SEO研究所サクラサクラボ

SEO・コンテンツマーケティングを成功に導くパートナー

サクラサクラボSEOツール

共起語調査ツール(無料)

無料会員登録はこちら

共起語ツールとは?

共起語調査ツールは、入力した対策キーワードと一緒に使われることの多いワードを抽出するツールです。
サクラサクラボの共起語ツールは、GoogleやYahoo!の検索上位ページのコンテンツで形態素解析を行い、頻出する語句を共起語として取得しています。

対策キーワードの共起語をテキストコンテンツ内で利用することで、コンテンツに厚みを持たせることができるのはもちろんのこと、特定キーワードとの関連性の高いページであるとGoogleに認識されやすくなるため、コンテンツの制作時に役立てることができます。

サクラサクラボの共起語ツールの使い方

ステップ1.サクラサクラボにログイン

会員登録完了後、ログインページよりログインします。
・メールアドレスの登録のみで利用できます
・会員登録は30秒ほどで完了します
・ツールは無料で利用できます

サクラサクラボログイン

ステップ2.共起語ツールにキーワードを入力

左メニュー内の共起語ツールを選択し、キーワード入力欄に共起語を調査したいキーワードを入力します。
一度に複数キーワードを調査することができます。

キーワード入力

ステップ3.共起語を表示・ダウンロード

取得完了後、入力したキーワードの共起語が表示されます。
・画面上からcopy、もしくはcsvデータにて共起語一覧をダウンロードしてください
・過去に調査したワードは管理画面に保存されます

共起語ツール調査画面

無料会員登録はこちら

共起語の意味と重要性

co-occurという英単語が”共起語”と日本語に訳され、SEO業界を中心に浸透しました。
1つのキーワードや文章に対して、頻繁に”一緒に使われるキーワード”を共起語といいます。

では、なぜこの共起語が重要なのかということですが、共起語をコンテンツに使用すると上位表示されやすくなるというテクニック的な話ではありません。

現在のGoogleは、ページ品質評価にE-A-Tという指標を利用しています。
E-A-Tとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の頭文字をとった言葉で、E-A-Tの高いページが検索エンジンから良い評価を受けやすくなります。

専門性、権威性、信頼性が高いコンテンツであれば、1つのキーワー・テーマを抜け漏れなく解説・紹介するにあたって、自然と多くの共起語が使われていると考えられます。
例えば医者が病名や症状、処方箋などを患者に説明する場合、専門用語や業界用語、具体的な症状や薬の副作用など、さまざなキーワードが自然と散りばめられるはずです。

この観点からも、SEO対策のされた高品質なコンテンツを作る上で、共起語を意識することが重要です。

共起語の活用方法

ここからは、ツールで抽出した共起語の活用方法をご紹介していきます。
実務を意識して、コンテンツを作っていく具体的なステップで解説します。

1.共起語の振り分け

まずは、抽出した共起語を、コンテンツのどこで使用していくのかを決めて振り分けていきます。

コンテンツを作るとき、いきなりライティングに取り掛かるのではなく、企画・構成を作成した上でライティングに入る重要性はご存知の方が多いかと思います。
その企画・構成を作成する際、合わせてどこの見出しで共起語を使っていくかを決めていくと、共起語を無理なく、そしてバランスよく使用できます。

2.共起語を使用しながらライティング

企画・構成への共起語の振り分けが完了したら、実際にライティングに入っていきます。
ユーザーの検索意図・対策キーワードへの回答性、そして共起語の使用を意識しながらライティングをします。

ただし、実際にライティングを進める中で「このワードを含めるのは難しい」と感じた場合、無理に共起語を使用しなくても問題ありません。

3.共起語の確認

ライティングが完了したら、完成したコンテンツの校正や確認を行なっていきます。
誤字脱字がないか、検索意図から外れた内容を書いていないか、そして共起語が適切に使用されているかなどをチェックしてください。

以上が、実務における共起語の活用方法です。

この他の共起語の活用方法としては、SEOライティングの評価を定量的に評価する際などにも利用できます。
ただし、共起語の使用の有無や使用量がSEOの評価に直結するわけではありませんので、あくまで一つの指標としてお考えください。

共起語ツールを使うときの注意点

最後に、共起語・共起語ツールを使うときに知っておきたい注意点をご紹介します。

共起語の入れ過ぎや不自然な文章にならないように注意する

共起語を意識するあまりワードを入れすぎてしまったり、不自然な文章になってしまったりすることがあります。全体を見たときに違和感なく読めるのか、そしてわかりやすく伝えられているのかはしっかりと確認しておきましょう。

ライティングをした本人が確認して違和感なかった箇所でも、第三者が読むと不自然に感じたりすることもあります。
他の人に読んでもらったり、声に出して読んだりしてコンテンツを推敲してみてください。

共起語を使用するだけで順位が上がるわけではない

ここまで共起語の重要性や活用方法をご紹介してきましたが、決して共起語を意識して使用するだけでコンテンツの順位が上がるわけではありません。
あくまで、共起語は「対策キーワードと併用されることの多いワード」であり、SEO対策の効果と直結しているというのは、誤った認識です。

検索エンジンに評価されるコンテンツは、ユーザーの検索意図を汲んだ”ユーザーの問題解決に役立つコンテンツ”です。
ユーザーのことを1番に考えた上で、ユーザーの知りたい情報を知るため、ユーザーの問題を解決するために共起語を使用してください。

会員登録をすれば各種SEOツールが使用可能

サクラサクラボに無料会員登録をすれば共起語ツール以外にも各種SEOツールをご利用いただけます。
登録はお名前とメールアドレスのみでできますので、以下よりぜひ登録をお願いいたします。

無料会員登録はこちら

Return Top