用語集

display none

display noneはcssのプロパティの1つで、指定した要素の表示・非表示を切り替える際などに使用されます。
例えば、同じHTML内で端末ごとに表示させる内容を切り替える方法が考えられます。

display noneで見えなくなった要素もソースを見ればわかるため、htmlを見ているロボットとブラウザを見ているユーザーとで表示される内容が異なります。

display noneを設定する際のSEO上の注意点
display noneを悪用すればユーザーから見えないように検索エンジンにだけテキストなどを見せることができるようになります。
このようなテキストは隠しテキストとして、Googleのガイドラインにて禁止されており、そうした用途での使用が認められてしまうとペナルティを受ける可能性があります。

スパムとして扱われなくても、display noneで隠している部分の内容は、検索エンジンから全くもしくはほとんど評価されません。
ページ内の重要なコンテンツは常に表示されるようにし、display noneを使うのはサポート的なコンテンツにとどめておくことがおすすめです。

visibility:hiddenとの違い
display noneと似たものに、visibility:hiddenがあります。
display noneの場合には、要素は無くなったものと見なされ、次にある要素が詰めて表示される一方、visibility:hiddenは単純に見えなくするだけなので、visibility:hiddenで指定された領域は空白として表示されます。
こうした違いはあるとはいえ、visibility:hiddenもdisplay noneと同様に、ユーザーから要素が見えなくなるという点では同じですので、不正なSEO目的で使用するとスパムとして扱われる可能性があります。







無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

無料メルマガのご登録(無料)

SEOの最新情報を無料でお届けします!





プライバシーポリシー

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. ウェブマスターオフィスアワーまとめ(2019年11月6日)

    2019年11月6日にウェブマスターオフィスアワーが行われました。 Googleの金谷さんとあんなさんが発言した内容をまとめます。 今後のイベント 11/23 ウェブ解析士会議2019 in Osaka 11/25 We […]...

    1. サイトリニューアルで失敗しない為のSEOチェックポイント

      制作してから年月が経過したWebサイトでは、リニューアルを行うケースもあるかと思います。 メインとする目的は様々でしょうが、その際、検索流入を失いたくないというのはすべてのWeb担当者が持つ共通の思いでしょう。 この記事 […]...

      1. インスタグラムの公式な投稿埋め込み方法がSEOに不向きな理由

        ブログやWebサイトだけでなく、インスタグラムやtwitterなどのSNSを運営していて、ブログ上でSNSの紹介や、逆にSNS上でブログの紹介をされる方も多いかと思います。 ブログ上でSNS投稿を紹介する場合、投稿埋め込 […]...

おすすめコンテンツ

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)とは?初心者にもわかりやすく解説します

    SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことで、数あるWeb集客手法の中でも、検索エンジンからの成果を最大化することです。基本的にはユーザーや検索エンジンからより評価されるように、WebサイトやWebページの変更・改修を続 […]...

    1. コンテンツマーケティングとは?特徴と事例、社内でできる方法を解説します

      ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるためには、サイトパワーとユーザーが求めるコンテンツが必要です。 ユーザーが求めるコンテンツとは、情報や課題の解決方法であり、それを満たすコンテンツを多く提供してい […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP