ブログ

URLパラメータを用いる際のSEO上の注意点

URLパラメータとは

URLパラメータとは情報をサーバーに送るときにURLへ付け加える変数のことを指します。
URLだと「?」以降がパラメータ部分になります。

パラメータ部分にも意味があり、値が違うと表示される内容が変わる場合(たとえばカテゴリなど)もあれば、値が違ってもコンテンツが変わらないパラメータ(たとえばアクセス解析用のパラメータなど)もあります。

動的URLと静的URL

URLパラメータの話をする上で動的、静的URLの理解は欠かせません。
まず、動的URLとはURLの中に?や&が含まれているものを指します。
パラメータの名前と値が組み合わされた形で生成されているURLのことです。
http://example.com/index.php?foo=1&bar=2

一方で静的URLは?や&が含まれません。
http://example.com/index.html

次に、この動的URLや静的URLがSEOにどのように関わってくるのかについてお話するとしましょう。

SEOとパラメータ

動的URLと静的URLとではどちらがSEOの観点から有利になるのかという疑問を持たれている方もおられるでしょうが、SEO上の優劣はほとんどないと言われています。

ただ、URLパラメータを使った動的URLを疑似的に静的URLに変更できるものの、Googleとしてはパラメータ付きの動的URLを好むと言われています。

従来だと静的URLのほうがSEO対策として有利であると言われたこともありますが、どちらの出力方式でも対応できるのであればパラメータを用いて動的URLで出力したほうがよい場合があります。

URLパラメータを用いる際の注意点

URLパラメータを用いるときには覚えておくべき注意ポイントがいくつかあります。

重複コンテンツの発生

重複コンテンツはSEO的にもあまり良いものではありませんし、できるだけ回避したいものです。
SEO対策を進める上で重複コンテンツの回避と改善は必要不可欠ですが、パラメータの順番を入れ替えただけのURLやコンテンツを変更しないパラメータの使用によって重複コンテンツが発生しやすくなるのは注意点の一つです。

このようなケースだとcanonicalの設定などで正規化を行う必要があります。

パラメータにはなるべく意味のある文字列を使う

パラメータの内容がなるべく理解できるような文字列を使うのも大切なポイントです。
無意味な文字列はなるべく回避し、カテゴリならcategory、色ならcolorといった具合に意味を持たせた文字列をできるだけ使用しましょう。

パラメータの数を多くしすぎない

パラメータが多くなりすぎてしまうと長すぎるURLとなってしまうことが多いですし、重複コンテンツの増加に繋がる恐れがあります。
長すぎるURLも重複コンテンツの発生もURLの観点から考えるとあまり良いものとは言えませんし、できるだけ回避するべきでしょう。

新たにサイト制作する場合

これから新しくウェブサイトを制作しようとしている、SEOを意識したサイトを作りたいと考えている方もおられるでしょうが、動的URLか静的URLかで悩んでしまう方もおられるでしょう。

現在ではどちらをチョイスしてもそこまで大きな差異はないと言われていますが、どちらかといえばGoogleは動的URLを推しています。
そのため、SEOを意識したサイト制作を検討しており、静的/動的URLのどちらも対応できるのなら動的URLをチョイスしたほうがよいでしょう。

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

監修者:山口 真司

記事一覧

SEOシニアコンサルタント

学生時代、広告人材会社と起業家コンサルティング会社でインターンを経て2017卒としてサクラサクマーケティングの新卒1期生として入社。
SEOコンサルタントとしてインターン時代から案件を持ち、大手ポータルサイト等大型案件を中心に常時20サイト以上のクライアント様のWebマーケティング成功に注力。

サクラサク期待のエースとして、お客様のサポートだけでなく、社内業務効率化も取り組み日々奮闘中。



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. ウェブマスターオフィスアワーまとめ(2019年11月6日)

    2019年11月6日にウェブマスターオフィスアワーが行われました。 Googleの金谷さんとあんなさんが発言した内容をまとめます。 今後のイベント 11/23 ウェブ解析士会議2019 in Osaka 11/25 We […]...

    1. サイトリニューアルで失敗しない為のSEOチェックポイント

      制作してから年月が経過したWebサイトでは、リニューアルを行うケースもあるかと思います。 メインとする目的は様々でしょうが、その際、検索流入を失いたくないというのはすべてのWeb担当者が持つ共通の思いでしょう。 この記事 […]...

      1. インスタグラムの公式な投稿埋め込み方法がSEOに不向きな理由

        ブログやWebサイトだけでなく、インスタグラムやtwitterなどのSNSを運営していて、ブログ上でSNSの紹介や、逆にSNS上でブログの紹介をされる方も多いかと思います。 ブログ上でSNS投稿を紹介する場合、投稿埋め込 […]...

おすすめコンテンツ

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します

    SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、数あるWeb集客手法の中でも、検索エンジンからの成果を最大化することです。基本的にはユーザーや検索エンジンからより評価されるように、WebサイトやWebページの変更・改修を続 […]...

    1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

      ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP