SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

サイトリニューアル時に便利!リダイレクト&ステータスコードチェックツールのご紹介

リダイレクトの内容やソフト404の有無をチェックするときに便利なツールです。ステータスコードとはサイトの状態を表す3桁の数字(コード)のことで、詳しくはWEBマーケティング用語集のステータスコードを参考にしてください。

リダイレクト&ステータスコードチェックツール

1.どんな場面で使用できるのか?

1-1.サイトのリニューアル時に正しくリダイレクトされているかを確認

たとえばサイトをリニューアルして、古いURL「http://abc.com」から新しいURL、「http://def.com」に変更した場合を考えてみましょう。
この場合、何も設定しなければ「http://abc.com」はインデックスから削除されてしまいます。
当然、これまで積み上げてきたサイト評価もゼロになってしまいます。
新しいURL「http://def.com」を評価ゼロの状態から始めなければいけないのです。

そこで多くの場合、検索エンジンからの評価を引き継ぐために「301リダイレクト」で古いURLから新しいURLに恒久的にリダイレクト(転送処理)されるように設定します。
リダイレクト&ステータスコードチェックツールでは、そのリダイレクトが正常に設定されているのか、確認できます。
「301」という表示されれば、正常に設定が完了しています。

1-2.ソフト404をチェックする

ソフト404は、通常の404エラーと同じような表示(「ページが見つかりません」)をします。
しかし、返ってくるステータスコードは「200」になっています(200は問題ない場合のステータスコード)。見た目は404エラーのようですが、リクエストは正常に処理されているという、矛盾した状態です。

このソフト404はサイトの評価を著しく下げることはないようですが、これが慢性的に、しかも大量に生成されているなら、サイト評価に悪影響が出ないとも言い切れません。

【参考】
ソフト404が原因でGoogleにペナルティを受けることはあるのか? | 海外SEO情報ブログ
https://www.suzukikenichi.com/blog/does-google-penalize-your-site-for-having-soft-404/

ソフト404の調べ方ですが、サイトの既に存在しないURLをリダイレクト&ステータスコードチェックツールに入力します。そして調査開始ボタンを押します。

「404」とコードが表示されれば問題ありませんが、もし「200」と表示されたなら、ソフト404の疑いがあります。

1-3.vary httpヘッダーの確認にも!

vary httpヘッダーとは、「このページは○○の種類によって表示内容が変わります」という情報を示すものです。
○○の部分はユーザーエージェント(UA)を設定する場合がほとんどです。

PCサイトとモバイルサイトを同一URLで切り替えている場合、.htaccessにHeader set Vary User-Agentを追記するだけで設定ができます。

ステータスコード例 画像

リダイレクト&ステータスコードチェックツールで確認し、very httpヘッダーの設定が正常に完了している状態です。

2.ボタンクリックひとつで簡単にチェックできる

リダイレクト&ステータスコードチェックツールの使い方は簡単です。
「URL:」の入力欄に、調べたいサイトのURLを入力します(httpまたはhttpsから始まる形式で入力してください)。

リダイレクト&ステータスコードチェックツール 入力例画像

そして、赤い調査開始ボタンをクリックします。

リダイレクト&ステータスコードチェックツール 入力例画像

対象URLのステータスコードが表示されます。この場合、ステータスコードは「200」で、特に問題のない状態です。

会員登録してログインすれば複数URLを一括で調査可能

サクラサクLABOに会員登録されている方なら、ログインすれば複数URLのステータスコードを一括で最大30URLまで表示できます。

リダイレクト&ステータスコードチェックツール 入力例画像

URLは改行区切りで入力します。この状態で調査開始ボタンを押せば一括でステータスコードが表示されます。

リダイレクト&ステータスコードチェックツール 入力例画像

今回はサクラサクLABOで無料公開しているリダイレクト&ステータスコードチェックツールについて簡単にご紹介しました。
リニューアル時やステータスコード状況を調査する際に、是非、ご活用ください。
今後、その他のツールについても紹介していきます。

リダイレクト&ステータスコードチェックツールはこちら
https://www.sakurasaku-labo.jp/tools/status_code

執筆者 / 監修者

監修者:根岸 雅之
監修者:根岸 雅之
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top