サービス

【リクルートエージェント】エンジニアからの評判・口コミ

★転職のプロの評価
大手なのでリクルートエージェントに求人を出す企業は財務体制もしっかりしている企業です。求人数は圧倒的に多く求人の紹介から面接対策、年収の交渉まで全てサポートを受けられるのが売りです。転職するにはとりあえず登録しておくエージェントです。送られてくる求人数が多いので、自分の市場価値の確認にもなります。初めて転職する人にはある程度自分の適正年収も把握出来るようになります。

総合評価 80.9点
カウンセリングの質 16.1点
提案された求人の数 16.9点
提案された求人の質 15.6点
転職活動のアドバイス力 16.8点
企業との交渉力 15.5点
特徴 ・業界トップクラスの求人数、業界最大級の非公開求人数
・実績豊富なアドバイザーが、お客様の希望やスキルに沿った求人を厳選
・提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など充実した転職サポート

公式ページ

リクルートエージェントの口コミ

【調査概要】
調査日:2021年8月
調査対象:過去にリクルートエージェントを利用したことがあるエンジニア
調査方法:Repo(ルポ)
スコアの内訳:カウンセリングの質・提案された求人の数・提案された求人の質・転職活動のアドバイス力・企業との交渉力の5項目を0〜20点で採点した合計

40代女性(埼玉県) 転職回数:1回
スコア:73点
希望に近い求人を提案してもらえたので、その点はとても助かりました。また希望する地域に限定して探してくれたので、1人では見付ける事が難しい求人対応は凄いと感じました。また求人情報の詳細やポイントなどはわかりやすく説明してもらえるので、選ぶ上での比較基準としてとても有効的だったので助かりました。

40代男性(千葉県) 転職回数:1回
スコア:88点
アドバイザーが専門的な知識を持っていて、自分が悩んでいる問題に対して適切な対応をしてくれました。あまり転職をした経験が少なかったので不安でしたが、資料を使いわかりやすく説明してくれたので助かりました。転職活動で必要になる書類の書き方や面接への対応方法など、サポート体制も充実していたのがよかったです。

30代男性(福井県) 転職回数:1回
スコア:76点
担当したエージェントの方はいつも親身に相談にのってくれました。転職は全くの初めてだったので自分の希望に加えて向いている転職先の候補を提示してくれました。最初は書類選考の段階で落とされたこともあり、希望している業界に就けるかどうか少し不安になりました。しかし、職務経歴書や面接などでの細かいアドバイスをいただきました。頑張ればきっと叶うと背中を押してくれたおかげで希望の業界での内定をもらうことができました。エージェントに相談して良かったと感じています。

エンジニアの口コミを見る

40代男性(北海道) 転職回数:3回
スコア:91点
非公開求人が充実しており、10万件の案件から探していけるのがよかったです。膨大な案件から絞り込んでいけるので、理想の職場を見つけることができました。キャリアアドバイザーの対応もよく、スキルチェックをした上で仕事探しを手伝ってくれました。自身のスキルを客観視できたのはよかったです。

40代女性(神奈川県) 転職回数:5回
スコア:79点
大手ということもあるので、案件の数も多いです。条件を伝えておくだけでかなりの仕事の紹介を受けることができました。その中で相談をしながら自分に合う仕事を受けることができたので、良かったと思います。また非公開案件もあるので、実際に登録をしてみなければわからないことも多いように感じました。

30代女性(愛知県) 転職回数:2回
スコア:83点
リクルートエージェントは大手なので、地方から大都市や、全国の求人に応募できるところが魅力でした。また求人の数も多く、大企業も多いところが魅力でした。 スタッフの方にも親身に対応していただき、自分ではなかなか言えないような長所や特技なども相手先の企業に魅力的に伝えてもらえるところが良かったです。

40代女性(大阪府) 転職回数:4回
スコア:57点
転職コンサルタントの方々の服装がきちんとしており、信用できるというイメージでした。紹介された案件は、あいにく私にはそぐわなかったけれども、一生懸命に、適切な年収を、私の経歴からよく見立ててくださり、とても良い印象を、それぞれの男女の転職コンサルタントの方から受けました。「人は、見た目が一番。第一印象が大切である。」ということを教えてもらいました。

