SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

Webライターに求められる上手い文章って何?

記事コンテンツ執筆マニュアル

こちらの記事は弊社運営クラウドライティングサービス『REPO』のライター向けに作成したものです。

REPO
https://www.repo.ne.jp/

ライターなら誰しも、上手い文章を書きたいという欲求を、一度は持ったことがあると思います。あなたも、そうじゃないでしょうか?しかし、そもそも「上手い文章」とは何なのでしょうか?上手い文章という言葉自体、曖昧でよくわからないですよね。それはたとえば……

・日本語としての文法を完璧に守っている文章でしょうか?
・小説家が書くような、鮮麗された文章でしょうか?
・気の利いた表現、シャレた言い回しを駆使した文章でしょうか?

たしかに、どれも上手い文章だと言えると思います。でも、あなたが目指す文章はこういうものではありません。その理由、わかりますか?

1.上手い文章は読まれない・・・?

pixta_13853382_S

少し書き手の立場を離れて、読み手の気持ちになって考えてみましょう。重要な質問です。WEBや雑誌で、ある記事を読むかどうか決めるとき、あなたはそれが上手い文章だと感心したから、先を読もうと決めたのでしょうか?たぶん、違うはずです。そこに「自分にとって役に立ちそうな情報がある」と感じたから、読もうと決めたんじゃないでしょうか?

役に立ちそう、面白そう、興味深いなど、自分にとっての明確な「メリット」があると感じ取ったからこそ、その記事を読んでいるのではありませんか?決して、上手い文章だと感銘を受けたから、読んでいるわけではありませんよね?これは新聞だろうが雑誌だろうがWEBだろうが、変わりません。

2.誰もそこを見ていない

世の中の圧倒的大多数の人が、上記のような判断基準で動いているんです。なら、そこに合わせないといけません。書き手の立場に浸りすぎると、そのことを忘れてしまいがち。つい、上手い文章を見せつけて、「どうだー!これが俺の文章だー!」ってやりたくなります。でも、誰もそんなことに興味はないんです。

特に、WEBの記事なんて読むか読まないかの判断は一瞬で行われます。飛ばし読みもされるし、じっくり一文字一文字読んでくれる人は少ないです。だからどれだけ上手い文章を用意したところで、誰も見てはくれません。見てはくれませんし、そもそも読者の関心はそこじゃないんです。このポイントを外すと、致命的です。

3.あなたの目的は?

この間違いを回避するには、自分に絶えず質問をしましょう。

「ライターとしての、自分の目的は何か?」

・日本語としての文法を完璧に守っている文章を書くこと?
・小説家が書くような、鮮麗された文章を披露すること?
・気の利いた表現、シャレた言い回しを駆使して文章を書くこと?

 

どれも違うはずです。

あなたも目的は、読者が求めている情報を盛り込んだ、読者に役立つ記事を発信することではないでしょうか?あなたの関心は、常に読者に向いていなければいけません。「上手い文章を書いて驚かせてやろう!」 そんな自分の欲求は脇に置く必要があります。読み手 が主人公で、自分は脇役。そのイメージを持つといいかもしれませんね。

決して、変にへりくだった、読者に媚びるような態度を取れ、という意味ではありません。単に、記事を書くときには常に読者のことを考える、自分本位になってはいけない、ということを言いたいだけです。

「上手い文章を書かなければ」と悩んでいるなら、少し手を止めて、読者の立場になって考えましょう。相手目線で考えれば、上手い文章なんていらないと理解できるはずです。そうなれば、気持ちも楽になりますよ。

記事コンテンツ執筆マニュアル

執筆者 / 監修者

SEO研究所 サクラサクラボ
SEO研究所 サクラサクラボ
サクラサクLABOでは、WEBマーケティングでもっとも重要な最新のSEO情報を提供しています。初心者の方からプロのコンサルタントの方まで、幅広くご活用ください。

その他のブログ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top