SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

  • SEO・コンテンツマーケティングなら
    サクラサクマーケティングにお任せください。

Zoom画面共有時に参加者の顔を表示・非表示する方法

Zoomミーティングで画面共有される際、他の参加者の顔を非表示にしてスライドに集中したいことはありませんか?また、逆に参加者の顔を表示にして、反応を見たいときもあるでしょう。

この記事では、Zoomの画面共有時に参加者の顔を表示・非表示にする方法や、表示の状態を調節する方法をご説明します。

Zoom画面共有時に参加者の顔をたくさん表示させたい場合

共有された画面とともに、他の参加者の顔も見える状態にしたい場合は、「ギャラリービュー」がおすすめです。

【パソコン版】ギャラリービューの左右表示モードを選択しよう

パソコン版Zoomクライアントでは、画面共有時のビデオパネル(参加者のビデオ映像が映し出されるパネル)の表示方法を次の3つから選択できます。

●標準(参加者を上部または下部に表示)
●左右表示:スピーカー
●左右表示:ギャラリー

このうち「左右表示:ギャラリー」を選択すると、最大25名(設定によっては最大49名)まで参加者を表示できます。

ミーティング中に操作する場合は、画面右上の[表示]をクリックし、「左右表示:ギャラリー」をクリックします。
できるだけ多くの参加者を表示させたい場合は、「全画面表示の開始」もするとよいでしょう。

すると、共有されている画面が左側に、ビデオパネルが右側に表示されます。

共有画面とビデオパネルの境目の二重線にカーソルを置くと、ドラッグしてビデオパネルの表示エリアを広げたり狭めたりできます。
ビデオパネルの表示エリアによって、最大25名(もしくは最大49名)まで表示されます。

以下のように、あらかじめ画面共有時は常に「左右表示:ギャラリー」でビデオパネルが表示されるように設定することも可能です。

Zoomクライアントのホーム画面右上にある、[設定]>[画面の共有]メニューをクリックします。

[左右表示モード]にチェックを入れると、次回のミーティング以降、画面共有時は自動的に「左右表示:ギャラリー」でビデオパネルが表示されます。

【パソコン版】デュアルモニターを用いるのもおすすめ

パソコンのモニターサイズによっては、「左右表示:ギャラリー」でビデオパネルのエリアを広げすぎると共有画面が見づらくなることがあります。また、全画面表示させたとしても、最大人数(25名または49名)を表示しきれないケースもあるでしょう。

そのようなときにおすすめなのが、デュアルモニター(デュアルディスプレイ)です。
デュアルモニターを使用すると、片方のモニターに共有画面、もう片方のモニターにビデオパネルを表示させることができます。

Zoomでデュアルモニターを有効化するには、Zoomクライアントのホーム画面右上にある[設定]>[一般]メニューをクリックします。

[デュアルモニターの使用]にチェックを入れると、次回以降のZoomミーティングでは、共有画面とビデオパネルがそれぞれ別のモニターで表示されます。

【スマートフォン版・タブレット版】表示される参加者数に限りがある

スマートフォン版Zoomアプリには、ビデオパネルの表示形式を切り替える機能はありません。
スマートフォンZoomアプリでは、画面共有時は常にアクティブスピーカー(Zoomがそのとき音声を拾っている参加者)のみが表示されます。

ドラッグ&ドロップで、アクティブスピーカーのビデオパネルを上下左右に移動できます。
タブレット版Zoomアプリでは、標準ビュー表示も可能です。

Zoom画面共有時にアクティブスピーカーのみ表示させたい場合

アクティブスピーカーとは、Zoomがそのとき音声を拾っている参加者のことです。
アクティブスピーカーのみをビデオパネルに表示させたい場合は、画面共有の開始後にZoom画面右上の[表示]>「左右表示:スピーカー」をクリックします。

すると、アクティブスピーカーのみが表示されるようになります。
ただし、ホスト(ミーティング主催者)によってピン留めされている参加者がいる場合は、アクティブスピーカーではなく、ピン留めされている参加者が表示されます

