サービス

【マイナビIT AGENT】エンジニアからの評判・口コミ

マイナビITエージェント
総合評価 80.8点
カウンセリングの質 17.2点
提案された求人の数 16点
提案された求人の質 15.6点
転職活動のアドバイス力 17.2点
企業との交渉力 14.8
特徴 ・IT・Web業界の転職事情に詳しいキャリアアドバイザー
・応募書類の添削や⾯接⽇程調整など代⾏
・あなたのご希望に合わせた求⼈ご紹介

★転職のプロの評価
マイナビエージェントが運営するITエンジニアに特化した転職エージェント。この会社のアドバイザーはもともとITやWeb業界の方が多く、そのサポートが丁寧という噂がとても多いです。エージェントの規模としてはリクルートエージェント同様とても大きいので、リクルートエージェント同様とりあえずまずは登録しておいた方が良いエージェントの一つです。

公式ページ

マイナビIT AGENTの口コミ

40代女性(神奈川県) 転職回数:5回
知名度もあるし、IT業界専門の転職サイトなので今までのキャリアを十分生かすことができる転職ができます。IT業界専門の転職サイトの中でも大手と言っても過言ではないので、案件の数も多く、条件にマッチする仕事を紹介してくれるのは助かります。大手だけではなく、中小企業の転職も紹介してくれます。

40代男性(茨城県) 転職回数:3回
大手マイナビの関連転職サービスであり、とにかくIT関係の求人数がとても多く、自宅からでも通いやすい立地にある職場を多数見つけることができました。この会社が紹介してくれる案件数が多く、募集条件が厳しくない求人もたくさん見つかったので、どんどんと応募して選考に進んでいくことができました。

30代男性(東京都) 転職回数:1回
未経験者でもITに詳しいキャリアアドバイザーから転職状況や現場の雰囲気などといったアドバイスを細かく指導してくれたので前向きな姿勢で仕事探しをすることができました。求人の質もとてもよく、自分自身のキャリアにあったものを専門家が紹介してくれたので頼りがいがありましたし、求人の数も多く、仕事探しが楽しくなりました。

30代女性(大阪府) 転職回数:2回
応募書類の添削、面接日程調整、模擬面接と、転職における基本的なマナーやそのサポートが手厚く安心して転職活動ができる。親身に悩みを聞いてくれ、カウンセリングや面談も充実している。一人で不安なことも多い転職活動だが、カウンセリングで何でも相談できるのでくじけず、前向きに活動できたことは非常にありがたかった。また転職の際にはこのエージェントを活用するつもりでいる。

30代男性(東京都) 転職回数:3回
カウンセリングの担当者の人はとても親身で、自身に合ったタイプの職種や企業を一緒に考えてくれました。能力がそこまで高くない自分でもキャリアを作り上げられるようにサポートしてくれていたと思います。新たな職が決まるまで不安もありましたが、担当者の方の対応が良かったので気持ちも楽になり、スムーズに次に進めました。

エンジニアの口コミを見る

40代女性(東京都) 転職回数:3回
内向的な性格なので企業での面接がうまくいくか心配でしたが、マイナビのエージェントの方が模擬面接をしてくださったり、アドバイスをしてくださったので面接への恐怖心が和らぎました。あとはこちらのややわがまま的な要求も嫌な顔せずに聞いてくださり、希望労働条件などこちらの希望に叶う職場を紹介してくれる点はありがたいと感じます。

20代男性(東京都) 転職回数:1回
サポートが充実してたので、忙しくあまり時間がない中でも、代わりにスタッフが進めてくれることがたくさんありました。面接の日程調整の代行にも対応してくれ、働きながらスムーズに転職活動を行うことができます。キャリアドバイザーが、履歴書・職務経歴書の添削をしてくれたので、慣れない書類の作成もミスなく進めていけました。

30代男性(北海道) 転職回数:3回
IT・Web業界のプロが在籍していて、こちらの質問に丁寧に答えてくれました。履歴書の添削指導もあり、6ヶ月ほどのブランクがありましたが、まったく問題なく転職活動ができました。キャリアアドバイザーは面接スケジュールの代行など、全面的なバックアップをしてくれたので、不安を感じることは一切なかったです。

40代男性(埼玉県) 転職回数:1回
有名なサイトということもあり、それだけで安心して利用することができました。また、案件もとても多いので、自分の希望に合う職が見つかりやすいと思います。実際に利用してみてそう実感しました。アドバイザーも丁寧に親身に対応してくれてよかったです。面接日程の調整などもしっかり行ってくれるので、現職に就いたままでも転職活動がしやすかったです。

