ブログ

WEBライティングのコツ

「記事を作成する」ということは、コンテンツマーケティングにおいてユーザーの関心を引き付けるために極めて重要なことです。
同時に、それは集客やコンバージョンそのものにも大きく関わってきます。
また、SEO対策という点では、適切なターゲットキーワードを設定して検索結果での上位表示を目指すことも重要です。

今回は記事作成におけるコツやポイント、注意すべき点について詳しくご紹介します。

ターゲットとするキーワードを決める

記事を作成する前に、まずは「ターゲットキーワード」の設定を行いましょう。
どんなユーザーをターゲットにするのか、そのユーザーはどんなキーワードで検索しているのか、どういうキーワードにすれば記事が検索で上位表示されるか。
このようにターゲットとなるキーワードを決めることは、記事を作成するうえで最も基本的なことです。

いくつかキーワードの候補を決めたら、実際のそのキーワードで検索してみましょう。
検索の結果、上位表示されたページを見て内容を確認し、これから自分が書こうとしている記事の内容と同様のものであるかをチェックします。
内容が似ていれば、自分が書いた記事も検索上位に入りやすくなります。
逆に自分が書こうとしている記事の内容と、検索の上位表示されたページの内容が大きく異なる場合は検索上位にならない可能性が高いといえます。
その場合はターゲットキーワードを変更するか、上位表示された記事の内容に近づけて記事作成を行ったほうがよいでしょう。

ユーザーが知りたい内容に沿って記事を作成する

記事作成で最も重要なことは、「ユーザーのニーズに応える」ということです。
ユーザーのニーズがない記事を書いても誰もアクセスしません。
SEOにおいては自分が何を書きたいかではなく、ユーザーが何を知りたいかを基軸にする必要があります。

一度ターゲットキーワードで検索を行い、上位表示されたページがどのようにユーザーニーズに応える記事を書いているかをチェックしてみましょう。
真似をするということではなく、大枠としてどのような記事を書いているかを把握しておきます。

自分がターゲットとするユーザーとそのニーズを把握したら、仮の記事タイトルをつけて記事の作成に入ります。記事を書き始める際のコツは、まず全体の骨組みとしていくつかの小見出しを設定することです。
ユーザーの細かなニーズに合わせて小見出しを設定し、それに沿って書いていきます。

競合サイトとまったく同じような内容で記事を書いても、検索評価は上がりません。
大枠は似ていても記事の中身やスタイルは、よりオリジナリティーを出すことが大切です。
できるだけ競合サイトとは違った独自性が出るように努力してください。
競合サイトとの違いが出て、オリジナルで質の高いコンテンツを発信すれば、それがGoogleの高評価につながります。

記事タイトルを設定する

記事全体が書き終わったら再度記事タイトルを検討し、記事内容に合っているかをチェックします。
記事タイトルと内容がかけ離れないよう注意してください。

タイトルには必ずターゲットキーワードを含め、一目でユーザーの興味を引くような魅力的なタイトルを設定しましょう。
タイトルの良し悪しは、ユーザーがクリックしてくれるかどうかに大きく関わるものです。
あまりに淡白で無味乾燥なタイトルはクリック率を下げてしまいます。
思わずクリックしたくなる、「読んでみたい!」と思えるタイトルを考えてみてください。

タイトルのつけ方が分からない場合は、自分で検索を行い、検索上位に来ているサイトがどういうタイトル設定をしているかチェックしてみましょう。
もしくは、自分が思わずクリックしてみたくなるサイトのタイトルを探して参考にしてみましょう。

振り返りを行う

記事をアップしたら、実際にターゲットとしているキーワードで検索上位を実現できているかどうかを確認します。
上位表示できた記事とそうでない記事を比較し、どこが違うのか、何が悪かったか、キーワードの競合性はどうか、文字数や記事の内容はどうか、といった点を振り返り、分析と修正を行っていきます。

振り返りや新たな記事作成を行う際の、大切なポイントをいくつか挙げておきます。

・自分でも「読みたい!」と思える内容になっているかどうか
・読み手の印象を悪くするセールス文句や露骨なアピールが含まれていないか
・ユーザーの悩みやニーズに本当に応えているかどうか
・「この先も読み続けたい」と思える序文になっているかどうか
・他の競合サイトよりもはるかに良いコンテンツになっているか

こうした点を踏まえて、次の施策を練っていきましょう。

ユーザーの視点に立った、役立つ良質な文章を提供できるかどうかがポイントです。
売り込みだらけの記事、競合サイトと似たような記事ではなく、
独自性を出しつつ、ユーザーが良い記事だと素直に感じられ、周りに広めたくなるような質の高い記事の作成を目指してください。

 

◇この記事もおすすめ!
・SEO対策(検索エンジン最適化)とは~上位表示を実現する為のSEOとは?Googleの本質を理解し、自社サイトを強化する





■関連情報:サクラサクマーケティングのSEOコンサルティングサービス
中小・ベンチャー企業の売上をサポートするSEO対策低価格・高品質なSEOコンサルティング

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー



無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. 弊社社長、根岸がSEOの漫画になりました!

    マンガマーケティングの領域において3000件近くの実績を誇る 株式会社シンフィールドさんとの コラボレーション企画で、弊社社長の根岸のインタビューを漫画にして頂きました。 弊社同様、マンガを作成頂きたい方は、こちらからお […]...

    1. Google検索品質評価ガイドラインの要約とSEOへの活用方法

      Googleの検索品質評価ガイドラインとは、Googleが自身の検索エンジンの品質を評価するために、外部の品質評価者に向けて評価方法を説明した資料のことです。 検索品質評価ガイドラインには、Googleがどのようなページ […]...

      1. サクラサクラボ8月のツイートまとめ

        当サイトのツイッターアカウント(@sakurasakulabo)のツイートから、8月のイベントを振り返ります。 ツイッターのフォローはこちらからお願いします。 Follow @sakurasakulabo 目次 8月の変 […]...

おすすめコンテンツ

  1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

    ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

    1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは~Googleで上位表示を実現する方法

      目次 1. SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)とは 2. SEOの現在(検索エンジン最適化≒Google最適化) 3. Google Search Consoleの活用とS […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        目次 SEOに強いコンテンツとは回答性網羅性文字数ユーザー体験[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作お問い合わせフォーム SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるた […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP