用語集

構造化データ

構造化データとは、HTML等に追加することで、コンテンツにあるデータをよりGoogleにわかりやすくするための手法で、現在ではSchema.orgを使用して通知することを指します。

構造化データを設定することで、googleにおいてはリッチスニペットと呼ばれるSerpsでの表示方法が変更されるメリットがあります。

設定方法は複数ありますが、主に microdataを使用した方法が利用され、最近では json+ld を利用した方法も出てきています。

microdata を用いた構造化データの例

<div itemscope itemtype=’http://schema.org/MobileApplication’>
//通常プロパティ
<span itemprop=’applicationCategory’>**カテゴリ名**</span>
<span itemprop=’screenshot’>**スクリーンショットのURL**</span>
//表示しないけど必要な情報等
<meta itemprop=’softwareVersion’ content=’**該当アプリケーションのバージョン情報**’ />
<meta itemprop=’fileSize’ content=’**該当アプリケーションのファイルサイズ**’ />
//階層構造1
<div itemprop=’offers’ itemscope itemtype=’http://schema.org/Offer’ >
<span itemprop=’price’>**該当アプリケーションの値段**</span>
</div><!– End offers –>
//階層構造2
<div itemprop=’author’ itemscope itemtype=’http://schema.org/Organization’ >
<span itemprop=’name’>**該当アプリケーションの所有者**</span>
</div><!– End author –>
</div><!– End MobileApplication –>

json+ld を用いた構造化データの例

<script type=’application/ld+json’>
{
@context:’http://schema.org’ 、
@type:’MobileApplication’ 、
applicationCategory:’**カテゴリ名**’ 、
‘screenshot’:’**スクリーンショットのURL**’ 、
offers:[
{
@type:’Offer’ 、
price:’**該当アプリケーションの値段**’ 、
}
] 、
author:[
{
@type:’Organization’ 、
name:’**該当アプリケーションの所有者**’ 、
}
] 、
}
</script>

Googleは構造化データを使用したSerpsの利便性向上に力を入れており、テストツールや支援ツール等も提供しています。

構造化データ マークアップ支援ツール
https://support.google.com/webmasters/topic/3068649?hl=ja&ref_topic=4600447

構造化データテストツール
https://developers.google.com/structured-data/testing-tool/







無料資料ダウンロード

サービス資料ダウンロード

用語集

ソースコード集

お役立ちリンク集

お役立ちツール

カテゴリ一覧

タグクラウド

新着記事一覧

  1. コンテンツマーケティングとは?その特徴と成功事例、社内でできる方法も合わせて解説します

    ここ数年で急激にコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。しかし、「興味があるがまだ着手できていない」という人や、「そもそもどんなコンテンツを作ればいいのかわからない」、「社内で運用しているが成果がでない […]...

      1. 観測ワード数50倍!超大型サイトの健康状態を瞬時に把握可能になったアイスタイル様(@cosme)事例

        大規模なサイトを運営するweb担当者が抱えるミッションには、「サイトの健康状態をいかに明瞭に把握できるか」、「いかに社内共有しやすい環境を作るか」といった点が挙げられるでしょう。特にサイトの規模が大きければ、それだけ自然 […]...

おすすめコンテンツ

  1. モバイルファーストインデックス(MFI)とは?導入時期や必要な対策まとめ

    2016年11月、Googleウェブマスターブログから、モバイルファーストインデックスMFI)についての取り組みを紹介するブログが公開されました。 Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト イ […]...

    1. Googleの順位変動が起こる原因と必要な対策(2017年版)

      2017年に入って以前にも増してGoogleの順位変動が大きくなっています。 これまで安定していた順位が下落し、ひどい時には圏外まで急落するなどの経験をされたWeb担当者さまもいると思います。 すでにSEOにおいてはこの […]...

      1. SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

        SEOに強いコンテンツとは 検索エンジンで上位表示をさせるためには、サイトパワーとユーザーが求めるコンテンツが必要です。 ユーザーが求めるコンテンツとは、情報や課題の解決方法であり、それを満たすコンテンツを多く提供してい […]...

最新情報を取得する

PAGE TOP