20代男性(神奈川県) 転職回数:3回
転職活動を行う上で面倒なのは応募書類です。せっかく苦労して作ったのに書類で終わってしまうケースも多々ありました。こちらのエージェントでは、応募書類の添削を行ってくれるためその企業に適した書類を作り上げることができました。また、仕事の関係でなかなか面接日程を決めることができませんでしたが、企業と調整を行ってくれたのでスムーズに選考に進めました。

 

転職のプロのマイナビIT AGENTの評価

名前の通りマイナビエージェントが運営するITエンジニアに特化した転職エージェント。

この会社のアドバイザーはもともとITやWeb業界の方が多いので、専門的な話も理解してくれやすいです。そして、なんといってもここはアドバイザーのサポートが丁寧という話がとても多いです。初回の面談のヒアリングや選考対策も充実しています。

拠点は一応全国ですが、実際は10箇所ほどなので自分の地域に拠点があるのかどうかも利用する上では確認しておいた方が良いです。拠点があるという地域はそれだけそのエリアの求人を紹介されることが多いということになります。

エージェントの規模としてはリクルートエージェント同様とても大きいので、リクルートエージェント同様とりあえずまずは登録しておいた方が良いエージェントの一つです。

公式ページ

マイナビIT AGENTの特徴

業界特化型の求人を取りそろえているマイナビIT AGENTの特徴をご紹介します。

IT、Web業界のエンジニアに対して特化している

マイナビIT AGENTは、母体である総合型のマイナビエージェントから派生したIT、Web業界に特化した転職エージェントです。

特化型の転職エージェントは他にも存在していますが、マイナビIT AGENTは総合型のマイナビエージェントからの派生ということもあって、Web系企業だけではなく、多くの企業の社内SEへの求人を保有しているといわれています。

そのため、通常の特化型の転職エージェントとは、また別の選択肢を増やすことができる転職エージェントであるといえるでしょう。

アプリケーションエンジニアやインフラエンジニア、ITコンサルの求人が多い

画像引用:マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENTの職種別の求人では、アプリケーションエンジニアが最も多いといわれています。次いでインフラエンジニア、次点がITコンサルタントです。インフラエンジニアやITコンサルタントについては、IT系の職種の中では年収が高くなる部類にあるため、インフラエンジニアやITコンサルタントで転職を考えている場合は、マイナビIT AGENTを選択肢に入れるのが良いでしょう。

また、社内SEなどの求人も存在しているため、必ずしも希望通りの職がないとは限りません。ITコンサルタントと社内SEは同量程度存在しているため、社内で働くことを想定している場合は一度相談することをおすすめします。
他にもリモートワークや、在宅勤務ありの可能性もあるため、地方だからと、転職を諦めないようにしましょう。

公式ページ

他の転職サイト(エージェント)との違い・比較

IT特化型のマイナビIT AGENTと他の転職エージェントの特徴を比較すると、以下の通りです。

マイナビIT AGENT ・IT・Web業界の転職事情に詳しいキャリアドバイザー
・応募書類の添削や⾯接⽇程調整など代⾏
・あなたのご希望に合わせた求⼈ご紹介
リクルートエージェント ・業界トップクラスの求人数、業界最大級の非公開求人数
・実績豊富なアドバイザーが、お客様の希望やスキルに沿った求人を厳選
・提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など充実した転職サポート
レバテックキャリア ・ITエンジニア特化で15年、技術と市場を知り尽くしたアドバイザー
・初回の提案での内定率は90%、決してズレのないマッチング精度
・最速1週間での内定実績、マンツーマンで徹底的にサポート
doda ・業界最大級の求人数
・各専門スタッフがプロの視点でサポート
・面接の日程調整代行
・書類・面接の対策や手続きサポート
・地方や海外転職にも有利
Tech Starts Agent ・IT/Web/ゲーム業界の「エンジニア」に特化
・コンサルタントは業界経験者のみ、経験豊富なアドバイザー
・お取引社数700社以上、豊富な紹介企業数
・入社後短期離職率1%以下

マイナビIT AGENTはこんな人におすすめ

IT、Web業界に特化しているため、業界についての知見があり、転職を考えている人や、第二新卒など20代の転職におすすめです。

20代または第二新卒の転職に当てはまる人

マイナビIT AGENTが20代や第二新卒に向いていることは、母体であるマイナビエージェントが保有する案件からも以下のような理由であることがわかります。

・企業や業務内容が総合型エージェントからの繋がりのため求人が広い
・中小企業の求人を多く保有している
・企業紹介だけではなくその他のサポートが充実している

このような理由から、20代または第二新卒のIT関連への職種に向いているといえるでしょう。特にマイナビエージェントの繋がりがあることで、広い範囲でのIT関連の求人を得ていることや、転職初心者のサポートに対して力を入れていることも理由です。

就職や転職の業界では、年代が若い転職者は将来性があるため、転職に成功する可能性が高いと考えられています。そのため、転職するのが難しいかもしれないと思っている20代や第二新卒もまずは積極性を持って転職活動や、模擬面接でアピールする練習を欠かさないようにしましょう。

IT・Webに特化しているため、当該業界で働きたい人

マイナビIT AGENTはIT・Webに関して特化した転職エージェントです。とりわけIT・Webの中でも、アプリケーションエンジニア、インフラエンジニア、ITコンサルの求人が多いこともあり、特にこの職種に就きたいと考えている転職者にとっては、選択肢を増やす方法としてマイナビIT AGENTを利用することをおすすめします。

また、IT特化型の転職エージェントでありながらも、母体は総合型の転職エージェントであることから、IT企業の求人以外にもさまざまな企業のIT関連に強いため、当該業界で働くことを希望している場合や、転職してキャリアアップを図りたいと考えている場合にも積極的に利用して良いでしょう。

選択肢としては中小企業の可能性もありますが、20代の最初の転職エージェントとして利用するにもサービス内容が適しているため、IT関連の業界で働きたい、かつ20代が転職する場合に利用する転職エージェントの一つとして登録することをおすすめします。

公式ページ

マイナビIT AGENTで転職するまでの流れ

マイナビIT AGENTで転職する場合の流れをご紹介します。

1.転職支援サービスに申し込む

マイナビIT AGENTの公式サイトより、転職支援サービスに申し込み、詳細を入力して登録します。登録まで約3分で完了することが明記されています。また、マイナビエージェントと繋がりがあるため、マイナビIT AGENTもマイナビエージェントの求人情報を共有しています。
しかし、希望職種に応じたキャリアアドバイザーが割り振られるため、マイナビIT AGENTはITに知見のある安心できるアドバイザーとなるでしょう。

公式ページ

2.キャリアアドバイザーとWeb面談を行う

Web面談によって、キャリアアドバイザーとの面談を行います。Web面談が難しい場合は電話やメール、Webツールを利用した方法でも可能です。また、直接面談したい場合は、拠点に対して通常の来社面談を行う必要があります。
この面談で、転職の意向や希望をキャリアアドバイザーに説明し、深掘りすることとなるでしょう。市場価値を知りたい場合や、未経験でも問題ないかどうかも相談することで判断できますので、まずはどのような希望があるのかをしっかりと伝えることが大切です。

3.キャリアアドバイザーから求人を紹介してもらう

キャリアアドバイザーは面談の内容から希望にあった求人を紹介します。未経験でも市場価値がわからなくても、キャリアアドバイザーとの面談によって、経歴や悩みに応じたキャリアプランの提案が行われるでしょう。その時に、将来的なキャリアまで見通して、話を伺うことが必要です。現状の希望とずれていると感じた場合は、提案の内容の詳細についてしっかりと確認した上で、納得いく形で求人を確認しましょう。
気になる求人があれば、応募したい旨を伝えて面接できる日程を調整してもらいます。

4.応募書類を添削してもらい、企業に応募する

応募したい旨を伝えると、応募書類を作成する段階に移ります。企業に応募するための書類の作成が完了すると、まず添削が行われ、添削が完了して、初めてキャリアアドバイザーによる応募手続きが行われます。
その時にキャリアアドバイザーによる推薦状が作成されます。これは、職務経歴書では伝わりきらない転職者の長所をキャリアアドバイザーがまとめた書類となります。
書類の準備が整い次第、企業への応募が行われるためしっかりと書類を完成させましょう。

5.必要な場合は模擬面接を経て、面接を行う

面接に不慣れな場合を想定して、模擬面接のサービスが存在しています。その時に、応募する企業に合わせて、アピールするべきポイントのアドバイスもあわせて行われます。模擬面接を経て、本番の面接を行い、結果や評価のポイントは企業側からフィードバックがいただけるため、今後の転職活動に生かすことができるのがポイントです。フィードバックがもらえない場合もありますが、基本的には企業によって評価された内容や、お見送りの場合の理由などは公開されるため、キャリアアドバイザーから共有してもらうようにしましょう。

6.内定・入社が決まると同時に、交渉までバックアップしてもらう

内定から入社までが決まったところで、終わりではありません。マイナビIT AGENTでは、条件面の調整はもちろんのこと、現職で働いている企業からの引き止めに対して、どのように対応するべきか、引き継ぎなどの方法などのアドバイスがあるため、わからない内容に関しては、質問などを経てバックアップしてもらいましょう。

