SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

  • SEO・コンテンツマーケティングなら
    サクラサクマーケティングにお任せください。

Zoomでキャプチャ(スクリーンショット)を撮る方法

Zoomミーティング中、有用な資料が画面共有されたときなどに、他の参加者にバレずに画面のキャプチャ(スクリーンショット)を撮っておきたいと思うことはないでしょうか?

実際、他の参加者に知られることなくZoom画面のキャプチャを撮る方法はあります。

この記事では、キャプチャの取得方法とキャプチャ取得時のマナーについてご説明します。

Zoomでキャプチャを撮るときに気を付けるべきこと

Zoomでキャプチャを撮るときに問題になってくるのは、取得時の撮影音です。
そのため、基本的には自分のマイクをミュートにしていれば、他の参加者に気付かれずにZoom画面のキャプチャ(スクリーンショット)を取得できます。

ただし、原則として取得したキャプチャは、個人利用に留めましょう。
参加者の同意を得ず、ミーティングの模様を第三者に共有すると、個人情報流出を問われるリスクもあります。

SNSでシェアしたり第三者に見せたりしたいときは、ホストや参加者に了承を得ましょう。了承を得るタイミングは、可能な限り、ミーティング前もしくはミーティング中をおすすめします。
ミーティング後の事後承諾は、「勝手に撮られていたのか」と参加者が不快感を覚えるかもしれません。

Zoomでキャプチャを撮る方法

Zoom画面のキャプチャを撮る際は、Zoomを起動している機器(パソコンやスマートフォン)の機能を使用します。

Zoomのレコーディング機能は使わない

Zoom画面下部に「レコーディング」というボタンがありますが、これは録画機能のことです。

レコーディングを始めると、他の参加者のZoom画面上に「このミーティングは録音されています」と表示されてしまうため、注意してください。初期設定ではレコーディングができるのはZoomミーティングの主催者:ホストのみです)。

キャプチャの取得方法(パソコン・スマートフォン)

機器に関わらず、キャプチャ取得時には撮影音が鳴る場合があります。
撮影音を聞こえないようにするには、マイクをオフ(ミュート)にしてキャプチャを取ってください。

マイクのオン・オフは、Zoom画面下部のマイクアイコンをクリックして行ないます。
マイクアイコンに赤い斜線が入っていればマイクオフ(ミュート)、赤い斜線が入っていなければマイクオン(ミュート解除)の状態です。

マイクオフ(ミュート)状態

マイクオン(ミュート解除)状態

キャプチャ(ディスプレイ全体のキャプチャ)の取得方法は、次のとおりです。

●パソコン(Windows)
・[Windows]+[PrintScreen]キーを同時に押す(もしくは、[Windows]+[Fn]+[PrtScr]キー)

●パソコン(Mac)
・[Command]+[Shift]+[3]キーを同時に押す

●スマートフォン(iOS)
・Face ID搭載機器では、「サイドボタン」と「音量を上げるボタン」を同時に押す
・ホームボタン搭載機器では、「ホームボタン」と「サイドボタン(もしくはスリープボタン)」を同時に押す

●スマートフォン(Android)
・「電源ボタン」と「音量小ボタン」を同時に押す
・撮影できない場合は、「電源ボタン」を長押ししたあとに表示される「スクリーンショット」をタップする

(参考)
Microsoftサポート「Windows 10 でスクリーンショットを取得してコメントを追加する方法
Appleサポート「Mac でスクリーンショットを撮る
Appleサポート「iPhoneでスクリーンショットを撮る/画面を収録する
Androidへルプ「Android デバイスで画面の画像(スクリーンショット)または動画を撮影する

Zoomでのキャプチャを撮るコツ

「なるべく多くの参加者を画面に入れてキャプチャしたい」「参加者のプライバシーに配慮してキャプチャを撮りたい」といった場合のコツを2点ご紹介します。

【パソコン版】Zoom画面上に表示される人数を最大にする

パソコン版Zoomクライアントでは、Zoom画面をギャラリービューで表示すると、最大25名(設定によっては49名)の参加者を1つの画面に収めることができます。

最大表示人数の変更は、Zoomクライアントの[設定]>[ビデオ]>[ギャラリービューで画面あたりに表示する最大の参加者数]で選択します。

【パソコン版・スマートフォン版】Zoom画面上の参加者名を非表示にする

初期設定では、Zoom画面のビデオパネルに参加者のビデオ映像とともに、名前が表示されています。

設定によって、ビデオパネルから参加者名を消すことができます。
個人情報保護などの観点から、キャプチャ取得時に参加者名を表示させたくないたいときは、次の設定をしてみてください。

Zoom画面下部のビデオボタン横の△印>[ビデオ設定]をクリックします。

「ビデオに常に参加者名を表示」のチェックを外します。

Zoom画面に戻り、参加者のビデオパネル上にカーソルをあててると、数秒後に名前が非表示になります。

スマートフォン版Zoomアプリでも、ビデオパネルから参加者名を非表示にすることができます。

Zoom画面下部の[詳細]>[ミーティング設定]をクリックします。

[参加者の参加時に名前を表示]をオフにします。

[完了]をクリックしてZoom画面に戻って数秒待つと、パソコン版と同様にビデオパネルの参加者名が非表示になります。

まとめ

Zoomミーティングをしていると、次のような場面でキャプチャ(スクリーンショット)を撮りたい方も多いでしょう。
●初対面の相手の顔を覚えるために、キャプチャで控えておきたい
●ミーティング模様のシェア用に、キャプチャを撮っておきたい
●資料をキャプチャで残しておきたい

マイクをミュートにするなど、工夫をすれば参加者に気付かれずにキャプチャを撮れますが、第三者に共有する際は必ず共有の許可を得てからにしてください。
個人情報や機密情報の流出で後々トラブルにならないよう、共有したい場合は事前に了承を得るなどマナーを守ることが大事です。

無料メルマガのご登録(無料)

【登録者1万人以上】SEOの最新情報をお届け!






プライバシーポリシー

       

2021年11月17日ねぎお社長 (根岸雅之)

執筆者 / 監修者

サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。

3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

◇ 情報発信
ねぎお社長のWEBマーケティングチャンネル
ねぎお社長Twitter
ねぎお社長Facebook
ねぎお社長Instagram
ねぎお社長linkedin
ねぎお社長note

◇ 掲載メディア
リスティングプラス様 - 【最新版】SEOコンサルティングのプロが語る、今後中小企業が取り組むべきSEO対策
シンフィールド様 - サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長COO根岸 雅之氏に聞いた!SEO対策で最も重要なことを教えてください!

◇ 共催セミナー歴
オウンドメディアの成功事例とSEOを支える運用型広告の活用
今日から始められるWebマーケティング~コンテンツマーケティングとGoogle マイビジネス~
GMO TECH × サクラサク共催セミナー~テクニカルSEOとコンテンツマーケ~
リモート環境下においても売上・利益が成長し続ける組織創りと営業戦略

その他のブログ記事

Return Top