弊社の共起語検索調査ツールではこのように特定のキーワードを説明する際に頻繁に同時に使用されるキーワードを抽出することができます。

関連語検索調査ツールと共起語検索調査ツールのご紹介

関連語検索調査ツール

関連語検索調査ツールは、入力したキーワードの関連ワードを抽出することで、
関連語を取得するツールです。
Google/Yahoo/Bing等の検索エンジンの関連語を一括取得し、関連語データを出力します。

ツールはサクラサクLABOへの無料会員登録を行うことでご利用可能となります。
※画像をクリックすると関連語検索調査ツールへアクセスします。

関連語検索調査ツールの活用事例

関連語検索調査ツールの活用方法について紹介します。関連語を調べたいキーワードを入力し、調査開始ボタンを押します。すると、関連語の調査結果が一覧で出力されます。例として、「焼肉」というキーワードを入力して調査すると、以下のように関連語が出ます。

関連語を文章中に含めることで、より広範囲のキーワードからの検索流入が見込めます。メインとなるキーワードだけでなく、その関連語を幅広く盛り込めば、一つのコンテンツからのWeb集客効果の最大化が期待できます。

 

共起語検索調査ツール

共起語検索調査ツールは、入力したキーワードと併記されることの多いワードを抽出し、共起語データを生成するツールです。
Google/Yahoo の検索結果上位ページのコンテンツで形態素解析を行い、頻出する語を共起語として表示しています。

ツールはサクラサクLABOへの無料会員登録を行うことでご利用可能となります。

※画像をクリックすると共起語検索調査ツールへアクセスします。

共起語検索調査ツールの活用事例

共起語検索調査ツールも、関連語検索調査ツールと同じように使用出来ます。共起語を調べたいキーワードを入力して調査開始ボタンを押すと、検索結果上位ページの共起語一覧を取得出来ます。下記は「焼肉」の共起語の一例です。

 

まとめ

本稿では、共起語と関連語のご説明、弊社の関連語検索調査ツールと共起語検索調査ツールのご紹介を致しました。

キーワードマーケティングやブログのコンテンツ作成に役立つ「関連語検索調査ツール」「共起語検索調査ツール」をぜひ、ご活用ください。

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )
Return Top