SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

display none

display noneはcssのプロパティの1つで、指定した要素の表示・非表示を切り替える際などに使用されます。
例えば、同じHTML内で端末ごとに表示させる内容を切り替える方法が考えられます。

display noneで見えなくなった要素もソースを見ればわかるため、htmlを見ているロボットとブラウザを見ているユーザーとで表示される内容が異なります。

display noneを設定する際のSEO上の注意点
display noneを悪用すればユーザーから見えないように検索エンジンにだけテキストなどを見せることができるようになります。
このようなテキストは隠しテキストとして、Googleのガイドラインにて禁止されており、そうした用途での使用が認められてしまうとペナルティを受ける可能性があります。

スパムとして扱われなくても、display noneで隠している部分の内容は、検索エンジンから全くもしくはほとんど評価されません。
ページ内の重要なコンテンツは常に表示されるようにし、display noneを使うのはサポート的なコンテンツにとどめておくことがおすすめです。

visibility:hiddenとの違い
display noneと似たものに、visibility:hiddenがあります。
display noneの場合には、要素は無くなったものと見なされ、次にある要素が詰めて表示される一方、visibility:hiddenは単純に見えなくするだけなので、visibility:hiddenで指定された領域は空白として表示されます。
こうした違いはあるとはいえ、visibility:hiddenもdisplay noneと同様に、ユーザーから要素が見えなくなるという点では同じですので、不正なSEO目的で使用するとスパムとして扱われる可能性があります。

その他のSEO用語集

Return Top