30代男性(東京都) 転職回数:1回
スコア:88点
スキルアップのために転職を考えていましたが、どの求人を比較しても職種や業務内容が一緒だったりするので自分自身に合ったものが見つからずに困っていました。しかし、このサービスを利用したら自分が探している求人を参考にしながら、直接企業と交渉をしてくれたので、スムーズに採用を得ることができてとても助かりました。

40代男性(東京都) 転職回数:1回
スコア:88点
転職に精通しているエージェントなので、初心者の方には特に有効なサービスだと思います。転職とは何か、どのように臨めばよいか、就職希望先がどういう情報を求めているのかが短時間でよくわかります。自分のことをしっかり表現できる状態に整えてから取り組むと、一層得るものが大きくなりますので、準備を自分でしっかりしておくと良いです。

40代男性(千葉県) 転職回数:3回
スコア:86点
リクルートエージェントは、転職サイトでも有名なサイトで、スタッフの対応も大変丁寧な感じがしました。今まで、職を離れていましたが、親身になって相談をしていただけたのが良かったです。パソコンのスキルを実際にチェックしていただけたのが良かったです。パソコンができる方も多いので競争率は高いですので、事務の仕事をする時には、ワードやエクセル以外に資格を取っておくといいとアドバイスをいただきました。

転職のプロのリクルートエージェントの評価

日本で最大手のエージェントです。公開求人数、非公開求人数もテレビコマーシャルでやっている通り。大手なのでここに求人を出す企業は財務体制もしっかりしている企業です。

求人数は圧倒的に多く求人の紹介から面接対策、年収の交渉まで全てサポートを受けられるのが売りです。ネットのクチコミでそれほど悪い書き込みも多くなく、転職するにはとりあえず登録しておくエージェントです。

送られてくる求人数が多いので、その数でうんざりすることもありますが、逆に自分の市場価値の確認にもなります。

初めて転職する人にはある程度自分の適正年収も把握出来るようになります。ターゲットとしている年代は20代30代が中心ではあるものの第二新卒やミドル層の求人も多いのが特徴です。

公式ページ

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェントの特徴

転職エージェントの中でも、特化型ではなく総合型で幅広い求人を取り揃えているリクルートエージェント。その特徴をご紹介します。

総合型のため、さまざまな業界の求人を取り扱っている

画像引用:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、総合型エージェントであり、さまざまな選択肢を提供することが可能です。キャリアアップだけではなく、キャリアチェンジを考えている場合でも、豊富な求人から適切な求人を見つけることができるでしょう。

例えば、エンジニアから転職を考えている際に、キャリアアップを考えていればプロジェクトリーダーやプロジェクトマネジメントなどの選択肢を選ぶことができます。キャリアチェンジの場合でも、未経験可の求人も多く取り揃えているため、前向きにキャリアプランの変更を考えることができるでしょう。

また、エンジニアの中でも職種を変えたいなど、ピンポイントな求人が多いです。その他にも年収を上げたいという理由から大手の求人だけに応募することも可能です。

求人数は業界最大級の10万件の取り扱い

40代男性(北海道) 転職回数:3回
スコア:91点
非公開求人が充実しており、10万件の案件から探していけるのが良かったです。膨大な案件から絞り込んでいけるので、理想の職場を見つけることができました。キャリアアドバイザーの対応も良く、スキルチェックをしたうえで仕事探しを手伝ってくれました。自身のスキルを客観視できたのは良かったです。

リクルートエージェントは、総合型エージェントであることも一つの強みですが、求人数が業界最大級の10万件といわれています。そのため、日々新着の求人を確認することができるのです。また、スカウト機能と呼ばれる、企業からのスカウトや面談確約のスカウトも存在しており、多種多様な企業の中から、条件にあった企業を見つけることができるでしょう。

また、キャリアアドバイザーとのカウンセリングは、Web上や実際に足を運ぶ対面、電話でのカウンセリングが可能です。電話でも良いですが、オンライン上での対面面談の方が、メモを取ることや、安心して相手と話すことができます。好みの方法を利用してカウンセリングに進みましょう。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーはカウンセリングの中で、転職に関する思いを重視する傾向にあります。時期や転職する意思が固まっていない場合に、無理に転職を進めることはしません。そのため、転職活動を決めると決心するまでに時間が空いても問題なく対応していただけるのも特徴です。

