ブログ

Webライターになるために求められるスキルとは

Webライターとは

Webライターという職業とは、主にWebの記事コンテンツ制作を行うライターを指します。
ここでは、Webライターになるにはどうすればいいのか、またどのような人が向いているのかについて紹介しますので、Webライター志望の方は参考にしてみてください。

どのような仕事なのか

Webライターの仕事内容は、インターネット上のニュース記事やオウンドメディアのコンテンツ、サテライトサイト等、Webコンテンツ制作のための記事執筆を行います。
インターネット上には数多くのWebサイトが存在しますが、Webライターはこのようなメディア媒体に掲載する記事を執筆しています。

紙媒体ライターとの違い

雑誌等の紙媒体ライターとの大きな違いは、記事単体での集客を意識する必要があるということです。
Webサイトにただ記事を掲載しても、アクセスを集められなければ意味がありません。
SEOやSNSといった集客経路について理解し、HTMLに対しても一定の知識を備えていることが求められます。

また読者にしてみても、記事を読む準備ができている紙媒体に比べて、Web媒体の読者は暇つぶしで記事を読むかどうか決めることも多く、ユーザーにストレスを与えず引き付けるような記事が求められます。

こうした点が紙媒体ライターとの大きな違いです。

Webライターの市場

Webライターに求められるスキルや市場の動向は、「これからWebライターを目指したい!」という方からすると気になるところかと思います。
ここでは、Webライターに求められるスキルや市場の状況などについてお伝えします。

需要のある仕事

昨今では誰もがインターネットを利用するようになっているので、Webコンテンツを制作するためにはWebライターの存在が欠かせなくなっています。
コンテンツマーケティングと呼ばれる、特にWebコンテンツを通したマーケティング手法が当たり前になってきていることもWebライター需要を高めています。
そのため、様々な情報を発信しているメディアサイトはもちろん、クラウドソーシングやライティングサービスなど、Webライターを求めている企業や団体は数多く存在しています。

スキルのあるライターは少ない

Webライターは誰でも気軽に始めることができる職業に違いないとは言え、誰でも高品質な記事を執筆できるわけではありません。
ライターによっては文章力や表現力に差がありますし、高度なスキルや特定分野への専門性を有するWebライターがいるのも事実です。
多くの企業やメディア運営会社は高いスキルを持つWebライターを求めていますが、運営者の意向に沿った記事を執筆できるライターは不足しているのが現実です。

どんな人がWebライターに向いているのか

これからWebライターをやってみたい、と考えている方はまず、「自分に向いているだろうか?」と考えるでしょう。
具体的にどのような人が向いているのでしょうか。

好奇心が旺盛な人

執筆分野に精通しているのでない限り、ライティングにあたってインターネット上の情報をリサーチすることは欠かせません。
また、取材によって新たな分野を開拓したり、誰もやったことないが自分でやってみて記事にするということも考えられます。
ネットで何かを調べるのが好き、知らない人に会って話を聞くのが好き、といった方であれば、比較的楽にライティングに取り掛かることができると思われます。

自分を律することができる人

社員として雇用されていない限り、Webライターの仕事場は自宅であることがほとんどなので、つい自分を甘やかしてしまうことがあります。
しかし、記事作成には必ず納期がありますので、期日を正確に守らなくてはなりません。
自分をしっかりと律することができ、上手に時間を活用して記事を執筆できる方であれば問題ありません。
最低限のルールさえ守れれば、これまでの知識やスキルを記事に表現できると思います。

Webライターに求められるスキル

では、Webライターに求められるスキルとは、いったいどのようなものなのでしょうか。

文章力や構成力

まず求められるのは文章力や構成力です。
Web媒体は幅広い年齢層のユーザーが目にするため、分かりやすい文章を正しい日本語で執筆できるかどうかが大きなポイントです。
また、サイトのターゲットユーザーに合わせた文章スタイルや構成も必要になり、これを形にできるWebライターは重宝されます。

SEOを意識した記事

冒頭でも触れましたが、紙媒体と違ってWebコンテンツではSEOの知識が必要とされるケースがあります。
どれだけ良い記事を執筆しても、誰も見てくれない記事では意味がありません。多くの人が見てくれるように、ページを検索エンジンの上位に表示させることが不可欠です。
どのような記事が検索エンジンで上位表示できるかどうか、アクセスを集められるかを理解するにはコツと経験が必要とされますが、基本的なことを知っておくだけでも、Webライターとして活躍できる場は広がります。

情報収集力

クラウドソーシングなどのWebライターは記事を執筆する際、主にネットを使って情報収集をします。
ただし、ネットでは一般的な情報しか無い場合もありますので、専門誌や雑誌、時には体験談等からも専門的な情報を集めることが求められます。
そのため、Webライターには情報収集力と、集めた情報を自分なりの表現でまとめて記事にするスキルが必要です。

専門的な知識

建築や保険、金融といった専門知識を有するWebライターを求める企業は少なくありません。
趣味や特技等の専門知識はWebライターにとって大きな武器となるはずです。

スケジュール管理能力

Webライターは1人で作業することがほとんどなので、スケジュール管理能力も必要です。
素晴らしい記事が執筆できても、納期を守れないようであれば、企業からの継続的な仕事には繋がりません。

Webライターはどうやって仕事を見つけるのか

Webライターが仕事を見つける方法はいくつかあります。ここでは代表的な方法をご紹介します。

クラウドソーシングを利用する

現在ではさまざまなクラウドソーシングサイトがあり、様々なジャンルの記事の案件を取り扱っています。
初心者にも書きやすい案件を充実させているものもあれば、上級者向け案件を取り揃えているものもあり、一言でクラウドソーシングと言っても多種多様です。
出版やWeb業界にコネがない!という方でも始めやすいのがクラウドソーシングだと言えます。

たった数分でお小遣い稼ぎ♪クラウドソーシングで、簡単に副業ができるREPO(ルポ)
https://www.repo.ne.jp/

Webメディアへの寄稿

直接、有名媒体へ“売り込み”を行うことです。
数多く存在するWebメディアの中には、Webライターからの記事を求めているところもあります。
こうしたメディアへ記事を寄稿しながら経験を積むこともでき、スキルや実績を積むことが可能です。

企業の専属ライターになる

メディア運営側も、良質な記事を掲載していきたい思いがありますので、Webライターを雇用しているケースがあります。
経験を積み、スキルがある方であれば、企業専属のWebライターになるチャンスはあるものの、全ての

まとめ

Webライターは取り組みやすい仕事の一つで、クラウドソーシングを通したWebライティングの仕事は今後も増加が予想されます。
企業がWebコンテンツを求める動きは変わらないものの、より品質の高い記事を求めるようになっているため、ライターにもより高いスキルが求められています。
知識やスキルを活かし、経験を積むことで、どのメディアからも必要とされるWebライターになることができるでしょう。






SEOトレンドレポート

SEOセミナー

  1. 【オウンドメディア・SEO・MA】見込み顧客の集客~接客~売上までに必要な対策を大公開!『オウンドメディア担当者向けセミナー』

    開催日:2018年11月15日
    場所:サクラサクマーケティング株式会社

  2. 【基礎・SEO】 SEO対策を基礎から徹底解説『最新SEO対策セミナー』【10/23(火)】

    開催日:2018年10月23日
    場所:サクラサクマーケティング株式会社

資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. 【インタビュー】株式会社オリエンタライズ様「4ヶ月でアクセスが4倍!1年で10倍!」BtoCのコンテンツマーケティング事例

    店舗販促品ECサイトのコンテンツマーケティングの実施のお手伝いをしました。 店舗装飾関連に課題がある人の悩みを解決できるようなコンテンツの発信を行い、装飾関連のキーワードで軒並み上位表示に成功しアクセス数も急増しました。 […]...

    1. 【インタビュー】株式会社バサラホールディングス様「内製化による目標大幅達成!」BtoCのコンテンツマーケティング×SEO弊社施策成功事例紹介

      着物の着付け・レンタルサービスを各種メディアの複合的な活用によるWebマーケティング施策を展開。 店舗担当者がコンテンツを発信できる体制の構築によりSNSとWebサイトを有機的に活用したプロモーションに成功しました。 ・ […]...

      1. 【インタビュー】株式会社ネオキャリア様「立ち上げ半年で売上目標達成!」コンテンツ×SEOのBtoBオウンドメディア弊社施策成功事例紹介

        HR Techという近年注目の集まっている分野での新規事業の立ち上げをお手伝いしました。 HR Tech業界ではだれもが見たことのある「HR NOTE」は関連キーワードで軒並み上位表示に成功しています。 ・BtoBのコン […]...

おすすめコンテンツ

  1. モバイルファーストインデックス(MFI)とは?導入時期や必要な対策まとめ

    2016年11月、Googleウェブマスターブログから、モバイルファーストインデックスMFI)についての取り組みを紹介するブログが公開されました。 Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト イ […]...

    1. Googleの順位変動が起こる原因と必要な対策(2017年版)

      2017年に入って以前にも増してGoogleの順位変動が大きくなっています。 これまで安定していた順位が下落し、ひどい時には圏外まで急落するなどの経験をされたWeb担当者さまもいると思います。 すでにSEOにおいてはこの […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるためには、サイトパワーとユーザーが求めるコンテンツが必要です。 ユーザーが求めるコンテンツとは、情報や課題の解決方法であり、それを満たすコンテンツを多く提供してい […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP