SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

ファーストビュー

ファーストビューとは
パソコンやスマートフォンなどの端末でWebサイトにアクセスした場合、ページの内容全てが画面内に収まるとは限りません。
ページが広い場合には、基本的に左上の部分が最初に表示されて、ユーザーが必要に応じて画面をスクロールさせることになります。
この最初に表示される部分のことを、ファーストビューと言います。

ファーストビューの範囲は閲覧に用いる端末によって異なります。
パソコンで大きなモニターを使って閲覧する場合は広くなり、スマートフォンなどのモバイル端末では狭めです。

ファーストビューの重要性
Webサイトは、より多くの人により長く見てもらうことで売り上げや問い合わせ獲得などの目的を達成しやすくなります。
ページにアクセスしてもすぐに離脱されてしまうことは、せっかく集めたユーザーを手放すことになるためできるだけ避けたいところです。

ファーストビューはページにランディングしたユーザーにとって、このまま閲覧を続けるかどうかの判断を下すポイントですので、離脱を軽減するために対策を行う必要があります。

また、検索エンジンから流入した場合については、特性上サイト内のどのページもランディングページになりえるため、ファーストビューの重要性は全てのページについて言うことができます。
さらに、Googleは否定しているものの、直帰などのユーザー行動がランキングに使用されているのではないかという説もあるほど、ページのユーザー体験(UX)は重要になってきており、最初のユーザー行動を左右するファーストビューはSEOにおいても非常に重要です。

ファーストビュー設定時のポイント
ユーザーはファーストビューで自分が求めているコンテンツがそのページにあるか、このまま読み進める価値があるページかどうかを判断します。
ユーザーにとって有益な情報が掲載されているページでも、その部分がファーストビューに含まれていなければ、求めている情報がないと判断されて離脱してしまいます。

よって、ファーストビューには、ユーザーが知りたい内容の要点を端的に表示する必要があります。
もっと詳しく知りたいと思わせるような書き方をすると、すぐに離脱することなく、ページの下部までスクロールして見てくれる人が増えるでしょう。
また、最近ではWebサイトをスマートフォンで見る人が、パソコンで見る人よりも多くなっています。
そのため、スマートフォンでの閲覧を前提としたファーストビュー対策も重要です。

その他のSEO用語集

Return Top