ブログ

ライターになるためにわかりやすい文章を書くコツ

メールなど、私たちが生活をしていく中で文章を作る機会は多くあります。
しかし、自分が作成した文章がわかりやすいかと聞かれると、自信がないという方も多いのではないでしょうか。
近年、キュレーションメディアの台頭やクラウドワークの普及により、働き方が多様化したことで、「ライティングを仕事にしたい」と考える方が増えています。
今回は、ライティングを仕事にする上で重要な「わかりやすい文章を書くコツ」と「ライターになるための方法」について、ご紹介します。

ライティングとは

ライティングとは、文章を書くことです。
ライター、特にWebライターと呼ばれる仕事は、今最も注目を集めている職業の一つと言えるでしょう。
ライティングは、媒体によって書き分けるスキルが必要になります。
以下にライティングにおける注意点について、ご紹介します。

まず、紙面とWebとで比較しますと、読み手が閲覧する環境が異なります。
Webの場合はスクロールしながら読み進めるため、情報を早めに提示することがポイントです。
結論が最後にくるような、回りくどい表現を嫌う傾向があると言えます。
スクロールし続けなくては読めない長い記事は、最後まで読まずに閉じられてしまう恐れがあります。
どうしても長くなってしまう場合は、ページを分けるなどの工夫をするようにしましょう。
ただし、ページ数を増やせばそれで解決するというわけではありません。
長すぎるコンテンツは、読了されにくいということを意識しておくことが重要です。

また、表示のされ方が一定ではない点も、Web媒体の注意すべきポイントです。
紙媒体の場合は、印刷された段階で書体や文字サイズ、レイアウトなどが固定されます。
それに対して、ブラウザの設定やデバイスによってページの見え方が異なるのがWebの特徴です。
ここが、紙とWebの大きな違いです。

ライティングスキルを上げるメリットとは

ライティングの仕事をする上で、読者に伝わる文章を書きたいと思うのは自然なことです。
また、多くのユーザーが読んでくれる文章を書けるようになると、「仕事が増える」という嬉しい結果もついてきます。
自分が記事を閲覧する際も、ライターとして執筆することを想定して記事を読む姿勢を持つことが大切です。
学びの場は、様々な所にあると言えるでしょう。

ライティングスキル向上 分かりやすい文章を書くコツ

それでは、ライティングスキルを向上させ、読者に分かりやすい文章を書くためのコツを具体的に見ていきましょう。

ひらがなと、カタカナの使い分け

ひらがなばかりの文章は、読みにくいものです。
ゴロゴロなどの擬音語や、キラキラなどの擬態語、イカやタコといった食材をカタカナにすると、文章にリズムがつき、読みやすくなります。
「コツ」や「ワケ」など、強調したい箇所をカタカナにするという手法もお勧めです。

1文は何字がいい?

画面表示の文字サイズ設定によって違いますが、スマートフォンの場合はデフォルトの横幅に相当する文字数は15文字前後です。
これを考慮して1文2行程度、長くても4行以内、ワンスクロールで表示できる長さの文章を心がけましょう。
このルールを押さえておくと、とても読みやすく、分かりやすい文章になります。

語尾を変える

ごく基本的なことですが、文章の語尾は変えるようにしましょう。
「~です。~です。」と続いていると、文章の前後の関連性が薄くなり、洗練されていないイメージを持たれてしまいます。
「~です。~ました。」と語尾を変えることでリズムがつき、読みやすい文章となるのです。

要点のまとめ方は?

要点をまとめる際は、箇条書きにする、もしくは括弧をつけて並列させる等の方法があります。
箇条書きにした方がスマートな印象になりますが、敢えて括弧をつけて文章のなかに織り交ぜた方が印象に残るケースもあります。
状況に応じて選ぶようにしましょう。

主語と述語の関係性

主語と述語は、出来るだけ近くに配置するようにします。
シンプルに主語と述語を読み取れるようにしておくことで、読みやすく、伝わりやすい文章になります。

句読点の位置は?

句読点をつける位置についてのポイントがあります。
・二重に解釈されてしまう場合
・主語の後
・重文や複文の場合、つなぎの部分
句読点を多く打つと文章が幼く、読みにくい印象になりますので注意しましょう。
基本的には、上記3つのポイントを守って打つことで、文章を読みやすくすることができます。

読者に好まれる表現の仕方は?

文章を書く際には、想定読者がいます。
Webライティングにおいては「ペルソナ」、つまり想定読者が具体的に設定されていますので、どのようなことを気にするか考えながら表現を選ぶようにします。
年齢の高い男性向けであれば少し堅めの文章で、上から目線にならないように丁寧な表現を心がけたり、若い女性がターゲットであれば柔らかく、ソフトな表現を意識するなど、想定読者層が好む表現を考えながらライティングしましょう。

結論の位置、書き方は?

結論は冒頭に書くことがライティングのコツといえます。
特にWebライティングの場合は、ユーザーが知りたいと思っていることが記事の最後に配置されていると、ユーザーは最後まで読まずにページを離れてしまうかもしれません。
途中の離脱を防ぐために、まずは結論から書き始め、続けて説明をしていくことにより、ユーザーに最後まで読んでもらえる記事になりやすいと言えます。

ライティングスキルを生かした仕事の種類

では、ライティングのスキルを生かせる仕事についてご説明します。
一口にライターといっても種類は様々ですので、それぞれの仕事内容について見ていきましょう。

クラウドソーシング

近年、触れる機会が増えているクラウドソーシングにおいては、ライティングの仕事をしている人が年々増加傾向にあります。
初心者でも挑戦しやすい体験談やクチコミ、商品の紹介文やレビュー、指定されたテーマに沿った記事等を書くことが一般的です。

WEBメディアへの寄稿

得意分野や知識を活かして、さまざまなサイトにコラムを寄稿するお仕事です。
自分の得意なジャンルに対して文章を書くことができるため、現役の会社員が執筆しているケースも多く見られます。

ライター職

ライターの仕事は、編集者から依頼を受けて雑誌や書籍、WEB、フリーペーパーなどに掲載される記事を執筆するものです。
情報を収集し、取材をした情報をベースに、与えられたテーマについて記事を執筆するスキルが必要です。

記者

独自の観点から取材などを行い、記事を執筆することが記者の仕事です。
ライターとの違いは、記事に主観を交えて執筆する知識や経験を持っているかどうかです。
それに対してライターは、編集者やディレクターから与えられたテーマについて、客観的事実を書きます。

ライターの仕事を見つけるには

それぞれの仕事を見つけるための手法を以下にご説明します。

クラウドソーシング

クラウドワークを取り扱うサイトに登録することからスタートします。
全く実績がなくても仕事を受けるチャンスを見つけやすいのが、クラウドソーシングです。

最初から高単価の案件を狙うのは難しいですが、まずは実績を作ることに注力しましょう。
単価が安い仕事であっても、執筆内容に興味を持てるようなものであれば、経験値を積むくらいのつもりでトライしてみることがオススメです。
実績ができるとクライアントから評価され、継続的な仕事の依頼や報酬アップにつながりやすいので、モチベーションを保ちやすい働き方とも言えるでしょう。

Webメディア

Webメディアによっては、寄稿してくれるライターを募集しているところもあります。
そういったサイトを探して、自分からアクションを起こしてみることも一つの手法です。
また、ブログなどを継続して書いていると、サイトの編集者から「記事を書いてみませんか?」と寄稿を依頼されることもあります。
ボランティアで寄稿することもあれば、報酬が発生するケースもあります。
お金を稼ぐというよりは、自分の文章を世の中の人に読んでもらえるチャンスと考えて挑戦する方が多いようです。

ライター職

ライターとして仕事をするためには、求人案件で「ライター募集」をしている会社に応募するのが一般的です。
会社に就職する場合や、業務委託で仕事を受けるパターンなど、働き方も様々です。
ライターの仕事は人と人との繋がりで広がっていきやすいため、仕事の輪を広げていくためには、一つひとつの仕事をしっかりこなすことが大切と言えるでしょう。

記者

記者になるためには新聞社やテレビ局、出版社に勤務したり、フリーランス等で経験を積む必要があります。
クラウドソーシングやWebメディア、ライター職と比べると、狭き門といえるでしょう。

ライティングスキルの他に必要な資格や技術

媒体ごとに特性があるとお伝えしましたが、起承転結のはっきりとした、シンプルな文章が読み手に受け入れられやすいことは共通して言えるでしょう。
シンプルに伝えたいことを書く技術を磨くことが、ライターとして活躍していく上での必須スキルです。

また、ライターとして仕事をしていく上で必須の資格はありません。
ただし、ライターとしてキャリアが浅く、自分のスキルを裏付けるものが欲しい際に取得することは、今後の活動に対してメリットになり得ると思います。
日本WEBライティング協会が主催している「Webライティング能力検定」や、サーティファイ主催のビジネス著作権検定など、一定のスキルや知識を証明するものが存在します。

まとめ

コンテンツやキュレーションメディアの普及により、「書く仕事」のニーズは高まっています。
その分、誰にでもチャンスがある仕事ですが、経験や知識、ノウハウを積み重ねていくことが重要です。
文章は、書いた分だけ上達することはもちろんですが、「こんな文章を書きたい」とイメージして書き続けることで向上していくと考えます。
それが、わかりやすい文章を書けるライターへの第一歩となるでしょう。






SEOトレンドレポート

資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. 第8回Web&デジタル マーケティング EXPOに出展【10/24~26 幕張】

    サクラサクLABOを運営するサクラサクマーケティング株式会社は、2018年10月24日~26日の3日間、幕張メッセで開催される「第8回Web&デジタル マーケティング EXPO【秋】」に出展しております。 弊社は、SEO […]...

    1. 【インタビュー】株式会社オリエンタライズ様「4ヶ月でアクセスが4倍!1年で10倍!」BtoCのコンテンツマーケティング事例

      店舗販促品ECサイトのコンテンツマーケティングの実施のお手伝いをしました。 店舗装飾関連に課題がある人の悩みを解決できるようなコンテンツの発信を行い、装飾関連のキーワードで軒並み上位表示に成功しアクセス数も急増しました。 […]...

      1. 【インタビュー】株式会社バサラホールディングス様「内製化による目標大幅達成!」BtoCのコンテンツマーケティング×SEO弊社施策成功事例紹介

        着物の着付け・レンタルサービスを各種メディアの複合的な活用によるWebマーケティング施策を展開。 店舗担当者がコンテンツを発信できる体制の構築によりSNSとWebサイトを有機的に活用したプロモーションに成功しました。 ・ […]...

おすすめコンテンツ

  1. モバイルファーストインデックス(MFI)とは?導入時期や必要な対策まとめ

    2016年11月、Googleウェブマスターブログから、モバイルファーストインデックスMFI)についての取り組みを紹介するブログが公開されました。 Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト イ […]...

    1. Googleの順位変動が起こる原因と必要な対策(2017年版)

      2017年に入って以前にも増してGoogleの順位変動が大きくなっています。 これまで安定していた順位が下落し、ひどい時には圏外まで急落するなどの経験をされたWeb担当者さまもいると思います。 すでにSEOにおいてはこの […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるためには、サイトパワーとユーザーが求めるコンテンツが必要です。 ユーザーが求めるコンテンツとは、情報や課題の解決方法であり、それを満たすコンテンツを多く提供してい […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP