SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

  • SEO・コンテンツマーケティングなら
    サクラサクマーケティングにお任せください。

Redirectionを使ったWordPressのリダイレクト方法

リダイレクトはサイト移転や記事のURLルールの変更など、URLが変更された際にユーザーの転送と検索エンジン評価の維持を行うために非常に重要なものです。

この記事では、Wordpressを使用している場合のリダイレクトについて紹介します。

リダイレクトの設定方法

リダイレクトは.htaccessによって設定するのが一般的ですが、Wordpressを使っているサイトではプラグインにより簡単に設定することができます。

ただ、投稿単位でURLを変更する場合は、パーマリンクを変更すると自動的にWordpress側でリダイレクトが設置される場合があります。
可能であれば削除前提の投稿などでテストしてみて、自動的にリダイレクトされないようであれば別途設定するとよいかと思います。

なお、リダイレクトはURL変更時のベストプラクティスであるとはいえ、SEO上はURLの変更自体があまり推奨されるものではありません。
そのため、URLはなるべく後で変更しなくて済むよう、考慮の上でURLを設定しておくことがおすすめです。

どうしてもリダイレクトを行う必要がある場合は、Wordpressの場合はプラグインを使用すると便利です。

リダイレクトについてのより詳しい解説や、プラグイン以外の方法によるリダイレクト設定については以下の記事をご覧ください。
リダイレクトとは?リダイレクトの種類と設定方法

WordPressのリダイレクトプラグイン「Redirection」

WordPressのプラグインに”Redirection”というものがあり、こちらがおすすめです。
(弊社が作成したプラグインではなく、使用に際してはあくまで自己責任でお願いします。)

Redirection -WordPress プラグイン
https://ja.wordpress.org/plugins/redirection/

redirection

プラグイン検索もしくは上記URLからダウンロードした後、お使いのWordpressにインストール・有効化したら最初のページはスキップしてセットアップを開始します。

welcome-to-redirection

次の画面では、使用時のオプションとして複数の質問がされています。

Redirectionの設定

・パーマリンクの変更時に自動的にリダイレクトを行う
SEO上は一度設定されたパーマリンクの変更はあまり推奨されていませんが、変更したのであればリダイレクトは必須なのでチェックしておくとよいと思います。

・リダイレクトや404ページのログを残す
エラーの監視などを行うのであればチェックしておくとよいと思います。

続行し、次ページでRest APIのステータスがOKになっていることを確認してセットアップを完了します。

Redirection設定終了

完了後メニューが表示されるので「転送ルール」を新規追加することで、リダイレクトの設定が可能です。

転送ルール設定1

「ソースURL」にリダイレクト元、「ターゲットURL」にリダイレクト先のURLを入力して転送ルールを追加すればOKです。

転送ルール設定2

意図したリダイレクトが起きているかどうかを必ずチェックするようにしましょう。

リダイレクトチェック

リダイレクトのチェック方法については以下を参照ください。

リダイレクト処理の確認項目とおすすめのチェックツール
https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/redirect-check

まとめ

プラグインを使えば比較的簡単にリダイレクト設定を行うことができます。
一方で、.htaccessやphpなど、別の方法でもリダイレクトを行っている場合、管理が煩雑になる場合がありますので、自サイトがどのようにリダイレクトを設定しているか、把握しておくことが必要です。

無料メルマガのご登録(無料)

【登録者1万人以上】SEOの最新情報をお届け!






プライバシーポリシー

       

執筆者 / 監修者

サクラサクラボは株式会社サクラサクマーケティングが運営するSEO・コンテンツマーケティングを支援するサイトです。創業当初よりSEO専業として15年以上の間業界に身を置き、2016年に本メディアをスタートさせました。

その間SEOやコンテンツマーケティングだけでなく、Webマーケティングを取り巻く環境は大きく進化し、それに伴い手法や考え方も大きく変化を遂げています。そこでサクラサクラボでは、顧客の本質的なコンテンツマーケティングの支援を担う企業を目指すため、専門的な立ち位置から正しい情報発信をしております。

情報発信の形態としてはブログだけでなく、セミナー、メルマガ、ホワイトペーパー、YouTube、Twitter、Facebookなど様々な様々な媒体や手法で、SEOやコンテンツマーケティングに関して、正しくわかりやすい情報を提供しております。

その他のブログ記事

Return Top