WEBマーケティング用語一覧

ステータスコード

ステータスコードとは、ウェブページがどのような状態であるかを表す3桁の数字からなるコードのことです。

サーバから送信されたステータスコードを受け取ったブラウザはその数値を見て次のアクションを選択します。
ステータスコードは大きく5つにカテゴリ分けされ、3桁の数字の最初の1つがそのカテゴリを表します。
1xx は情報 2xxは成功 3xxはリダイレクト 4xxはクライアントエラー 5xxはサーバエラー のカテゴリになります。

頻出ステータスコード一覧

200:OK
問題ない場合のステータスコードで、これが返ってくる場合通常HTMLをそのまま表示します。

301:Moved Permanently
アクセスしたページが恒久的に移動したことを伝えるステータスコードです。これが返ってくる場合は付随して Location: http://*** という形で移動先のURLがセットになります。

302:Found
アクセスしたページが一時的に移動していることを伝えるステータスコードです。301と同じくこちらもLocationヘッダが付随します。 以前は Moved Temporarily という名称でしたが改称し、合わせて303,307といったステータスコードが作成されました。

403:Forbidden
ページにアクセスすることが禁止されている場合のステータスコードです。ファイルのアクセス権等を設定ミスするとよく表示されます。

404:Not Found
ページが存在しない場合のステータスコードです。URLを打ち間違えた時などによく表示されます。

500:Internal Server Error
サーバ内部のエラーを伝えるステータスコードです。スクリプトを書き間違えている場合や.htaccessの設定を間違えている場合などによく表示されます。

503:Service Unavailable
サービスが利用できないことを伝えるステータスコードです。サーバがアクセス過多の場合等、プログラムではなくもサーバ関連のトラブルが発生した場合に表示されます。

関連する用語はこちら
リダイレクト
ソフト404

一覧へ戻る


※随時更新中

  • ログインする
  • 新規会員登録
SEOのプロが解説するセミナー
無料SEO個別相談会
プレミアムコンテンツ
CMS
サクラサクLABO公式ブログ

更新をチェック

お問合せフォーム
専任コンサルタントをつけませんか?
コンテンツにお悩みの方はライティング専門クラウドソーシング
アフィリエイト記事はプロにお任せ!
WordPressセキュリティ診断【無料キャンペーン実施中!】 - Webマーケティングのブレインネット

ツール


サービス


メニュー