公式ページ

マイナビIT AGENTで転職を成功させるためのポイント

マイナビIT AGENTで転職を成功させるためのポイントは、わからないことをエージェントに聞くことや、間違いを恐れずに活動していくことが大事です。

市場価値と経歴の自己分析をしっかりと行う

転職において大切なことは、市場の中での価値と、経歴がどれほど役に立つのかを理解することです。また、面接においては、どのような経歴があるのか、業務内容はどうだったのか、なぜ転職を考えたのかなどの質問をされます。

それに対して、自己分析をしっかりと行うことで、質問に対しての回答を確実に行うことができるでしょう。逆に自己分析ができていない、経歴についてあやふやになっている、業務内容が思い出せない、などがないように、当時の記憶をなぞっておく必要があります。

その上で、転職した前向きな理由をはじめとして、しっかりとした受け答えができることが自己分析できている証拠です。半端な状態で面接を行うと、話に矛盾が生じてしまうことや、キャリアプランが見えづらい状態に陥り、企業からの印象が悪くなってしまします。

それらを回避するために、市場価値の確認と、経歴の自己分析を必ず行うようにしましょう。

転職エージェントからのフィードバックをしっかりと取り込む

転職する場合に意識するべきは、市場が求めている人材を意識することです。面接を受けた結果、お見送りになった時に、なぜお見送りになったのか、企業がフィードバックしてくれます。

また、それまでにその企業にお見送りされたフィードバックから、企業が欲しいと感じている人材を想定することが可能です。そのためにも、しっかりと転職エージェントからのフィードバックを受け止め、改善することが必要となってきます。

スキルが規定に達していなかったため、などについては、どうしようもない面もありますが、将来的に活躍できるように自学自習を行っているなど、伝え方次第で打開する方法もあるでしょう。

マイナビIT AGENTは補助的なサービスに手厚いため、わからないことは質問すると同時に、キャリアアドバイザーから見る転職成功ポイントなどのノウハウのページを確認することで、転職成功率を上げるように努めましょう。

公式ページ

他の転職サービスとも併用する

特定の求人サイトにしか求人を出さない企業もあり、転職エージェント1社だけではどうしても出会えない求人があります。同じ転職条件をエージェントに提示しても、担当者の解釈次第では異なるアプローチで求人が出てくることもあるでしょう。時間がなく、複数社の対応が難しい場合でも、メインの1社以外はスカウト待ちや情報収集用に置いておくと便利です。

またエージェントを1社だけに絞ってしまうと、万が一そのエージェントや付いてくれた担当者と合わなかった場合に別会社でゼロから転職活動をすることになりかねません。情報をしっかり収集して信頼できる担当者を見つけるためにも、転職サービスは複数併用するのがおすすめです。

エンジニア向け転職エージェントおすすめ9選
エンジニア向け転職エージェントおすすめ9選【口コミ90件】求人が多い分だけ情報収集も大変であり、自分の希望の条件にできるだけ近い仕事を探すためには転職エージェントの力を借りるのが有益です。この記事ではITエンジニア向けの転職エージェントをご紹介すると同時に、転職エージェントを利用するメリットや使った場合のフローなどをご説明します。...

著者情報

監修者:海老澤 宏(えびさわ ひろし)

株式会社キャリアゲート代表取締役
派遣のエンジニアとして約30年間15箇所の派遣先で機械設計エンジニアとして勤務。エンジニアの最後には新卒の導入研修の講師として200名以上を担当。研修のメインはキャリア開発。その後エンジニアの採用担当者として、月に20回以上、面接官として面接を実施。退職後自身で職業紹介事業、キャリアカウンセリングで会社を設立し、現在はエンジニアの経験、採用部門での経験を生かしキャリアカウンセリングやコーチング、職業紹介のサポートなどをメインに活動中。

詳しくはこちら

編集長:山崎 好史(やまさき よしふみ)

サクラサクマーケティング執行役員 CTO
株式会社CSK(現株式会社SCSK)にて保守運用マネージャーとして活躍後、独学でプログラミングおよびSEOを学び、サクラサクマーケティングの前身である株式会社ブルトアに入社。SEOの知識と技術力を生かしておもにSEOにおけるツール開発、R&Dなどを進め、中核事業に成長させる。現在はエンジニア以外にシステム運用チーム、コンテンツマーケティングチームも合わせて取りまとめ、プロダクト全般を統括中。

詳しくはこちら

執筆者:スギヤマコウジ(杉山晃司)
工学系大学院を卒業。IT企業にて約3年アプリケーション開発やPLを担当。転職し、大手ベンチャー企業で2年間SIerとして従事。業務だけではなく資格取得に専念し、退職。2021年現在は転職やITソリューションの解説、金融関連を中心に執筆。経験を通じ、読む人に必要な情報を届ける。フリーWebライター。

詳しくはこちら