なお、前述のようにスマートフォン版Zoomアプリでは、画面共有時は常にアクティブスピーカー(もしくはピン留めされた参加者)が表示されます。

Zoom画面共有時に参加者の顔を表示させたくない場合

パソコン版Zoomクライアントでは、画面共有中にビデオパネルを非表示にすることが可能です。

画面共有の開始後にZoom画面右上の[表示]>「標準」をクリックします。


左端のマーク(サムネイルビデオの非表示)をクリックします。

スマートフォン版Zoomアプリでは、画面共有中はアクティブスピーカーが常に表示されますが、2021年8月現在これを非表示にする方法はありません。

まとめ

Zoomの画面共有は、オンラインミーティングならではの機能です。

参加者の顔の表示方法を把握しておけば、次のように使い分けることができます。

●ギャラリービューの左右表示モード
→共有された画面を見ながら、参加者同士全体で話し合いたいとき

●アクティブスピーカーモード・ビデオパネル非表示
→オンラインセミナーなどで画面共有されたスライドに集中したいとき

ビデオパネルの種類や切り替え方を知っておくだけで、画面共有時のミーティング集中度が高まります。参加者の顔を表示・非表示にする方法を理解し、画面共有機能を最大限活用できるようにしましょう。

無料メルマガのご登録(無料)

【登録者1万人以上】SEOの最新情報をお届け!






プライバシーポリシー

       

2021年11月17日ねぎお社長 (根岸雅之)

執筆者 / 監修者

サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長 COO

1980年生まれ 東京都稲城市出身、都立三鷹高等学校、専修大学文学人文科学を卒業後、2003年に学校関連の広告・出版を扱う株式会社JS コーポレーションに入社。

3年勤務した後に、学生時代より、ベンチャー企業への興味関心が高かったこと、より企業の課題解決に向き合っていきたいという想いから、WEB マーケティング業界へ転身。
2006年にSEM コンサルタントとして、インターネット総合代理店、株式会社オプトに入社。リスティング、ディスプレイ広告の運用から、SEOの施策提案など主にキーワードマーケティング領域に特化した業務に従事。

同年10月に、当時4名のベンチャー企業であった当社の役員と共鳴し、転職。入社後は、営業をはじめ、SEOコンサルティング、新規事業開発、自社マーケ、人事、財務と幅広い領域を経験し、営業部長、執行役員、取締役と経て、2015 年に社名変更とともに取締役社長に就任。

SEOコンサルタントとして大規模サイトから新規サイトまで、売上向上に繋がるコンサルティングを武器に200サイト以上の実績。9年連続でラスベガスで開催されるPUBCONに参加するなど海外の最新のSEO情報の収集にも尽力。
現在は、サクラサクラボの編集長、サクラサクラボチャンネルでの情報発信などの自社マーケティングを通じてBtoBマーケティングにも精通し、ここで培ったノウハウをもとにコンサルティングを展開。

3歳から現在に至るまで、サッカーを続けており、組織マネジメントにおいて、この経験値を大いに活用している。

◇ 情報発信
ねぎお社長のWEBマーケティングチャンネル
ねぎお社長Twitter
ねぎお社長Facebook
ねぎお社長Instagram
ねぎお社長linkedin
ねぎお社長note

◇ 掲載メディア
リスティングプラス様 - 【最新版】SEOコンサルティングのプロが語る、今後中小企業が取り組むべきSEO対策
シンフィールド様 - サクラサクマーケティング株式会社 取締役社長COO根岸 雅之氏に聞いた!SEO対策で最も重要なことを教えてください!

◇ 共催セミナー歴
オウンドメディアの成功事例とSEOを支える運用型広告の活用
今日から始められるWebマーケティング~コンテンツマーケティングとGoogle マイビジネス~
GMO TECH × サクラサク共催セミナー~テクニカルSEOとコンテンツマーケ~
リモート環境下においても売上・利益が成長し続ける組織創りと営業戦略

その他のブログ記事

Return Top