SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

構造化データ

構造化データとは、HTML等に追加することで、コンテンツにあるデータをよりGoogleにわかりやすくするための手法で、現在ではSchema.orgを使用して通知することを指します。

構造化データを設定することで、googleにおいてはリッチスニペットと呼ばれるSerpsでの表示方法が変更されるメリットがあります。

設定方法は複数ありますが、主に microdataを使用した方法が利用され、最近では json+ld を利用した方法も出てきています。

microdata を用いた構造化データの例

<div itemscope itemtype=’http://schema.org/MobileApplication’>
//通常プロパティ
<span itemprop=’applicationCategory’>**カテゴリ名**</span>
<span itemprop=’screenshot’>**スクリーンショットのURL**</span>
//表示しないけど必要な情報等
<meta itemprop=’softwareVersion’ content=’**該当アプリケーションのバージョン情報**’ />
<meta itemprop=’fileSize’ content=’**該当アプリケーションのファイルサイズ**’ />
//階層構造1
<div itemprop=’offers’ itemscope itemtype=’http://schema.org/Offer’ >
<span itemprop=’price’>**該当アプリケーションの値段**</span>
</div><!– End offers –>
//階層構造2
<div itemprop=’author’ itemscope itemtype=’http://schema.org/Organization’ >
<span itemprop=’name’>**該当アプリケーションの所有者**</span>
</div><!– End author –>
</div><!– End MobileApplication –>

json+ld を用いた構造化データの例

<script type=’application/ld+json’>
{
@context:’http://schema.org’ 、
@type:’MobileApplication’ 、
applicationCategory:’**カテゴリ名**’ 、
‘screenshot’:’**スクリーンショットのURL**’ 、
offers:[
{
@type:’Offer’ 、
price:’**該当アプリケーションの値段**’ 、
}
] 、
author:[
{
@type:’Organization’ 、
name:’**該当アプリケーションの所有者**’ 、
}
] 、
}
</script>

Googleは構造化データを使用したSerpsの利便性向上に力を入れており、テストツールや支援ツール等も提供しています。

構造化データ マークアップ支援ツール
https://support.google.com/webmasters/topic/3068649?hl=ja&ref_topic=4600447

構造化データテストツール
https://developers.google.com/structured-data/testing-tool/

その他のSEO用語集

Return Top