ツールが充実しており、職務経歴書も作成できる

画像引用:リクルートエージェント

リクルートエージェントのサービス登録後には、その他のエージェント同様職務経歴書を作成する必要があります。リクルートエージェントでは、Web上で解決できるようにツールが充実しており、データでの写真の提出や、職務経歴書はオンライン上で入力することでいつでも加筆修正が可能になっています。

また、キャリアシートも提出することが可能になっており、すべてのデータを提出することで、企業に対してかんたんに情報共有が可能です。マイページにはさまざまな機能が搭載されているため、面接後のアンケート回答などもメール画面ではなく、Web上のマイページから閲覧できます。

日程調整など、他のエージェントでは、メールで確認する必要がある場合もあります。そのため、一覧で確認できることや、応募した企業の情報を閲覧できる機能があるのは時短や管理のしやすさに役立っているといえるでしょう。

公式ページ

他の転職サイト(エージェント)との違い・比較

IT特化型のマイナビIT AGENTと他の転職エージェントの特徴を比較すると、以下の通りです。

リクルートエージェント ・業界トップクラスの求人数、業界最大級の非公開求人数
・実績豊富なアドバイザーが、お客様の希望やスキルに沿った求人を厳選
・提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など充実した転職サポート
doda ・業界最大級の求人数
・各専門スタッフがプロの視点でサポート
・面接の日程調整代行
・書類・面接の対策や手続きサポート
・地方や海外転職にも有利
マイナビIT AGENT ・IT・Web業界の転職事情に詳しいキャリアドバイザー
・応募書類の添削や⾯接⽇程調整など代⾏
・あなたのご希望に合わせた求⼈ご紹介
レバテックキャリア ・ITエンジニア特化で15年、技術と市場を知り尽くしたアドバイザー
・初回の提案での内定率は90%、決してズレのないマッチング精度
・最速1週間での内定実績、マンツーマンで徹底的にサポート
Tech Starts Agent ・IT/Web/ゲーム業界の「エンジニア」に特化
・コンサルタントは業界経験者のみ、経験豊富なアドバイザー
・お取引社数700社以上、豊富な紹介企業数
・入社後短期離職率1%以下

リクルートエージェントはこんな人におすすめ

リクルートエージェントはこんな人におすすめ

リクルートエージェントは総合型の転職エージェントで、求人数も職種も多く、全国展開していることから、安定的に転職を希望する人におすすめです。詳細について説明していきます。

多くの求人から条件にあった企業を選択したい人

画像引用:リクルートエージェント

リクルートエージェントの求人数は業界最大級の10万件です。そのため、適した条件の求人を探す際には最も適している転職エージェントといえるでしょう。

エンジニアで例えると、以下のような分類でも求人が見つかるということです。

  • Webアプリエンジニア
  • クラウドエンジニア
  • インフラエンジニア
  • データベースエンジニア
  • スマートフォンアプリエンジニア

その他にも多様なエンジニアの職種は存在していますが、職種の条件だけでも多様な求人が用意されているというのは、転職者にとっては願ってもないことでしょう。

また、求人数が多いということは、スキルレベルにあった内容をより細かく指定することもできます。他にも通勤時間や、社風、年収、仕事内容、テレワークの可否など多彩な条件を指定し、条件に合致する内容の求人を選ぶことが可能ということです。

非公開求人なども充実していることから、思わぬ企業との出会いもあるでしょう。選択肢が多く、条件を細かく考えて転職活動を行いたい人には適した転職エージェントであるといえます。

全国に拠点を持っているため、地方で転職を考えている人

画像引用:リクルートエージェント

リクルートエージェントの拠点は関東だけではなく、全国各地に拠点を持っています。そのため、地方で転職したいと考えている人でも、Iターン転職、Uターン転職などさまざまな転職の方式を選ぶことが可能です。

もちろんその拠点の中で転職を行う場合であっても、10万件の求人の中から選択することが可能となっています。そのため、地方で就職して地方で転職したい人でも安心して転職活動に取り組むことができるといえるでしょう。

また、リクルートエージェントは大手の転職エージェントの一つであるため、サービスや転職のノウハウが充実しているのが特徴です。はじめて転職活動を行う場合であっても、並行して転職エージェントを利用する場合であっても、リクルートエージェントによって、転職への理解を深めることができるといえます。

