用語集

ファーストビュー

ファーストビューとは
パソコンやスマートフォンなどの端末でWebサイトにアクセスした場合、ページの内容全てが画面内に収まるとは限りません。
ページが広い場合には、基本的に左上の部分が最初に表示されて、ユーザーが必要に応じて画面をスクロールさせることになります。
この最初に表示される部分のことを、ファーストビューと言います。

ファーストビューの範囲は閲覧に用いる端末によって異なります。
パソコンで大きなモニターを使って閲覧する場合は広くなり、スマートフォンなどのモバイル端末では狭めです。

ファーストビューの重要性
Webサイトは、より多くの人により長く見てもらうことで売り上げや問い合わせ獲得などの目的を達成しやすくなります。
ページにアクセスしてもすぐに離脱されてしまうことは、せっかく集めたユーザーを手放すことになるためできるだけ避けたいところです。

ファーストビューはページにランディングしたユーザーにとって、このまま閲覧を続けるかどうかの判断を下すポイントですので、離脱を軽減するために対策を行う必要があります。

また、検索エンジンから流入した場合については、特性上サイト内のどのページもランディングページになりえるため、ファーストビューの重要性は全てのページについて言うことができます。
さらに、Googleは否定しているものの、直帰などのユーザー行動がランキングに使用されているのではないかという説もあるほど、ページのユーザー体験(UX)は重要になってきており、最初のユーザー行動を左右するファーストビューはSEOにおいても非常に重要です。

ファーストビュー設定時のポイント
ユーザーはファーストビューで自分が求めているコンテンツがそのページにあるか、このまま読み進める価値があるページかどうかを判断します。
ユーザーにとって有益な情報が掲載されているページでも、その部分がファーストビューに含まれていなければ、求めている情報がないと判断されて離脱してしまいます。

よって、ファーストビューには、ユーザーが知りたい内容の要点を端的に表示する必要があります。
もっと詳しく知りたいと思わせるような書き方をすると、すぐに離脱することなく、ページの下部までスクロールして見てくれる人が増えるでしょう。
また、最近ではWebサイトをスマートフォンで見る人が、パソコンで見る人よりも多くなっています。
そのため、スマートフォンでの閲覧を前提としたファーストビュー対策も重要です。






SEOトレンドレポート

SEOトレンドセミナー

  1. 【参加費無料】SEO強化セミナー   SEO対策のAtoZ!基礎からトレンドまで徹底解説!

    開催日:2018年3月22日
    場所:東京都新宿区北新宿2丁目21ー1新宿フロントタワー 18F

  2. 2018年抑えるべき最新のSEOトレンド『最新 Google攻略セミナー』

    開催日:2018年3月28日
    場所:サクラサクマーケティング株式会社

資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. コンテンツマーケティング内製化支援サービス 『CACASEL(カカセル)』をリリース

    ~あなたのサービスの紹介を他の誰かに任せてはいけません~   SEO研究所サクラサクラボを運営するサクラサクマーケティング株式会社は、コンテンツマーケティング内製化支援サービス『CACASEL(カカセル)』をリ […]...

    1. サクラサクラボ リニューアルオープンのお知らせ

      デザインのフルリニューアルを行いました 平素はサクラサクラボをご利用いただきまして誠にありがとうございます。 この度、サクラサクマーケティングの運営するサクラサクラボのフルリニューアルを行いましたのでここにお知らせさせて […]...

      1. クローラーとは?SEO対策を行う上で押さえておくべきポイント

        クローラーとは、Googleの検索エンジンをはじめとするロボットがいろいろなサイトの情報を集めるために使用しているもののことです。 別名、Googlebotとも呼ばれ、ページを読み込み(クロールする)、サイト情報を収集格 […]...

おすすめコンテンツ

  1. モバイルファーストインデックス(MFI)とは?導入時期や必要な対策まとめ

    2016年11月、Googleウェブマスターブログから、モバイルファーストインデックスMFI)についての取り組みを紹介するブログが公開されました。 Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト イ […]...

    1. Googleの順位変動が起こる原因と必要な対策(2017年版)

      2017年に入って以前にも増してGoogleの順位変動が大きくなっています。 これまで安定していた順位が下落し、ひどい時には圏外まで急落するなどの経験をされたWeb担当者さまもいると思います。 すでにSEOにおいてはこの […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるためには、サイトパワーとユーザーが求めるコンテンツが必要です。 ユーザーが求めるコンテンツとは、情報や課題の解決方法であり、それを満たすコンテンツを多く提供してい […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP