SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

記事作成代行サービスの活用術とは?

記事コンテンツ執筆マニュアル

SEO対策で大量の記事作成をしていると、どうしても人員が足りない、時間が足りないという状況になってしまうことがあります。このような悩みを解決してくれるのが、「記事作成代行サービス」です。

しかし、記事作成を他社に外注する場合に気をつけなければならないポイントも多々あります。そこで、今回は記事作成代行サービスを利用する上でのメリットや注意点について説明していきます。

記事作成代行サービスを使うメリット

作業、運用効率のアップ

個人でブログを書く場合であれ、企業でコンテンツを運営する場合であれ、作業の効率化はとても重要です。膨大なテキストを日々書かなければならないコンテンツ作成においては、記事作成を別の会社に委託することで時間と労力を軽減し、作業・運用効率をアップさせることができます。

低コストで依頼できる

プロのライターに依頼するとそれだけコストが高くなります。しかし記事作成代行サービスへの依頼は1文字1円を基本として低価格の場合が多くあります。その分、記事の信頼性や品質について注意を払う必要もありますので、信頼できる外注先を見つけ、まとめて依頼する形がよいでしょう。

一回で大量に依頼できる

人員や業務量によって、社内でこなせる記事数は限られてきます。どうしても間に合わない、手が足りないとき、外注先にまとめて記事作成を依頼することができます。1社ではなく複数社あれば上限なく依頼することが可能でしょう。

記事作成代行サービスの流れ

記事作成代行サービスに仕事を依頼する際の基本的な流れを見ていきましょう。

依頼とヒアリング

まずは記事作成の依頼連絡をし、書いてほしい内容についてヒアリング(相談)を行い、記事の内容、記事の本数、納期、予算などを詳しく詰めていきます。コストをより下げたい場合は、複数の会社に見積もりを依頼して比較してみるのもよいでしょう。

契約とライターの作業

ヒアリングを経て契約が完了したら、代行会社は契約しているライターに記事作成の依頼を行い、ライティング作業が開始されます。ライターは依頼内容に沿って執筆と修正を行い、決められた期日までに代行会社に納品します。

納品物のチェック

代行会社から納品物が送られてきたら中身やクオリティをチェックし、問題があるようなら修正依頼をします。最終的に納品物を確認して問題なければ完了です。

代行会社とサービスを選ぶ基準とは?

記事作成代行会社を選ぶ際のポイントをいくつか挙げていきます。

信頼できる会社であるかどうか

記事作成代行会社のほとんどはアマチュアのライターと契約しています。そのためどうしても「記事のクオリティ」が問題になりがちです。信頼できる代行会社は同じように信頼できるライターと契約を結んでいます。そのため、一度記事のクオリティの高さや実績を見せてもらった上で依頼を検討したほうが賢明です。

特に大手企業や公共団体と取引している代行会社は、それだけで信用できます。実績があり、かつ優秀なライターを数多く抱える代行業者を選定することが大切です。

柔軟に対応してくれる会社かどうか

より柔軟な対応をしてくれる代行会社であれば、記事の中身、記事作成の範囲、細かな修正などを通して、記事のクオリティアップやコスト削減につなげることができます。例えば「記事の企画そのものは自社で行い、記事作成は依頼する」「記事作成は依頼して、校正・誤字脱字チェックは自社で行う」など、都合に合わせて依頼範囲が変更できるようであれば、運用効率もアップするためおすすめです。

ライターとの連携が密にできる会社かどうか

ライターの数が揃っているだけでなく、代行会社とライターが密に素早く連絡を取り合える関係にあるかどうかも重要です。修正や要望を伝える場合「自社→代行会社→ライター」という流れになりますから、ライターからの連絡・対応が遅ければ当然進行具合も遅くなります。ライターと連絡が取れない、代行会社とライターが揉めるといったことが起こるのは問題です。代行会社とライターが密な連携を取れているかどうか、確認しましょう。

記事作成代行を依頼する場合、コストや品質、作業効率など事前に考えるべき要素はたくさんあります。また、代行会社といっても、どの分野の記事作成を得意とするかは会社によって違うでしょう。自社の要望をしっかり叶えてくれる、かつ作業の進行面においても相性の良い、信頼できる代行会社を慎重に選定する必要があります。

記事コンテンツ執筆マニュアル

執筆者 / 監修者

監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)
監修者:ねぎお 社長(根岸雅之)
サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。
3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

その他のブログ記事

Return Top