公式ページ

リクルートエージェントで転職するまでの流れ

リクルートエージェントで転職するまでの流れ

実際にリクルートエージェントで転職する場合の流れをご紹介します。

1.転職支援サービスに登録する

画像引用:リクルートエージェント

リクルートエージェントの転職サービスの申し込みフォームがあるため、そちらに必要事項を入力して登録します。転職希望時期や、勤務地、職種、年収など入力する内容はさまざまありますが、入力することで後々の手間が省けることもあるため、必須項目はしっかりと入力しましょう。登録や利用料については無料です。

また、リクルートエージェントの機能の中に「スカウト」の機能がありますが、これはリクナビNEXTが提供しているサービスです。利用する際には、リクナビNEXTのスカウトサービスに同時登録することが必要になるため、利用する場合は忘れないようにしましょう。

公式ページ

2.カウンセリングの日程を決定する

サービスに申し込みを行うと、担当者が決定されます。その担当者とのカウンセリングを行うことで、担当者のおすすめ求人の紹介をしてもらうことが可能になります。まずは、担当者の方がこちらを理解できるように、データ入力などをしっかりと行い、電話かメールで届くカウンセリング日程を決定しましょう。

電話、対面の他に、Web上での面談などがあるため、希望する方式を選択して、カウンセリングの予約を取ることが大切です。

3.キャリアアドバイザーとのカウンセリングを行う

カウンセリングの方式と日程が決まったら、予定の日にカウンセリングを行います。キャリアアドバイザーの自己紹介などもかねているため、信頼関係を築きましょう。

その後、キャリアアドバイザーの方とのカウンセリングの時間となりますので、希望の条件を提示することや、キャリアプランについてしっかりと説明をします。

ここでズレが生じてしまうと、キャリアアドバイザーからの適切なサポートを受けることができないため、物怖じせず、まずは条件を述べることが大切です。わからないことや、不安なことについても合わせて聞くことで、今後の流れをスムーズにすることができるため、積極的にカウンセリングの時間を利用するように心がけましょう。

4.求人の紹介、書類添削、面接対策を行う

カウンセリングによって、現在までのキャリアや転職の目的、希望条件、そして最終的な方向性がヒアリングされることで、キャリアアドバイザーおすすめの求人を紹介していただけます。

その中から、ある程度の件数の応募を行うことが必要です。ただし、書類が半端な状態では書類選考の段階で落とされてしまいます。まずは、書類の添削や、技術のたなおろしをかねて、職務経歴書を完成させるなど、優先順位をつけて転職活動に取り組みましょう。

それが完了することで、求人への応募を行うことができます。書類選考が通れば面接に進むため、先回りをして面接対策を行うことも選択肢に入れておくのが良い選択です。

5.応募、書類選考、面接を行う

リクルートエージェントはWeb上のマイページで紹介された企業や、検索から求人を見つけることができます。キャリアアドバイザーが紹介する企業だけしか選択できないわけではなく、意思を持って企業を選択することも可能です。

また、それによって目星をつけた企業への応募は、必ずマイページから、本人が応募するボタンを押して行いましょう。書類選考が通れば、日程を選択肢、問題がなければ面接を行うこととなります。

Web面接が増えてきたこともあり、時間に余裕を持って活動することも可能になってきました。しかしWeb面接不可の場合もあるため、必ず求人の情報を確認して応募を行うことをおすすめします。

6.内定、退職交渉、入社の手続き

内定が決まると、入社日の調整や年収の交渉など、行わなければならないこともあります。それらの内容は、キャリアアドバイザーに相談して、窓口となってもらうことができるため、困った時はすぐに相談するように心がけましょう。

リクルートエージェントにおける転職の目的は、入社後の活躍、キャリアアップ、希望の生活や環境を手に入れることです。そのため、代行できる項目に関しては依頼するのが良いでしょう。

リクルートエージェントで転職を成功させるためのポイント

リクルートエージェントで転職を成功させるためのポイント

リクルートエージェントで転職成功させるにはどのようなポイントがあるでしょうか?キャリアアドバイザーに頼るのも良いですが、まずは理解を深めるようにしましょう。

転職成功ガイドのコンテンツに目を通しておく

画像引用:リクルートエージェント

リクルートエージェントのコンテンツには、「転職成功ガイド」というものがあります。転職の進め方やそのポイントが、記事ごとにまとめられているため、一通り目を通すことで転職の概要を掴みましょう。
すでに複数回目の転職の場合でも、初心に返って転職成功ガイドを読むことで、今後のスケジュールや忘れている面接のカンなどを取り戻すことができます。

また、職務経歴書などが、よりわかりやすく読まれるようになっているか確認することや、間違いがないことを確認することも重要です。提出するものはすべてブラッシュアップすることを欠かさないようにしましょう。

リクルートエージェント「転職成功ガイド」

キャリアアドバイザーとの連絡が頻繁に取れるため、積極的に利用する

リクルートエージェントは、キャリアアドバイザーが休みの日でも、別の担当の方に連絡をすることが可能です。また、メールによって連絡を取ることも、電話によって直接連絡を取ることもできるようになっています。
急ぎの連絡であれば、電話によって質問を行い、対応時間外の場合でもメールに送信することで、一営業日以内にアドバイザーと連絡を取ることが可能です。

そのため、不安に思ったことや、何社か面接をしてみて、転職への考え方が変わってきた場合など連絡を取ることで、より希望度の高い企業へ転職する道へ転換することができます。

転職活動に悔いを残さないためにも、積極的にキャリアアドバイザーと連携して、望む転職先に転職できるようにしましょう。

公式ページ

他の転職サービスとも併用する

特定の求人サイトにしか求人を出さない企業もあり、転職エージェント1社だけではどうしても出会えない求人があります。同じ転職条件をエージェントに提示しても、担当者の解釈次第では異なるアプローチで求人が出てくることもあるでしょう。時間がなく、複数社の対応が難しい場合でも、メインの1社以外はスカウト待ちや情報収集用に置いておくと便利です。

またエージェントを1社だけに絞ってしまうと、万が一そのエージェントやついてくれた担当者と合わなかった場合に別会社でゼロから転職活動をすることになりかねません。情報をしっかり収集して信頼できる担当者を見つけるためにも、転職サービスは複数併用するのがおすすめです。

エンジニア向け転職エージェントおすすめ9選
エンジニア向け転職エージェントおすすめ9選【口コミ90件】求人が多い分だけ情報収集も大変であり、自分の希望の条件にできるだけ近い仕事を探すためには転職エージェントの力を借りるのが有益です。この記事ではITエンジニア向けの転職エージェントをご紹介すると同時に、転職エージェントを利用するメリットや使った場合のフローなどをご説明します。...

監修者・著者情報

監修者:海老澤 宏(えびさわ ひろし)

株式会社キャリアゲート代表取締役
派遣のエンジニアとして約30年間15箇所の派遣先で機械設計エンジニアとして勤務。エンジニアの最後には新卒の導入研修の講師として200名以上を担当。研修のメインはキャリア開発。その後エンジニアの採用担当者として、月に20回以上、面接官として面接を実施。退職後自身で職業紹介事業、キャリアカウンセリングで会社を設立し、現在はエンジニアの経験、採用部門での経験を生かしキャリアカウンセリングやコーチング、職業紹介のサポートなどをメインに活動中。

詳しくはこちら

編集長:山崎 好史(やまさき よしふみ)

サクラサクマーケティング執行役員 CTO
株式会社CSK(現株式会社SCSK)にて保守運用マネージャーとして活躍後、独学でプログラミングおよびSEOを学び、サクラサクマーケティングの前身である株式会社ブルトアに入社。SEOの知識と技術力を生かしておもにSEOにおけるツール開発、R&Dなどを進め、中核事業に成長させる。現在はエンジニア以外にシステム運用チーム、コンテンツマーケティングチームも合わせて取りまとめ、プロダクト全般を統括中。

詳しくはこちら

執筆者:スギヤマコウジ(杉山晃司)
工学系大学院を卒業。IT企業にて約3年アプリケーション開発やPLを担当。転職し、大手ベンチャー企業で2年間SIerとして従事。業務だけではなく資格取得に専念し、退職。2021年現在は転職やITソリューションの解説、金融関連を中心に執筆。経験を通じ、読む人に必要な情報を届ける。フリーWebライター。

詳しくはこちら